ゐなせ 10歳誕生日

DSC_2518_convert_20161214154247.jpg

2016年 12月13日 我が家の長男 ゐなせ が区切りよく
10歳を迎えることができました~。

おめでとう~!

島根で生を受け、
産まれたと同時に由布院へと移ってきた彼。
彼の人生の歴史はこの湯布院カントリーロードユースホステルの歴史でもあります。

DSC_2520_convert_20161214154314.jpg

あまり派手に祝われるのを照れるヤツが面白いので、
この日は3回程歌を歌ってやりました。
(その度に隠れるのですが)

チョコレート大好きな彼の要望通りケーキはチョコアイスケーキ。
半分くらい当然のように隣で末娘が食べてましたが、
2人でペロッと完食です!

2桁年齢に入りこれからはますます父の良きパートナーとなってくれるでしょう。
僕は彼に僕のすべてを教え、
更にそこからバージョンアップした自分の道へと進んで行って欲しいと願っています。

今はサッカーと山と旅。
これをとにかく2人で楽しもう!

IMG_20161214_0002_convert_20161214154010.jpg

家族全員からの誕生日カード。
手抜き感がぬぐえない人もいますが、
注目すべきはお兄ちゃん大好きな末娘が書いたメッセージ。

「ゐなせくん おめでとう10さい。がんばって12さいになてね。わをんもほいくえんがんばるからね」

彼には来年のお誕生日は訪れないようです・・・。

息子よ。
これからも益々元気と笑顔で我が家の先頭を突っ走っていってください!!

湯布院カントリーロードユースホステル  

湯布院 子ども会駅伝大会

DSCN2849_convert_20161023215246.jpg

朝から雨が降り続く中、
ここ由布院では各地域の子供達がプライドを懸けて戦う、
年に一度の地域対抗駅伝大会が開催されました。

チーム数は10チーム。
今回出場の子供達はそれぞれの地域にて厳しい選考会を勝ち抜いてきた猛者ばかり。

街中が興奮気味なテンションで舞い上がる中、いよいよ湯布院ステージがスタートしました!
(湯平ステージ・湯布院ステージとある)

第2走者はそう、我が家の真面目番長 しきゑ です。
去年も同じ区間で出場したのですが全10人中4位と屈辱の順位をつけられた彼女。

今回は燃えています。
父と2人で入念にコースの下見を何度も重ね、
スピードを上げるところ、踏ん張るところ、最後の勝負どころなどを細かくチェック済み。

そしていよいよレースがスタート。
ドキドキの僕が待ち構える場所についに彼女が登場です!
しかし順位は6番手。
こりゃ第一走者がてこずったな・・・。

さぁーーーいくぞっ!!!

DSC_2152_convert_20161023215139.jpg

親ばか丸出しで父は娘の隣を自転車で並走。
かなり登りが続く終盤ですが昨年の激しいペースの落ち込みを彼女は決して忘れていなかった。
「今年は絶対に勝つ!」
朝からわめき散らしていた言葉の通りまったく落ちないペース。

そしてそのままのスピードを維持したまま3人を抜き去り3位で次走者にタスキをつなぐ!
頑張ったな!
力走の後の笑顔の彼女。
やり切った感がにじみ出ていました。

そして第4走者は息子のゐなせです。
昨年は低学年の部で区間賞を獲得した彼ですが、
4年生となった今年はライバルはみんな5.6年生の先輩たち。

ちょっと相手が悪すぎましたね。
気合いで踏ん張り誰にも抜かれなかったのですがかなり後続に差を縮められてしまいました。
さらに息子担当の奥さんが興奮しすぎて写真撮り忘れるという愚行に走り彼の雄姿は一切なし。
まさに踏んだり蹴ったり・・・。

DSC_2161_convert_20161023215158.jpg

みんな雨の中頑張ってよく走りぬきました。
お疲れ様でした。

そしていよいよ閉会式です。
我がチームはその後2チームに抜かれてしまい、
結局総合5位でした。

しかし最後に行われた区間賞発表の瞬間。
湯布院ステージの第2区で見事長女の名前が読み上げられました~。
いえーぃ。
これは彼女の努力と執念の勝利です。

計10名選ばれるこの区間賞受賞者の中に我がチームからはなんと3名が選ばれました!
すごい。
なんでこれで5位しか取れないんだ??

しきゑは来年が最後の出場。
ぜひ来年は姉弟そろってあの場に立っていて欲しいな。

DSCN2853_convert_20161023215259.jpg

戦いが終わり、
掃除もなんとか終わり、
さーいつもの様に別府にでも遊びに行くか!

するとなんとここで負けた息子が「僕は行かない!待っとく!」
と言い出した。
表彰式の間はニコニコと遊んでいたのですがやっぱり相当悔しかったようです。

これを聞いた姉も「じゃあ私も一緒に待っててあげる」

これが勝者の余裕なのか・・・?
結局2人はそのままおうちでお留守番に。

「お出かけ」することに僅か5年の全て捧げて生きてきた末娘はもちろんおでかけで。

久々観光客らしい事をしようと、
みんなで鉄輪エリアにある貴船城に登ってきました。

有料ですがここからの別府の眺めは一番ですよ!

DSC_2171_convert_20161023215217.jpg

そして夜は地獄の蒸し窯で夕食。
ここでは持って行った食材が何でも30分で蒸し蒸しの超ヘルシーなご馳走に生まれ変わるのです。

もうもうと立ち上る湯けむりの窯に食材を投入!
後は静かに時がたつのを待つだけだ。

DSC_2172_convert_20161023215230.jpg

こうして出来上がったお野菜はほんとに美味しい。
何とも言えない甘さがあるのです。

今日のタマネギとか絶品でしたね。

ただ前までなかった食材の持ち込み料金が別途取られるようになっており若干ショックでしたが、
それでもここは行く価値ありです!

窯の使用料 500円。
食材の持ち込み料 500円。
これでこの満足度では安いもんだ。

見事勝ち組への道を歩く長女は来週は湯布院のスパマラソンに奥さんと共に参加します。
我が家の女性陣はとにかく強いんです・・・。

湯布院カントリーロードユースホステル  

由布市中学校選抜駅伝大会

DSCN2845_convert_20161020160508.jpg

秋晴れの本日。
由布市の中学校ナンバーワンを決める駅伝大会が行われました!

といっても由布市には中学校3つしかないのですが・・・。
それでも会場では各校から選抜されたメンバー達が静かに熱い闘志を燃やしています。

しきゑも今年は見事選抜に選ばれ第3走者として走ります。
各校2チームづつの計6チームで争われる女子のレース。

館内掃除を全て後回しにし、
最後のチェックアウトを笑顔で見送ったのち、
スーパー飛ばして駆け付けたところなんとか10:00スタートの号砲に間に合いました!

第一走者のセリが踏ん張り6チーム中2位で第2走者へ。

DSCN2843_convert_20161020160450.jpg

第2走者が狭間Bチームに抜かれてしまいしきゑは3位でタスキを受け取る。
こっからが彼女の見せ場の始まりだ!

まずは前を走るランナーを軽く抜き去り2位に浮上!
しかしここから前がいないので気を抜いたのか後ろが頑張ったのか。
なかなかその差が広がらない。

追ってくる相手に見る側はドキドキしながらの応援だったのですが、
ラストの坂でなんとか再び差を確実に広げて第4走者へ!

頑張ったな!

DSCN2847_convert_20161020160520.jpg

圧倒的速さでトップを走る狭間Aは別として、
2位争いは熾烈を極める。

唯一中学校に陸上部がある狭間はとにかく強い!(去年も優勝)
どんどん迫りくる3位の狭間Bの猛追を後続ランナーも必死で振り切り、
湯布院Aがそのまま見事に第2位でゴール!

やったー!
今まで朝の7時からの朝練を眠い目をこすりながら頑張ってきた彼女たち。
努力は裏切らない。
本当におめでとう!

ただなんで中学生の短パンってこんなに大きいんだ?
おしゃれ心の生まれる乙女仕様にもうちょっとスリムにしてあげられないものなのかな・・・?

湯布院カントリーロードユースホステル  

日本太鼓ジュニアコンクール大分県大会

DSCN2825_convert_20161016212922.jpg

去年から地域の公民館企画の一つとして始まった太鼓教室。
地元では超有名な「源流太鼓」のメンバーが、
月に2回太鼓の楽しさを子供たちに教えるという趣旨で始められたものだったはずなのですが・・・。

この春から突如太鼓グループの本当の厳しさが牙を向くっ!
練習が月2から週2へと変更!

そしていきなり夏のお祭りでデビューすると告げられたのです。

今までほぼ遊び気分で叩いていた子供達も大慌て!
メンバーも実力に応じてAチーム・Bチーム・Cチームに分けられ、
練習も超マジな体育会系へと変貌していったのです。

厳しい練習に耐え見事に夏のお祭りでのお披露目太鼓をやり終え、
満足感一杯の子供たちに再び告げられたのは2か月後の太鼓の大会への参加でした。

目まぐるしく進む展開に戸惑いながらも誰もが半泣きになる程の練習を続け、
そしてついに迎えた今日という日!

どの親も始めはどう対応したらいいのか迷っていた部分もあったのですが、
今は全力サポートするのみ。

半年前には想像もしていなかった自分の子供が太鼓で大会に出るという事実を、
この会場に来てようやくしみじみと実感しているところです。

正直親の方が果てしなく舞い上がっています・・・。

DSCN2816_convert_20161016212852.jpg

今回の参加は全11チーム。
ジュニアの大会と書いてるので小さい子だけの参加なのかと思っていたら、
なんとジュニアの枠は高校生まで!

11チームの中には高校の太鼓部も複数参加してるじゃないですか!?
我がチームは小3~中学生までのメンバー構成。

こりゃーいよいよ来るとこ間違えちゃったか・・・?

DSCN2815_convert_20161016212837.jpg

そして運命の大会がついにスタート!
やはり日頃から真剣に取り組んでいる子達ばかりなのでどのチームも相当レベルが高い!
そしてやっぱり高校生の男子の太鼓の音の迫力が違う!

そんな次々に行われる激しいビートに圧倒されながら演奏に聞き惚れていると、
ついに7番手に我が「3代目源流少年隊」が登場です。

高鳴る鼓動。
胸が・・、く、苦しい・・・。

演奏は僅か4分足らずの短い時間なのですが永遠とも思える長さに感じられました。
5か月という短期間の練習時間なのですが、
源流太鼓という本物に指導されたその演奏は他のチームとは明らかに違う。

一人一人の技術はまだまだ未熟なのですが驚くべきはその圧倒的なスピード感。
次々と解き放たれる打音に息を吸う暇もないくらいです。
すごいぞ・・・。

恥ずかしながら込み上げる何かに耐えられずにすでに父も母も涙ポロポロ。
こりゃあーに沁みるなぁ~。

DSCN2821_convert_20161016212908.jpg

そんな大分県大会も1時間ちょっとで終了しました。
まったく飽きることなく集中しきって見れた大興奮の時間でした。

そしていよいよ最後の成績発表の瞬間です。
まずは3位から。
ここは高校の太鼓部の一つが受賞です。

残りは2つ。
そしてゆっくりと読み上げられた2位の名前。

「3代目 源流少年隊」

場内に湧きおこる拍手とため息。
僕も残念な気持ちが残る中どこかホッとしていました。

まだまだ太鼓の世界に踏み入れたばっかりの彼ら。
正直今はまだ太鼓が好きでどうしても勝ちたくて叩いている状態ではないです。
上から教えられたことを必死に遂行しているだけ。

まだまだ今は頂点に立つときではないと感じました。
今年の結果を受け、悔しい、勝ちたい!という思いを個々が刻み、
そしてそれを目標にまた一年練習してまたもう一度一番を目指して欲しいです。

しかしまったくの素人をこのレベルまで引き上げる「湯布院源流太鼓」のメンバーって本当にすごいなと感じました。
この環境の中でこの子達がどこまで伸びていってくれるのか期待でいっぱいです。

DSCN2826_convert_20161016212934.jpg

息子も大イベントがとりあえず終わってほっと一息です。

もし優勝していたら来年に兵庫県である全国大会に大分代表で出場できたそうです。
そりゃーえらいこっちゃ。
いままで以上に練習も多くなるだろうし僕とのサッカーの時間がまた減る!
良かった良かったと思っていたらなんと3位までは12月にある全九州大会に出場するらしい。

ひょえ~。
すぐじゃないですか!
あーまたしばらく太鼓漬けの日々が続くな。
参ったなー。
12月ものすごく忙しいのになー。
もう沖縄行きも決まってるし。

まーこれからの事はおいおい考えよう。
とりあえずお疲れさん!そしておめでとう!

こやつはほんといつもニコニコしてるだけの能天気なお馬鹿さんなのですが、
太鼓を叩いている時はちょっとだけかっちょいい。

湯布院カントリーロードユースホステル  

駅伝大会への道

DSCN2777_convert_20161010214503.jpg

間もなく由布市の中学校駅伝大会が迫るしきゑのために、
本日も掃除をマッハで終わらせ本番の会場にて試走をおこなうことにしました。

その他もろもろのメンバーも含めて・・・。

思い返せば小学校一年生の時の記録会。
ニコニコのやる気満々で参加した初レースで豪快に最下位に沈んだ彼女。
その時の涙を決して忘れずに、
そこから一年一年着実に体力をつけていき、
6年生の時についに記録会で1位になったのです。

その後中学校一年では地区対抗駅伝で10人中4位という屈辱に再び燃え上がり、
中学二年で再び学年女子トップの座を見事に奪取。

まさにフェニックスの様に何度でも蘇る女しきゑ。
さー今日はその生まれ変わった実力をしかと見せてもらうぜ!

DSCN2774_convert_20161010214449.jpg

と、その前にランチとちょっとみんなで芝生でお遊びタイム。
ちびっ子三人とお手伝いの19歳 まな。
それにしても空がほんといい色だ・・・。

こりゃまさに走り日和ですね。

DSCN2778_convert_20161010214523.jpg

そしてしっかりと準備運動の後、
いよいよスタートですっ!

今回巻き込まれて走ったのは僕と奥さんと長女・長男になぜかまな。
最初の3人は1kmコースを2周。
後の2人は1周です。

距離は短い分集中的な走りが求められます。
さらにこのコース結構アップダウンがあるんですよね。

さー気合い入れて走れよ!

IMG_1240_convert_20161010214600.jpg

それぞれがそれぞれの全力を尽くし、
全員ゴール!

しかししきゑちょっと遅いぞ・・・。
目標はまずは9分切りだったのですがなんと9分半もかかっちゃった!

本人いわく途中からお腹が痛くなったと・・・。
昼飯食べ過ぎたか?

おいおいエースがこのペースではヤバいぞ、湯布院中学校。

IMG_1230_convert_20161010214615.jpg

そしてみんなで大反省会。
(どーでもいいですが父と息子そっくりやな)
何故なら他のメンバーもスタート前に口にした目標タイムに届かなかったのです。

このままじゃ終われんやろ。
もう一回やな。

(えーーっ!なんでわたしも~??)
と一番右のまなは心から思っています。

しかしどう思おうとここではやるしかないのです。
問答無用で無慈悲にも全員で並び直すスタートライン。

IMG_1235_convert_20161010214630.jpg

も一回スタートだ!
GoGo!!

再び目の前の上下にうねる道を駆け抜ける。
しかし2回目でさらにいタイムが出るわけもなく、
結局しきゑは似たようなタイムで終了。

大変不安の残る試走会となりました。

ただついにこの日。
娘が奥さんを追い抜いたことをここで報告しておきます!
もちろん距離が伸びればまだまだ奥さんが勝つでしょうが、
2km位ならもう娘の方が速かった!

ついに始まった世代交代の波。
最後の砦の僕はまだまだ何としても親の威厳を守り抜かねば。

IMG_1267_convert_20161010214732.jpg

こちら本日一番の被害者 まな。
なぜか無理やり 2周も必死で走らされ頭クラクラ。
ちなみにゐなせにも負けました。

この後家でも本気で死んでました。
お疲れさん。
つき合ってくれてありがとう。

もうこの後は学校での早朝練習を重ねた後本番に臨むのみ。
今までも逆境を糧に這い上がってきた彼女の事なので、
今回の不振のタイムもきっといい追い風に変えてくれるでしょう。

期待してるぜ~!

湯布院カントリーロードユースホステル  

≪PREV | | NEXT≫