FC2ブログ

地域対抗サッカー大会

PC010065_convert_20181202194015.jpg

奥さんがくじ引きで引き当てた自治区長という名誉ある職。
この春から慣れないこの仕事に携わり、
何とか微力ながら地域活動の一環を担ってきた僕ですが、
野球大会・相撲大会・駅伝大会と続きついに最後のお仕事となりました!

それが地域対抗こどもサッカー大会です。
と言ってもこれに関しては練習時間が夕方の5時半から7時という、
僕達にとって絶対に抜けられない時間帯だったので監督・コーチは他のお父さんにお願いし、
僕と奥さんは買い出し・弁当手配という裏方に徹せさせて貰いました。

そして迎えた大会当日!
開会式も何もかも間に合わなかったのですが、
試合開始の直前でなんとか会場入りし無事に我がチームの雄姿を見れることができました。

PC010081_convert_20181202194450.jpg

子どもたちは自由参加なのですが、
今年の我がチームは6年生が2人だけ・・・。
あとは4年生以下(しかも女の子が半数位)というとてもさみしい陣容。
毎年予選落ちが恒例だったのですが今年もあまり期待できないな・・・、
というサバサバした雰囲気が試合前からこちらの応援席を覆っています。

そんな中我が息子 ゐなせが頂いたのはエースナンバー 10番とキャプテンの座!
(あくまで6年生2人という中で選ばれたのですが)

ただ彼なりにその数字をかなり深刻に受け取っていたらしく、
珍しくかなりやる気になっていたのです。

もう今は完全に太鼓へと活動の中心をシフトした彼ですが、
以前は僕と2人でバッリバリにサッカーをしていたのです。

ついにその見せ場を頂いた彼が・・・。
なんと前夜に熱で倒れて学校早退するという大失態をやらかすっ!!
家でも熱は引かず38度をオーバー。

しかし一晩中ウンウンとうなされて大汗をかきまくった結果・・・。
なんと朝奇跡の復活を遂げる!
なんとか試合に出られるまでに回復したのです。

しかしいかんせん病み上がりなのと飯しっかりと食べてないので体力がない。
この日も第一試合は全く走れずに苦戦していました。

PC010073_convert_20181202194634.jpg

彼は年齢に似合わず中々冷静で、
自分が何をすべきかをしっかりとわきまえています。

小学生のサッカーの試合となると誰もがボールに群がって、
ボールとの鬼ごっこみたいになりますよね。

チームの中では誰よりもサッカーが上手い彼ですが、
攻め上がるという一番の見せ所を放棄して、
一人だけどんな時もしっかりと最終ラインで壁を作ります。

何度攻められようと一人で必死に最後の最後で足を出してシュートを防ぐ!
ぱっと見た感じでは全然目立たなかったのですが、
彼のおかげで防げた得点は1~2点なんてもんじゃなかったですよ。

心配するな!
父はきちんと見ていたぞ!

しかし試合はやはりどうしてもボールを蹴れるメンバーが少ないということもあり、
初戦は0―2で敗退。

しかし2回戦の相手がこちらに勝るとも劣らない位のチビッ子主体のチームだったのです。
あれっ??これはひょっとしていい勝負になるんじゃないか・・・?
お互いの監督がそんな期待感に包まれる中第2試合がスタート!!

ここでまさかの我がチームが大爆発!
何がどうかみ合ったのか分からないのですが6―1という圧勝を収めるのです。

この結果チームは見事に準決勝に進出!
今まで予選敗退の常連だったチームがついに見せつけた奇跡です。

PC010088_convert_20181202194522.jpg

しかしこれに慌てふためいたのが僕たち夫婦です。
まさか勝ち残るとは思ってみなかったのでお昼過ぎには帰る気満々だったのです。

しかし息子がここまで頑張ってるんだ・・・。
もうちょっとだけ見てやろう。
刻々と動く時計に焦りながら言い聞かす。
そう・・・。
僕達にはこの後「こどもクリスマスキャンプ」という大仕事が15時から待っていたのです。

そして始まった準決勝。
相手は高学年男子でずらっと揃えられたダントツの優勝候補です。
かなり善戦はしたのですがやはり大きすぎた戦力差は埋められず0―2で敗れてしまいました。

さー終わりかな~?
と思っていたらなんと3位決定戦があるらしい。
なっにぃーー!!
イケるのか・・・?
なんとか前半だけなら大丈夫か・・・?

ドキドキしながらもう一試合見ることにしました。
その相手はなんと初戦で敗れた相手だ。
ただお互いにもう4試合目なのでフラフラ。
ここからは気力が勝負の大きな鍵となりそうですね。

そして青空の下高らかに鳴り響く試合開始のホイッスル。
お互いに最後の気力を振り絞って走り回ります。
もう病み上がりなんて言い訳が通るような状況じゃない息子も必死にディフェンスで貢献。
そして彼の活躍もあり前半は0―0で終了。

お、面白い・・・。
これはとてもじゃないけど帰れる状況じゃないぞっ!
もうどうなってもいい!
後半も見ていこう!
そう腹をくくって僕達も命がけの後半戦へと突入です。

そして後半開始すぐに試合が動く!
思わず攻め上がってしまった息子の裏を取られて相手チームの一人が独走!
そしてそのままゴーーーーーッル!!!

ついに動いた試合。
まぁよく頑張ったね的な空気の中今までほとんどチャンスを作れなかった我がチームが、
たまたま相手ゴール前にはじかれたボールをもう一人の6年生が起死回生の同点ゴーッル!!!

うっそ~!!!
大いに盛り上がる応援席。
その勢いそのままに終了間際に再び攻め上がった息子の目の前にボールが転がる・・・。

ここでくるか?!
人生の見せ場はまさにここだっ!
いっけぇぇぇぇ~!!!

僕の絶叫が響く中彼の放った最後のシュートは無念のキーパー正面。
ここで最後のヒーローになり損ねるとは・・・。
崩れ落ちる僕と共に鳴り渡る終了の笛。

あー同点か。
でも最後まで見れて良かったな・・・。
と思っていたらなんと!
今からPK戦があるらしい!!!

えぇ~!!
見たい~!!
でもそれは絶対に無理!!
という訳で後ろ髪をぐいぐい引っ張られながら会場を後にして帰ったのでした。

帰ってからは最後の準備に大忙し!!
2人でドタバタと動き回ってなんとかキャンプの準備を整え終えました。
そして全てが終わった時に残っていた他の父兄の方から連絡あり。

見事我がチームは3位に入ったそうです!
しかもあの後 PK戦のキーパーをゐなせが努めて2本シュートを止め、
さらに最後のシュートを自分で決めて3位という栄光を掴みとったヒーローになったそうです。

あーーー残念。
そこがお前のヒーローになる瞬間だったのか。
でもあそこまで試合を見れただけでも良しとしよう。
しかしたった2人だけだった6年生がそれぞれ大活躍して得たこの望外の結果。
本当に良かったです。

僕もこれで地区長としての仕事は終了。
ほっと一安心です。
この後はちびっ子達21名が集結して本番のクリスマスキャンプという大仕事が待っているのですが、
そんなことは一旦忘れてこの時ばかりは勝利の余韻に浸らせてもらいました。

太鼓といいサッカーといい今年1年は息子からいい感動をもらうなー。
ありがとよ。

湯布院カントリーロードユースホステル  

浜勝 ランチの呪い

PB290060_convert_20181129164244.jpg

義母さんがくれた「トンカツ浜勝ランチ券」
たった一枚のこの紙切れが今日という日を大きく狂わせた・・・。

いつもの通りに掃除を終えた11時過ぎ。
この週末に開催される予定の「子供クリスマス会」に向けて、
奥さんはこれから別府まで大量の買い出しに出かけます。

一緒に行きたいところですが昼の3時前には館内準備の為に帰ってこなければならず、
2人で行くと時間的に厳しいんですよね。

まー今日はゆっくりとチェックインまで過ごすかな・・・。
と考えていたその時!
奥さんから差し出された1枚の紙。

トンカツ浜勝の無料ランチチケット 期限 2018年11月末まで。
こ、こりゃー今日行くしかないじゃないかっ!!
皆さん、「トンカツ浜勝」って知ってますか?
九州を中心に展開するトンカツ屋さんなのです。(ちょっとお高め)

よし!とにかく出発しよう。
でも帰りは絶対に時間が合わないな・・・。
考えに考えた結果車に折り畳み自転車を積み込んで、
食事の後僕だけ先に由布院に帰るという計画となったのです。

果たして平日の普通の仕事の合間にこれは正解なのか・・・?
良く分からないのですがとにかくトンカツを食べよう!
義母さん、ありがとうございます!

PB290062_convert_20181129164258.jpg

素早く注文後素早く出てきたトンカツを素早くいただき、
12時30分には別府を出発!

実は今まで何回か自転車で通っているこのコース。
しかしどれくらい時間がかかるかまーーったく覚えていません。

「1時間半くらいで帰れるかな・・・?」
と超適当な事を言ってここで奥さんとお別れです。
爆買いよろしく頼むよ。

町中から走り出すのですが浜勝の店舗があるのは海の真横。
つまりは0mからの出発です。

ジリジリと続く坂道をゆっくりと登っていきます。

PB290063_convert_20181129164311.jpg

町の混雑を抜けると広がる大草原!
しかしこれに見とれている暇はないのです。

どんどんと過ぎていく時間。
それにしても自転車が重い!
ギアが6段変速なのですがほとんど最軽の1しか使えませんでした・・・。

PB290064_convert_20181129164323.jpg

アップダウンを繰り返すこのコースですが基本は登りです。
途中の最高点は約700m。
完全な登山だな。

1時間半くらい~?
なんて舐めたことを言っていたのですがまったく時間が足りず!

途中半泣きになりながら全力で漕ぎ続けたのですが、
結局ユースホステルに戻れたのが2時45分。
そこから大慌てで館内準備を整えなんとかお客様を迎える体裁を整えました。

それにしても疲れた・・・。
こんなに疲れるとは思ってみなかったです。
足はプルプルと悲鳴をあげておりましたからね。
やっぱ折り畳み自転車では無理があるルートのようです・・。


ただ前回同コースを辿った過去のブログを読んでもやっぱり同じように死んでましたが。
学習能力0ですね。

しかし途中写真を撮った3回以外は一回も足をつかずに登ってきましたよ。
ここだけは意地になってこだわった最後の誇りです。

浜勝のトンカツ。
熱々でサクサクですっげー美味しかったのですが、
今日の労力の対価としてはまったく釣り合ってないですね。
完全なる選択ミス。
ハイ オツカレサマデシタ~。

湯布院カントリーロードユースホステル  

鋸山 無明橋の2本立て月曜日

PB260023_convert_20181126160006.jpg

久々のマンデー登山。
お手伝いのミンが珍しく一緒に行きたいと言い出した。
「出発は5時20分だぞ」と伝えると恐ろしく考え込んでいたのですが結局起きてきました。
頑張ったな。

せっかく一緒に登るならやっぱり九重連山だろう!とまだ暗い中走り出すと・・・、
なんとガソリンがなーーい!

もちろん湯布院のスタンドはこんな時間に空いているはずもなく、
九重に向かうやまなみハイウェイにあるやつも恐らくだめでしょう。

そんなわけで泣く泣く車を逆方向の別府に走らせて何とか給油完了。
しかしそこから再び湯布院方向へと走る気分ではなかったので、
あっさりと行先を変更していざ北へ。

本日の獲物は国東半島の「鋸山」です。

PB260030_convert_20181126160125.jpg

この山は標高も低くて2時間くらいでくるっと回れるくせに、
なかなかアドベンチャーな高低差のある岩場が楽しめる、
とってもお手軽な場所なのです。

ビビりながら鎖場を不器用に登るミン。

PB260028_convert_20181126160110.jpg

この国東半島の山々の良さは断然この断崖から望む絶景です。
「落ちたらどうしよう」っていうゾクゾク感がまた、
眼下に広がる風景を色めき立たせてくれるのです。

しかし残念ながらお天気はいまいちでした。

PB260039_convert_20181126160208.jpg

鎖があったかと思えばこんな鉄の取っ手も付いている。
ほんとに至れり尽くせりの山でございますな。

PB260044_convert_20181126160223.jpg

一瞬差し込んだ後光。
その晴れた部分を狙ってパシャリ。
今日も完全貸切の山登りです。

PB260045_convert_20181126160242.jpg

写真を撮る時も常に安全を確保してからゆっくりと振り向いてパシャリ!
今回も存分に楽しめた鋸山ですが、
現在国道10号線から北上する最も一般的なルートが、
土砂崩れの為に完全に通行止めになってしまっています。

それを迂回するために15分ほどくるっと回り込まないとこの山にはいけません。
災害の場所はかなり道路がえぐられていたのでまだまだ時間はかかりそうでした。
逆にいうと今ならこの人気の山がいつでも貸切で登れるってことでしょうかね。
まだ紅葉も少しだけ残っているのでごゆっくりとどーぞー。

PB260051_convert_20181126160546.jpg

山1本ごときではまったく物足りない僕たちはそのまま車を国東の山奥へと走らせ、
「無明橋」へとやってきました。

まるで山水画の山の様にそびえる急峻な岩山の頂上の信じられない場所に、
ポツンと一本だけ架けられた孤高の石の橋。
もう僕のブログでもすっかりとお馴染みの場所ですね。

登る途中のお地蔵様に本日も安全を韓国語で祈願中。

PB260055_convert_20181126160602.jpg

山と言っても本当に20分位でお手頃に登れてしまう場所なのですが、
今日も無事に無明橋へと到着。
写真では絶対にお伝えできないのですが、
この手すりも何もない小さな石橋の両側は数十メートルの断崖。

ここに立つだけでもかなり勇気がいりますよ。
これを作り上げた昔の人たちのチャレンジャー精神には本当に頭が下がります。

PB260056_convert_20181126160617.jpg

下りにもかなりの鎖の難所があるのです。
足場を気にしながら慎重に降りていく・・・。
登りの時とはまた違うタイプの汗をかく場面です。

そして無事に無明橋もクリアー。
そしてここから1時間車を走らせて湯布院に帰ってきました。
それでもまだ時間は11時20分!
2本登ったのにまだ午前中だ!
早起きすると本当に一日が長くてお得ですよね~。

しかし僕はここから1時間半くらい昼寝をしたので、
果たして本当にお得なのかどうかはよくわかんないんですけどね。
しかし月曜に山に登るとやっぱり一週間が引き締まっていいっすな!

湯布院カントリーロードユースホステル  

院内 3瀑布を巡るツアー

PB250003_convert_20181125213023.jpg

秋の連休最終日。
気持ちよく晴れた中今日はここ湯布院の北部に位置する安心院と院内にある、
3つの滝を巡るドライブツアーが開催されました!

ただまず最初に言っておかないといけないことがあるのです。
チョコチョコと立ち寄ったいろんな場所でいつもの様にカメラを撮っていると、
画面に現れた「カードが入っていません」というよく分からない文字。

何を言ってるんだ?と気に留めないままツアーと撮影を続けるも、
しつこく現れるその文字にが気にかかり念のためにカメラを開けてみると・・・、
SDカードが入ってなかった・・・。

こんなに親身になってカメラが教えてくれているのにもかかわらず。
ほんと僕はオオバカモノです・・・。

そこから慌ててコンビニでカードを購入しカメラにセットするも既にツアーは後半戦に突入。
そんなわけで今回の楽しい楽しい前半部分は全く写真がないのでお許しください。

今回のツアーの第一弾は日本滝100選にも選ばれている「東椎谷の滝」からスタート。
駐車場から気持ちよくマイナスイオンで満たされたっぽい川沿いを歩く事10分。
目の前に見事な落差の滝が現れます。
ここは間違いなく楽しめます。
特に夏に来ると横を流れる渓流で水浴びできたりするナイスな場所です。

続いて現在B級スポットとして一気に脚光を浴び始めている「地獄極楽洞窟」へ。
今までほとんど人が来なかったこの場所も、
最近はたびたび観光バスが乗りつけるようになってしまったようです。
もう穴場じゃないな・・・。

そして「安心院の町にある鏝絵」を15分ほどのんびり歩いて回り、
その後かき氷の超美味い 「喫茶ママ」に立ち寄るも、
まさかの臨時休業中でがっくりとうなだれた後は、
天に突きだした巨石が大迫力の「仙の岩」をみんなでため息とともに眺めているわけです。
(ここでやっと写真に追いつく)

PB250005_convert_20181125213107.jpg

2つ目の滝は「冨貴野の滝」。
あと2週間早かったら紅葉キレイだっただろうな~。
今回は完全に季節を読み違えました。
ごめんなさーい。

ここで今回のツアー参加者を見ていきましょう。
お客様 常連の2名様と飛び入り参加のオジサマ1名。
さらに僕とお手伝いの韓国人 ミンの5名です。

これくらいの人数が一番機動力があって動きやすいですね。

PB250014_convert_20181125213138.jpg

そして最後の3滝目は「西椎谷の滝」
東椎谷と並び日本の滝100選に選ばれているのですが、
毎度思うのですが何故ここが選ばれているのかちょっと理解できないですね。

決して悪い滝ではないのですが滝のすぐ上部にダムがあってしまうので、
ダムの放水滝としか思えないのです。
しかも水もいつでも濁っているし。

2年前の大地震の後からずっと今まで滝つぼに下りる道は通行止めになっているのですが、
こりゃきっと直す気ないですね・・・。
きっとその価値がないと担当者たちも考えているんじゃないっすかね??

ただこの滝の最大の売りは細心の注意を払いながら立ち入り禁止の網をくぐり、
一番下の展望台まで行くとすぐ目の前で滝を見られることなんです。
あくまで自己責任でお願いします。

PB250016_convert_20181125213153.jpg

ただし帰りの登りの急坂加減は一切の手抜きなしっですよ!
恐ろしい角度で登っていきます。

出発時は「ちょっと冷えるな~」
なんて考えていたメンバー達は戻ってきた駐車場では漏れなく汗だくでした。

なかなか王道観光を展開すると立ち寄る機会がまずない安心院と院内。
でも実はまだまだ見どころは満載なのです!
今回は滝と少しの観光スポットを巡っただけですが、
安心院にはまだまだワインやスッポンという食が、
院内には石橋巡りやオオサンショウウオという隠し玉が控えています。

「もう別府も湯布院も行ったからな~、大分終わりっしょ??」
なんて考えているあなた。
まだまだ底知れぬ魅力をずっしりと抱えた第2第3の観光地が控えております。
ぜひ僕に何でも聞いてみて下さい。

PB250017_convert_20181125213209.jpg

無事に今回もツアーを終えて戻ってきたのが2時。
実は今日奥さんはニュージーランド在住の従妹が帰ってきてるとかで、
実家に帰ってしまったのです。

なのでここから彼女が残していった大掃除が僕達を待っているわけなんです。
楽しいことを先にしたのだから後から頑張るのは当たり前だ!
そして2時間みっちりと掃除を終わらせました。

しかしそれでも時間はまだ4時。
外も明るいぞ!
そんなわけで男2人で仲良く別府までツーリング。
そしてお疲れしゃぶしゃぶ食べて8時に帰ってきました。
ただ一つだけはっきりと言えるのはもう今の時期に夜にバイクには乗ってはいけないってことっすかね。
死にますよ、へたすりゃ。
寒すぎて・・・。

湯布院カントリーロードユースホステル  

九年庵 佐賀

PB190028_convert_20181119151322.jpg

春と秋の年に2回の数日間だけ見ることができる庭が佐賀にあるらしい・・・。
9年の歳月をかけて作られたことからついたその名が 「九年庵」。

今年の紅葉の公開期間が11月15日~23日まで。
被ってますな・・・、上手い具合に。

ちょうど予想以上の人の入りでお米が無くなってきており、
福岡の奥さんの実家に取りに行こうかと企てていたところだったのです。
よーし。どれだけのもんか見に行ってやら~。
朝子供達を登校班に送り届けた7時30分から出発。

車を走らせて1時間ちょっと。
高速を降りた時点から既に勝負は始まっていました。
道路沿いに建ち並ぶ「九年庵」の看板の数々。
これは予想以上の人気スポットのようですね・・・。

混雑を避けるために九年庵から数キロ離れた場所に臨時駐車場が作られ、
そこから無料のシャトルバスが走っているようです。
週末などは絶対にこれを使うしかないでしょうが平日はちょっと待った~!です。

「臨時駐車場こちら」の看板を無視してそのまま車を九年庵に向けて走らせてください。
山麓の集落の中にある場所なのでコインパーキングなんてもちろんないのですが、
なんと近所の普通の家の駐車場が全て有料駐車場として使われているのです。
じーちゃんもばーちゃんも小遣い稼ぎとばかりに必死に旗を振っています。
そしてこの料金が遥か遠い臨時駐車場と同じ500円なのです。
なんていー人達なんだ。

僕達も入り口のすぐ横の民家に駐車していざ九年庵に向かうのですが、
そのまえに入場整理券を手に入れないといけません。
なんかもうRPGのゲーム世界に迷い込んだようです。
なかなかラスボスに辿り着けない・・・。

PB190036_convert_20181119151523.jpg

狭い路地にはたくさんの露店も出ていました。
今回も公開は9日間だけですからね。
お客を呼び込む声にも力が入るってもんでしょうね。

ちなみにこれだけ大掛かりに公開している九年庵ですが、
入場料は300円のみ・・・。
これは安い。
これだけ人気があるのならもっと値段上げても全然みんな気にせず払うと思うのに。
本当にいー人たちだなー。

PB190046_convert_20181119151438.jpg

9時過ぎに入庭したのですが既にたくさんの人で賑わっていました。
外国人の方も相当いましたよ。
人気の場所なんですね・・・。

中には風情極まりない古民家とその前に見事に整備された美しい紅葉。
まるで一枚の絵の中に入り込んでいるようでした。

しかしいかんせん人が多い!
立ち止まって写真を撮る事も難しいくらいです。

PB190064_convert_20181119151552.jpg

この九年庵とその周りにある神社などをくるっと回って約30分。
ゆっくり帰り出していると続々と下から凄まじい数の団体客が歩いてくるではないですか。
そうか、この時間からが勝負なんですね。

今日なんて月曜日なのに週末の状況は想像もできないですね。
しかし確かに素晴らしい世界観ではありましたが、
紅葉がキレイなとこって日本中結構ありますよね?

ここまで人ごみの中で遠慮しながら押され揉まれしながら見るほどのものか?
と問われると考えてしまいます。

完全に日本人の大すきな「期間限定」という言葉が、
ここをこれほどの人気スポットに替えた要因ですね。

もし行かれるのなら絶対に平日の9時前。
車は九年庵の真横まで。
これがおススメです。

46459430_359662147915021_6288286627668164608_n_convert_20181119152234.jpg

それでも一度は来てみたかった場所に行けたので満足しながら、
続いては奥さんの強い要望で鳥栖のアウトレットにやってきました。
毎日日課で10kmを走る彼女の靴はすぐにボロボロになるらしく、
とにかく新しい靴が欲しいようです。

そしてクルクルとお店を回りアシックスの青いシューズを無事にゲット!
ついでに僕もアディダスのランニングシューズを買ってもらいました。
良かった良かった。

PB190071_convert_20181119151616.jpg

ここでランチの時間です。
実はここに来る途中にあったお店に密かに僕は目をつけていたのです。
入り口にでかでかと置かれたこのパフェの看板。

こりゃー絶対にスィーツが売りの店に違いない!
そして行ったのがこの「Cafe de Blue」です。

中に入りメニューを見てビックリ!!!
なんちゅーーー種類のパフェがあるんだ・・・。

ざっと数えただけでも120種類以上のパフェが書かれていました。
もうメニューが重すぎてメニューステンドが耐え切れずにすぐに倒れてくる始末・・・。

PB190076_convert_20181119151635.jpg

選ぶだけでも大変だったのですが結局4人で
ランチ 3名分。 パフェ、パンケーキを注文したのですが、
どれもこれも美味いんです。

特にパフェのクォリティー半端ないっす。
今回はパフェは1個だけだったのですがあまりの美味さに悶絶しました。
残りの約119個のパフェも食べてみたい・・・

ここはリピート決定のお店ですね。

PB190079_convert_20181119151655.jpg

最後に大刀洗の奥さんの実家にて収穫祭りを開催!
お米2袋を貰い後はその辺の野菜を取り放題。
沢山のお恵みを頂いて今回の九州西部への遠征は終了です。
今日は晴天だったのがほんと良かったですね。

ただ今回のドライブで一番感動したのが高速道路上からの眺めでした。
福岡の杷木は柿が有名なのですが高速沿いの柿畑が今まさに全てオレンジに染まっていて、
その景観は圧巻の一言!
大分高速道を通られる方はぜひこの区間両側の景色を見てみて下さい!

湯布院カントリーロードユースホステル  

≪PREV | | NEXT≫