いこいの森⇒猪瀬戸湿原⇒自然観察路

P3191620_convert_20180319154326.jpg

雨ですね朝から。
しかし僕の日常のルーティンがぶれることはなし。
月曜日は山に登る日なのです。

基本的に素晴らしい景色や空気を求めていくわけではなく、
とにかく一人の時間を持つためと、
身体を鍛えるために行ってるだけなので少々の雨はむしろ人が少なくて大歓迎です。

本日も向かった先はいつもの由布岳中央登山口。
ただ今日はその駐車場の裏にあるこの「東山いこいの森」へとお邪魔しました。

ここはゆっくりと散策できる道が森中に広がっている散歩にはもってこいの場所です。
ただし・・・。
場所が悪すぎるのです・・・。
目の前にこれだけ雄大に広がる由布岳があれば絶対にそっちに行っちゃいますよね、そりゃ。

散々歩き尽くされ踏み固められすっかりと岩と泥へと変わり果てた由布岳の登山道とは違い、
このいこいの森の登山道はまだまだ天然の草で優しく覆われています。
隅々まで整備された道はとっても歩きやすい!

これだけのポテンシャルがあるにもかかわらずここに行く人はほぼ見たことありません。
やはり相手が悪すぎですよね。

P3191626_convert_20180319154340.jpg

今日ももちろん誰もいない森の中を気持ちよく散策。
ただし今日は由布岳登山客もひとりもいませんでした。
珍しいこともあるもんだ。

実は今回の登山で僕は一つの調査に来たのです。
このいこいの森の隣にはこれまたとっても雄大な猪瀬戸湿原が広がっています。
その周りにはくるっと歩けるトレッキングコースもあるのですが、
悲しいかな。
やはりこの超人気の由布岳に登山客を取られるばかりでほとんど人は来ません。

その2大マイナーだけどいけてる散策コースが。
実は繋がっているとある情報筋から聞きつけたのです。
もうこのあたりを歩き続けて10年以上。
知らんかった・・・。
いこいの森と猪瀬戸湿原のあいだにルートがあるなんて・・・。

知らないのなら知るまで!
そこで今日は早速そのルートを探しに来てみたのです。

ただ残念ながら入り口の看板にはそのルートは書かれていないので、
自分で見つけ出すしかなさそうです。
さっそく広い森の中を歩き回ると深い渓谷を発見。
ここなら降りていけそうだな・・・。

そして急な斜面を下り続けていくと目の前がぐっと広がった!
やった!湿原か?!
と下りていくとなんとそこにあったのは城島高原のゴルフコース。
あーー!
南の方に来すぎた!!

止む無くもう一度斜面を登り直しいこいの森へ戻り、
綿密に辺りのクマザサの切れ目を探していくと・・・。

P3191628_convert_20180319154401.jpg

発見!
なんとこんなにも立派にロープとピンクテープでコース設定してくれてるじゃないですか!
ポイントは大きなイノシシ用の檻の罠辺りから奥に入っていくこと。

これさえ間違えなければあとはずっと目印があるので迷うことなく進んでいくことができます。

P3191629_convert_20180319154415.jpg

山の中腹から猪瀬戸湿原を見下ろす。
この角度から見たことはなかったのでとても新鮮です。
晴れていたらまたいい景色になりそうですね。

そのままこの道はとても分かりやすく湿原まで案内してくれました。
ロープを張りテープをつけ道を整備してくれた偉大な先人さん。
本当にありがとうございます!

P3191637_convert_20180319154435.jpg

そしてここからは第2ステージの猪瀬戸トレッキングコースにはいります。
いつもの木道を駆け抜ける。

鶴見岳の麓の森の中には今日も沢山のシカが、
突然現れた怪しき生き物に慌てふためいて逃げまわっていました。
今日は大量 30匹位は見ましたよ。

P3191638_convert_20180319154447.jpg

そしてぐんぐん標高をあげていき、
最後の第3ステージの由布岳東登山口へ。

山頂まで行くとちょっと時間がないので今日は山の中腹を横切る自然観察路を歩きます。
もうこの頃には身体は汗なのか雨なのか区別がつかない位に濡れきっていて、
守る必要がないやけくそ感が超面白い。

P3191639_convert_20180319154458.jpg

そして今日も思い残すことなく走り切りました。
今回は新しいルートの発見というとても有意義な登山となりました。

いこいの森から猪瀬戸湿原に入りそのまま由布岳東登山口から観察路を通って中央登山口に帰ってくる。
この黄金ルートが確立!
だいたいコースの標準時間は6時間ほどですかね。

ピークに立つ満足感はないですが、
様々に変わる景色を広く楽しめるこのコース。

ちょっと今日は由布岳でないところに・・・。
と思った方はぜひここを歩いてみて下さーい!

湯布院カントリーロードユースホステル  

熊群山へGo!

P3121542_convert_20180312161542.jpg

今日は朝から長女の高校の初登校日。
と言ってもまだ入学ではなく入学前のテストと説明会です。
それを送るために朝の6時50分から家を出発。
大分市まで遠いね~。

その後ちょうど通り道だったので途中にある熊群山へと向かいました。
標高も低くほとんど登る人もいないマイナー山ですが、
なかなか好きなんですよ、ここ。

誰一人いない駐車場からいざゆかん!熊群山!

P3121555_convert_20180312161556.jpg

今日はもっているカメラの性能を色々と試してみる日にしてみました。
とはいっても写真に何の興味もなく、
カメラも壊れない事を大前提とした防水カメラなので、
本当にできることは知れていると思うのですが・・・。

それでも色々とついてる性能を手当たり次第に変えてみると、
色が濃くなったり薄くなったりと色々と写真って変わるんですね。
カメラなんて見えてる景色にシャッターを押せばそれで終わり!
って思っていたのですが、
人間が調整して作り上げる部分も多々あるんですね。
とても勉強になりました。

ちなみにこの鳥居は写真の性能で歪められた物でもなんでもなく、
ただ単に元から曲がっていたやつです。

P3121558_convert_20180312161610.jpg

そしてこの山の中腹に待ち構えているのが、
鬼が一晩で作り上げたという伝説の階段。
このなんとも挑発的な角度の鬼坂みて下さいよ。
なかなか登り応えありますよ。

P3121559_convert_20180312161625.jpg

そしてその石の階段を2ステージ登り切ると、
そこに現れるこの山最大の難関 垂直の壁!

このラスボスはなかなか厄介です。
なにせ手を掛ける場所がほとんどないので鎖を握った手の腕力のみで自重を持ち上げないといけません。
しかも滑る足場と小細工もばっちり。

うぉらぁ~!
と気合の入った声が山の中にコダマします。

P3121572_convert_20180312161638.jpg

しかしちょっと難しく楽しいのはこの崖の部分だけ。
あとはひょひょーいと歩けばあっという間に山頂に到着です。
なにせ標高800mですからね。
山に登ったというのも申し訳ないような山です。

周辺で一番高い場所にあるのが絶対条件であるはずの山頂。
しかしここはその原則すらかなり怪しい場所に標識が立っています。
本当にここがピークなのか?と疑わざるをえない。

しかも見晴らしは全くないとても達成感もない。
ないない尽くしのこの山ですがそれでも登ると、
至る所に何かちょっと懐かしい感覚を思い出させてくれる、
里山の様な優しい世界観を持っています。
それこそがこの山の唯一にして最大の魅力なのです。

P3121578_convert_20180312161701.jpg

かなり時間が余りそうだったので、
深い落ち葉に覆われた山頂付近の広場で一人で遊んでみました。

カメラのセルフタイマーのタイミングを勉強中。
なかなかシャッターの降りる瞬間にばっちりとポーズを取ることは難しい。

P3121583_convert_20180312161722.jpg

セルフタイマーと連写機能が同時に使えればいいのですがそうはいかないのです。
何度も何度も飛び跳ねてみる。

P3121585_convert_20180312161736.jpg

こんな遊びを15分ほど繰り返し、
登りの時よりもよっぽど汗だくになり、
今回のカメラの勉強会は終了です。

まだまだよく分かってないのですが、
もうちょっとこいつの性能を引き出せる可能性があるような気にはなれました。

いやはや写真の世界は奥が深いですねー。

本日ついにここ数日手加減なしで花粉を吸い続ける僕に対して、
身体が激しく抵抗を始めたようで、
いよいよ花粉症本格開花の予感で一杯です。

あーやばいっす・・・。

湯布院カントリーロードユースホステル  

紺碧の空の誘惑に・・・

28928055_1945509092127474_1803776085_o_convert_20180310210815.jpg

しっかし今日いいお天気でしたね。
雲がないんですよ、空のどこを見渡しても・・・。

僕は車のタイヤ交換があったので止む無く交換を依頼している間に、
街の中をくるくる走るしかできなかったのですが、
奥さんはこの空の誘惑に負けて朝からとっとと由布岳に行ってしまいました。

のんびりと走り終わり車屋さんへ戻ってから、
春仕様のノーマルタイヤへと衣替えした車に乗り込むと僕も一気に高まるテンション!

この天気でこのまま家に帰ってしまったら、
きっと数十年後の死ぬ瞬間に「あの時・・・、あの時登っていれば・・・」
ってきっと後悔するな。

そう確信した僕はそのまま車を走らせ由布岳登山口へ。
さー登るぞ!

28938338_1945509098794140_460088860_o_convert_20180310210826.jpg

しかしこの日の僕の格好。
半ズボンにジョギングシューズに軍手というこの時期の山ではありえない恰好。
それもそのはず。だって今まで街中をジョギングしていたので。

しかも昨日降り積もった雪はこの突如入れ替わった暖かい気温に、
一気に融解しだして道は大洪水にっ!

こんな由布岳見たことない!という位に水で溢れていました。
薄くて軽くて通気性抜群の僕の靴も数秒で全濡れです!

しかも走り出してすぐに滑って転ぶというコントをかましてしまい、
服も見事にビチョビチョに。

あーもうヤケクソだ!
ビチャビチャと激しく水しぶきを全身に浴びながらガンガン登っていきます。

この貴き大自然の中で明らかに異質なお馬鹿を呆れるように見つめる鹿の親子。

28879393_1945714075440309_1941234695_o_convert_20180310210803.jpg

途中登っていた奥さんも抜き去り、
そのまま勢いで東の山頂に到着~。

しかしもう笑えるくらいに濡れてます。
しかも雪の融解水なのでいくら晴れているとはいえかなり冷たい。
止まることなく身体が冷え切る前に全力疾走で走り降りました。
あー気持ち良かったです。

ただし帰ってからの後処理がとてつもなく大変だったことだけはここでご報告しておきます。
(ドロドロの服と靴の後処理)
しかも僕という生命体の命綱ともいえる昼寝もできなかったですしね。
やっぱり勢いとはいえ土曜日にこれをしちゃいけないです。

一応ちょっとだけ反省!(のふり)

湯布院カントリーロードユースホステル  

見えない敵と闘って・・・

P3031497_convert_20180303160535.jpg

毎年この時期に僕を苦しめる見えざる敵 花粉。
こやつを恐れるあまりここ数日は外を走る事もせず、
ひたすら体育館横のトレーニング場にあるランニングマシーンの上で、
ハムスターの様にクルクルと回っていただけだったのですが。

このままではいけないっ!
という強い意志に激しく突き動かされる土曜日。

速攻で掃除を終わらせいつもの定位置 由布岳登山口入り口に立つ。
あー、なんて落ち着くんだ・・・。
口元には花粉対策としてしっかりとマスクでガードです!

鶴見岳の一気登山大会を来月に控えた奥さんはそのまま鶴見の登山口へ。
そこで僕は今日は山頂は目指さずに由布岳の山腹をトラバースして、
さらに鶴見岳の中腹も横切り鶴見の登山口を目指すことにしました。

P3031498_convert_20180303160547.jpg

やはり人気の由布岳山頂路をあえて避けて歩く人はほとんどいないので、
この山腹コースは誰一人いません。

しかしここは自然観察路となっていて、
このように至る所に木々の名前の書かれた看板が乱立しています。

そして程よくアップダウンする木々の中をすり抜けていくと、

P3031499_convert_20180303160558.jpg

このルート上に唯一あるピーク 日向岳に到着です!
しかしここには山頂の標識も何もないっ!
こんなんだったかな??

前は小さい標識があったような気がしたのですが・・・。
恐らく山頂と思われる一番高いところからバックの由布岳も一緒にパシャリ!

P3031500_convert_20180303160612.jpg

そこから由布岳東登山口まで走りぬき、
道路をまたぐとあっという間に鶴見岳西登山口に移行。

もう今年に入ってからすでに何回も通ったルートを今日も登っていきます。
しかし少し前まではすっかりと雪で覆われていたルートもキレイに溶け、
いつもの登山道がまた顔を出してくれていました。

しかし数日前の春の大嵐の影響なのでしょう。
至る所で枝がおれて道を遮り、
また舞った落ち葉がこの通り深く登山道を埋めつくしていました。

これもまた季節によって移りゆく自然道ならではの楽しみですね。

P3031501_convert_20180303160623.jpg

ここから途中にある 南平台 のピークにも立つ。
そしてここにもなんの標識もなしっ!

さっき登ったちっちゃな日向岳と大きな由布岳を望む。
上から眺めて見てみると、
本当に小さな隆起を人は一生懸命に登ってるんだなということをしみじみと実感できます。

P3031502_convert_20180303160634.jpg

そしてそこから一気にスパートをかけて待ち合わせの駐車場へ。
相当飛ばしたのですが奥さんの方が数分早かった・・・。
無念・・・。

途中同じようにガンガン鶴見岳を登っている人に会いました。
恐らく来月の大会参加予定者でしょう。
これから1ヵ月は鶴見岳周辺は騒がしくなってきそうですよ。

結局とてもじゃないけどマスクしたままでの全力登山は呼吸が持たず、
すぐさま大きく外界へと開かれてしまった口と鼻。
きっともうこれでもかっ!という位に花粉を吸いこんだことでしょう。
恐ろしい。
今夜と明日が恐ろしいです・・・。

花粉症の皆さん。
まだまだ平穏の時まで時間がかかりそうですが、
この見えざる敵に負けぬよう頑張っていきましょう!

湯布院カントリーロードユースホステル  

そして・・・、ついにこの時来たる!

P2221403_convert_20180222154528.jpg

田中 陽希さんに出会うプロジェクト 2日目
昨日見事に読みを間違え、ただの一人登山となってしまった鶴見岳の入り口に今日も立つ!
写真は昨日の使いまわしじゃないですよ。

今朝のツィッターで確かに朝8時に鶴見岳に向かって歩き出したのを確認しているので、
今日こそは間違いないはずだ!

鶴見の入り口はそれこそ車で一杯か??
と予想していたのですが1台も車停まってませんでした。

おいおい。
世の中のクライマーたちよ。
神に出会えるチャンスなんてそうそうないぜ?

ここは僕の様に途中で仕事放棄してでも来なきゃいかんでしょ!

P2221408_convert_20180222154549.jpg

いつ目の前に現れるか分からないシチュエーションにひたすら胸がときめき、
登っている間中最初にかけるセリフを考え続ける。

そうするとなんて時が経つのは早い事かっ!
あっという間に稜線へと来てしまいました。

あれっ??
僕の予想ではもうこのくらいには降りてくるはずなのですが・・・。
そして2年前に目の前で言えなかった

「頑張って下さい!」
の一言を告げたいだけなのですが・・・。

しかし空は昨日の曇り空と一変し青空。
しかも冷えた外気温は霧氷の美しい風景を用意してくれています。
さらに太陽に当たった霧氷が溶けて落ちていく音が静寂の山に響くまさに冬の大音楽会です。

最高のステージはいま整った。
準備は万端です!
あとは主役が登場するのみ!
しかし登れど登れど誰も現れず、
結局昨日と同じく山頂まで来てしまったじゃないですか。
どうなってるんだ?

すると・・・、

P2221411_convert_20180222154601.jpg

い、いた~!!!!
山頂にいたあの姿、形は間違いなく あの 田中 陽希さんだ!
しかし一人じゃないな。
周りにはたくさんのTVスタッフもいるぞ・・・。

そうなんです。
どうやら山頂までロープウェイで来れるこの鶴見岳を撮影のメインスポットとしているらしく、
陽希さんは忙しそうにカメラに向かって話しかけたりポースをとったりしていました。

言いたい・・・。
一言 「頑張って下さい!」
と言いたい。

しかし現場の雰囲気がそれを許さなかった。
僅か10m位の距離ですが実質は10光年位遠かったのです・・・。
何も知らずに物珍しそうに近づいて行く中国人観光客が羨ましい・・・。

結局遠くから眺める以外何もできずにそのまま無念の下山開始。
まぁしょうがないな。

恐らく分単位の時間勝負で登っているはず。
僅かとはいえその邪魔をするなんて言語道断だ。
そして一気に駆け降り再び車に帰るとユースホステルから走ってきた奥さんが待っていました。

「どう??会えた??」
「まー会えたというか、見たというか、なんというか・・・」

その場のいきさつを説明しどうしても声を掛けられなかった事を告げると、
「じゃあもう一回行ってみようよ」
と言い出す智美。

いやいや、そりゃそうしたいけど・・・。
でも迷惑になると困るし・・・。
と思いながらも再び山に向かって二人で歩きだす。

しばらく登っていくと数人のグループが駆け降りてきた!
あ、あれは!!
先頭を走っているのは間違いなく 陽希さんだ!!

立ち止まって躊躇する僕を尻目に、
何も考えてない奥さんはまっすぐに神に向かっていき、
「こんにちは!すみません、ハイタッチしてもいいですか?」
ってお前自由過ぎるやろっ!!

しかしこの彼女の無茶な対応にも陽希さんはすぐに笑顔で立ち止まり、
さらにきちんと手袋まで取ってハイタッチしてくれた。

今しかない!!
僕も急いで隣に行きついに言った!

「どうか頑張ってください!」
そして握手までしてもらえた!!!
か、感動だっ!!!!

この嬉しすぎる状況。
しかし陽希さんはさらにそこからいろいろと話までしてくれたのです。
「どちらからですか?」
「お二人にとってこの山はどんな存在ですか?」

もうパニクッていたのでなんて答えたのかすら覚えていないのですが、
数分間お話した後彼はまた大勢のクルーたちと共に笑顔で去っていきました。

もう日本中の有名人、山岳会のスーパースターのはずなのにそんな素振りはまったくなく、
あくまで謙虚で優しい青年でした。
本当に素晴らしい人でした。

ますます彼のフアンになってしまいました。
どうか無事に300名山歩き切れるように心から願っています。
そして無邪気に彼に話しかけてくれた奥さんにもほんとにありがとう。

鶴見・由布というまるで自分の家の様に愛する山に神が来てくれるということで、
ひたすら心がざわついていたこの2日間。
ずっと言いたかった一言もかけられたのでやっとこれで心置きなくゆっくりと寝れそうです。
いい一日でした・・・。

皆さんもまだまだ続く田中 陽希さん偉大な挑戦の応援を、
どうかよろしくお願いします!

300名山一筆書き

湯布院カントリーロードユースホステル  

≪PREV | | NEXT≫