春キタ~!初走り

DSC_3128_convert_20170414164557.jpg

昨年の大地震で倒れてしまい、
タンクにポッカリと穴が開いた愛機を長崎のバイク屋さんが持って帰って直してくれました。
もう20年以上乗り続ける奥さんのバイクですが今回エンジンから何から全て新しくしてもらい、
完全に生まれ変わりました!

春の陽気にされるがままに誘われて、
今年初ツーリングだっ!(ちょっと遅いですが)

DSC_3135_convert_20170414164629.jpg

と言っても走れるのは昼間の休憩時間の3時間ほど。
それでも走る場所に事欠かないのが由布院のいいところなのです。

30分も走ればどこでも爽快な旅気分が味わえる世界が広がっています。
暖かい風と一緒に所々で舞い降りてくる桜の花びらと澄み切った青空がいい演出してくれましたよ~。

DSC_3131_convert_20170414164611.jpg

そして「いもり谷」にあるパン屋さんでカフェ。
すっかりと観光客で溢れる賑やかな由布院とその周辺ですが、
さすがにまだ彼らのサーチもここまでは伸びてきていません。

静かに時が流れるのを感じながら珈琲を飲む。
あまり公に知られたくはないのですが、
ここのクロワッサンが許しがたいほど美味しいことを小さな声で報告しておきます。

DSC_3126_convert_20170414164540.jpg

今回新しくなったカントリーロード号のタンクには、
新たに5つの文字が刻まれました。

バイク屋さんも驚いていたんですが、
我が家全員の名前をローマ字にするとキレイに1文字違いで並ぶんです。
ヤンキー車にも見えなくもないのですがまーいいでしょう!

エンジンもギアチェンジもマフラー音もすべてが絶好調!
あーどっかに行きたいっ!!
今すぐ行きたいっ!!

そんな欲求を必死に抑えながら、
そろそろ近づいてきたGWの準備に取り掛かりたいと思います。

世のライダーの皆さん。
楽しいツーリングの季節をどうかご堪能下さい。

湯布院カントリーロードユースホステル  

エイプリルドライブ

DSC_2890_convert_20170401160825.jpg

4月1日。
朝から全速力で嘘をつきまくったおかげで、
周りの誰もがまったく言う事を聞いてくれない状態となり、
オオカミ少年の無念さがしみじみと味わえた今日。

明日巣立っていく2人のお手伝いの為にお昼間限定の超駆け足ドライブに出かけました。
まずは福貴野の滝へ。
滝の上部から流れ落ちる瀑布を望むことができる非常に稀有な場所です。

DSC_2892_convert_20170401160840.jpg

続いてお馴染みの地獄極楽洞窟へ。
地獄の洞窟と極楽の崖上の両方を一遍に味わえるとてもお得な観光場所です。

ちなみにタイ人のキンは極楽浄土へと続く蜘蛛の糸を登り切れずに途中断念。
登れた日本人のはづきも全身ドロドロでとても天界に辿り着いた格好ではなかったですが。

DSC_2893_convert_20170401160852.jpg

そしてミルク村のジェラート屋さんでホッと一息。
僕はアイスと言えばバニラかラムレーズンかチョコミント。
よく「チョコミントって歯磨き粉の味するじゃーんっ!!」
と抜かす輩がいますがそういう人は今後一切歯を磨くのを止めていただきたい!

ここは残念ながらチョコミントはないのでこの無用の争いが起こることはないのですが、
このラムレーズンも痺れますよ~。

DSC_2894_convert_20170401160903.jpg

最後は霧島神社(ってあの有名なやつではない)で美味しいお水を頂き、
短い2時間半のドライブ終了~。

B612_20170401_141413_convert_20170401160809.jpg

今日は前日の雨が嘘のように上がりまさに春の陽気漂う一日でした。
これでかなり桜前線進んだんじゃないですかね!

由布院の桜は今のところ2分咲きと言ったところか?
この数日の気候で大きく動きそうですよ。

12連勤も今夜でようやくお終い。
今日の入りはなんと26名!
限界余裕でオーバーっす。

この10日間張り切って働いてくれた2名のお手伝い達に大いに感謝です。
ありがとうっ!

湯布院カントリーロードユースホステル  

冬の阿蘇ドライブ

DSC_2830_convert_20170213072427.jpg

連日続く韓国人の学生フィーバー。
日曜日はその中の唯一心休まる休館日です。

天気も絶好調に晴れているので、
午前中でなんとか掃除を終わらせ長崎から遊びに来てくれた智美のバイクの師匠ご夫婦と共に、
阿蘇方面へとドライブに出かけました。

まずはいつもの豆腐屋さんでランチ。
当然食べるのに夢中で写真撮り忘れる。
満腹になった後はひたすら高原をドライブです。
この時車の温度計 1℃。
やるなー、阿蘇。

寒い寒いと言われる由布院をさらに上回る寒さ。
この標高差が生み出す気温低下の力はやっぱ半端ない!

DSCN3803_convert_20170213072535.jpg

ガンジーファームで一休み。
ここのアイスやば旨ですよ。
寒さにも負けずにソフトとシェイクを一気食い~!
もちろん食べるのに夢中で写真撮り忘れる。

DSC_2832_convert_20170213072444.jpg

途中の雪原で遊ぶの図。
まったく雪装備がないにもかかわらずはしゃぎまわったために、
全員靴下までびちょびちょ。

息子にいたってはどこをどうしたのかわからないのですが、
中のシャツまで濡らしてました。


DSC_2836_convert_20170213072459.jpg

誰かが作った可愛い雪だるまを発見!
しかし驚くべきはその鼻。
これ本物の人参なんですよ。
だれかこのために持ってきたのか・・・?
だとしたら用意良すぎっしょ!
いや、もし偶然持ってたとしてもそれはそれでスゴイシチュエーションなのですが・・・。

いやーふとしたところに落ちてるこんな小さな驚きがあるからこそ、
人生って面白いですよね。

DSC_2845_convert_20170213072522.jpg

本当はこのまま日田の方まで抜けていこうと思っていたのですが、
予想以上に溶けてない雪道に苦戦し、
結局そのまま由布院に戻ってきました。

実は長崎からのおみやげで大量の牡蠣を頂いたので、
夜は家族だけで牡蠣鍋パーティを開催する予定だったのです

20個ほどの特大牡蠣を捌き、豪勢な鍋をたらふくいただきました!
もちろん写真は撮り忘れ~!

来週末は雪山登山のイベント日です。
ドライブ途中見かけた九重連山は実にキレイに白く染まっていて期待は高まるばかり。
まだまだ参加者大募集中ですよー。
ぜひご一緒に雪と戯れましょう!

湯布院カントリーロードユースホステル  

雪来た~ 2月

DSC_2806_convert_20170210195513.jpg

またきやがりましたね、寒波ちゃん。
なかなか聞こえてこない春の足音。

またしても真っ白で塗りつぶされた街を目の前に、
しょうがないので完全武装して奥さんと走りに出ることにしました。

昼間なのに気温は-4℃。
こりゃー当分溶けんわ。

DSC_2812_convert_20170210195525.jpg

吹き付ける雪に顔はみるみる老人のように・・・。
しかし戦う心つもりで外に出てみると、
凍てつくような寒さも叩きつける風雪も足に絡まる雪だまりも、
全てが楽しい。

行くぜ~!
雪中ランニングだぁ~!

B612_20170210_115750_convert_20170210195457.jpg

すると上空を舞う強い北風が一瞬の幸運を届けてくれました。
さっきまでの濁った雲が嘘のように流れ去り神々しく差し込む後光。

白の世界はますますキレイに輝きだしました。
やっぱ太陽ってすごいっすね!

ただしこの奇跡もほんの数分で舞い戻って来た雲にかき消されてしまうのですが、
一瞬だからこそ美しい風景でした。

DSC_2815_convert_20170210195548.jpg

そして2人で坂を駆け戻ってみると駐車場に何やら不穏な車が・・・。
パトカーの横には前部分が大破した車。

見てみると先の道路では軽自動車に自衛隊の車が突っ込み、
さらにその下ではトラックが自爆しており、
駐車場の車はそのどれかに巻き込まれた模様です。

さすがは「魔の坂」。
うちのユースホステルの横のこの坂では毎年数えきれないほどの血が流れています。
オソロシヤ~。

ただし事故った車はノーマルタイヤ。
思わず行ってしまうんでしょうね。
ここはスタッドレスでもかなり厳しい難所なので、
ノーマルではまさに飛んで火にいる夏の蒸しですね・・・。

この雪が続くのもどうも明日の午前中までのようです。
でも油断は禁物ですよ。
細心の注意を払い皆さんなんとか安全にしのいでください~。

湯布院カントリーロードユースホステル  

お出かけドライブ

DSCN3670_convert_20170129212716.jpg

本来行われるはずだった
「鶴見連山 雪山ツアー」でしたが、
なんと 参加者 0名という惨敗となりました。

実は2名ほど問い合わせはあったのですが、
数年前から突如この時期に訪れるようになった中国・韓国の予約の波に飲みこまれ、
なんとかなり早い時期から満室となってしまい予約が取れなかったのです。

この時期のイベントはちょっとよく考えないといけないな・・・。

そんなわけですっぽりと空いた日曜日。
館内掃除終了後みんなで仲良くお出かけでーす。

まずは近くの「地獄極楽」という名所へ。
こちらはもちろん暗い洞窟の地獄となります。

この後全員無事に現世に戻ってきて、
いよいよ山上の極楽へと目指していくのですが、
この「極楽」に辿り着くまでの難易度が半端じゃない・・・。
完全に90度にそびえ立った竪穴をよじ登るのです。

それでも体中泥にまみれながらまるで蜘蛛の糸の様に垂れ下がった鎖にしがみつき、
誰一人欠けることなくなんとか極楽へと到着。
えがったえがった。

DSCN3678_convert_20170129212736.jpg

汗をかいた後は安心院のワイナリーで試飲のワインを飲みまくる!
(もちろん僕とチビ達以外)
お手伝い2人のフランス人ももちろん大喜び!

すっかりといい気分になったところでさー次いくか。

DSCN3680_convert_20170129212752.jpg

本当は雪山に行っても良かったのですが、
一番下のチビもいるしお手伝いの女性陣もへっぽこそうなので、
手軽に登れるとこに来ました。

もうここでも何度も紹介している「無明橋」です。
この遥かにそびえ立つ岩山の左の方にちょこっとのっかっているこの橋を目指します。

しかし今回ここに来てみて驚くことが。
今まではその危険性ゆえ入り口には「関係者以外立ち入り禁止」の看板が立ち、
道中もまったく整備されておらず道しるべなんて全くなかったこのルートが、
実に整然とルートが作られているではないですか!?

恐らくここ数年この国東が力を入れている長大なトレイルコースに、
ここもかろうじて含まれているのでしょう。
何もせずにけが人を出すくらいならもう思い切ってルート整備しよう!
という流れだったのではないでしょうか。

なんにせよ登る側としてみれば大変ありがたいことです。

DSCN3686_convert_20170129212807.jpg

ずいぶんと歩きやすくなったコースを順調に登り、
まずは途中の見晴らし台にてぱしゃり。

みんな座っているこの後ろは正真正銘の断崖絶壁であります。
かなりの勇気ある写真となりました。

ここでちょっと個人的な驚きをひとつ・・・。
いつも最強のポーカーフェイスを誇る左下のガエルが、
まさかの「高くて怖いよ~」顔を作ってくれてるではないですか!!
これにはほんとびっくりです。
もう一か月以上一緒にいるんですがこんな顔初めて見ました。
いや、ひょっとしたらほんとにこれくらい怖かったのかもしれないですね・・・。

DSCN3690_convert_20170129212820.jpg

そして無明橋に立つ!
分かりにくいのですがこの細い石橋の両側は奈落の谷です。
そんな橋に4人乗り。
結構な重さですよ。
ちょっとビビるな・・・。

ただこの岩山登山はだいたい往復 1時間ちょっと位で楽しめるという、
とってもお手頃なエキサイティングルートなのです。

時間がないけど国東の修行場の雰囲気を味わいたいという人にはもってこい!
ルートもキレイになったため益々自信をもっておすすめできる場所となりました。

大分に来たのなら、
ぜひ一度はこの石橋を渡ってみて下さい。

DSCN3700_convert_20170129212835.jpg

無明橋がある天念寺では年に一度鬼が炎と共に大暴れする修正鬼会という儀式が行われます。
残念ながら僕もまだ見たことがないのですが、
実はこの儀式2017年は来週の金曜日 2月3日の夜にあるようです。
なんとか時間作って行ってみようかな・・・。
もちろんユースホステルのイベントとして。

ここはその近くの川中不動様。
川に立つ岸壁に掘られた磨崖仏がいい味出してます。
深い川に垂直に立つ岩に掘るの大変だっただろうな。

宗教の力って時にほんと偉大ですよね。

DSCN3702_convert_20170129212847.jpg

そして最後は別府の街をぶらつき、
湯けむりの夜景を楽しみ、
寿司食って今日のお休みは終了~。

あっちゅうまに1月終わりそうですね。
さすがに「行っちゃう1月」。
こりゃ「逃げる2月」も早そうだな。

何とかおいていかれないようにしなきゃですね!

湯布院カントリーロードユースホステル  

≪PREV | | NEXT≫