FC2ブログ

長崎ランタンフェスティバル 2019

P2111226_convert_20190212002225.jpg

今年も恒例の 「長崎ランタンフェスティバル」へと向かう日がやってきました。
基本的に土日開催タイプのお祭りには参加できない僕達ですが、
この祭りはとっても懐が深くてなんと開催期間 2週間!
これなら繁忙期の僕達も日を選べますねー。

遊びの前は気合いが違う!!
満室の館内を僕たち夫婦とお手伝い3人が縦横無尽に走り回り、
11時には全掃除終了!

そして高速道路をブッ飛ばす事3時間。
2時過ぎには人とランタンで溢れる長崎の街へとやってきました!

今年もスゴイ大所帯ですよ。
ハイエースは満席の全 10名!!

P2111228_convert_20190212002246.jpg

当初は諦めていた3時からの中国雑技団のステージも見れました。
このランタンフェスティバルには大小無数のステージが街中に点在していて、
そこで絶え間なく何かしらのショーが開催されるのです!(特に週末は)

エイサーや獅子舞や蛇踊りなどの他に二胡演奏やダンスなどなど。
どれもとっても盛り上がるのですがそんな中でダントツのクォリティーと人気を誇るのが、
この中国雑技団による演技。

外交問題や環境問題など様々な問題が取り上げられる中国ですが、
この人体ができうる限界を極めようとする技に関しては絶対に世界一ですよね。
毎年見てるのですが毎年感動で泣きそうになります。

この写真は分かりにくいのですが一番盛り上がる椅子の高積みの芸。

まだ中学生くらいの男の子がなんの補助もない中黙々と椅子を積み上げていき、
その上で芸をするという単純なものなのですが、
その高さが上がるにつれて会場はどんどん静まり返り、
ハラハラとドキドキの中で恐ろしい高さに達した椅子の上で最後の逆立ちを決めた瞬間は、
会場中割れんばかりの拍手と歓声の嵐でした。

これらを全部無料で見せてくれるって辺りがこのランタンフェスのいいとこなんですよねー。

P2111229_convert_20190212002307.jpg

ショーの合間を縫って長崎の坂を散策中。
この何もないただぼーっと坂を歩くだけの時間が一番心落ち着くんです・・・。

3人のお手伝いのうち今日で2人の韓国人お手伝いが旅立っていきます。
彼女たちのおかげで英語も日本語もできない韓国人のお客様対応にどれだけ救われたか・・・。

ありがとう!
俺もちょっとだけ韓国語の勉強をするわ!と一応表向きは言っておきました。

P2111239_convert_20190212002338.jpg

日が暮れてくると街中に配されたランタンは怪しげな光を放ちだし、
街は益々盛り上がってきます!

それにしてもこの日は寒かった!
長崎なんでもうちょっと暖かいだろうという僕達の予想を完全に裏切る。
ただし短い時間の中で相当歩き回ったのでなんとか僕たちは身体の熱を守れましたが。

P2111243_convert_20190212002356.jpg

奥さんのテリトリーでもある長崎。
いろいろと知り合いも集まってきて最後には17人もの大所帯にっ!

ただ僕たちはまだこれから「帰る」という大仕事が残っているので、
今年は少し早めの19時30分には会場を後にしました。

もちろん遊び足りない奥さんは一人居残りを決意。
旧友の家に泊めてもらい今夜はがっつり飲みに行くそうです。
たっぷり遊んで来いよー。

P2111247_convert_20190212002514.jpg

長崎は初というお手伝い達の為に最後は車で稲佐山へ。
この光る3本のタワーと長崎の溢れんばかりの光の幻想に酔いしれながら、
これで今回の長崎遠征は終了です。

さぁあとはひたすら運転して帰るだけだ!
と思っていたのですがしかしやはり最後の最後にドラマは待っていたのです。

全員寝静まる車内。
途中からガソリンが少なくなってきたので僕はどのSAで給油しようかと綿密な計算を立て、
皆を起こさないようにギリギリで入れようと決意。

途中のSAを潔く通り過ぎ大分県に入り湯布院までにある最後のSAへと入る。
もうガソリンマークもとっくに現れ残りの航続可能距離は30km。

完璧やな・・・、
と自画自賛しながらガソリンスタンドに入ろうとすると・・・、
閉まっていた・・・。

えぇぇぇぇっ~!!!!!!
高速のガソリンスタンドって閉まるのっ???????

衝撃の展開にしばし震える。
しかしないものはなので次のインターで急遽下車。
僕の慌てぶりにみんなも起きだし携帯でスタンドを探してくれた。
しかしいかんせん問題は進める距離が限りなく短いという事。

突然発生したこのイベントに雑技団のショーに匹敵する程の緊迫感で溢れる車内。
携帯が示したスタンドへ1mも無駄にしない完璧なるライン取りで車を進め、
無事航続可能距離が15kmを切ったところで給油できました。

助かった・・・。
マジで焦りましたよ。
運転の基本なのでしょうが「早めの給油」ですね、やっぱり。

そうして多少慌ただしくはなりましたが日付が変わる前に無事に帰宅。
散々「寒いっ!」と言っていた長崎ですがやっぱり湯布院の方が断然寒かったです・・・。

まだまだ春節の残り火のお客様は続きそうです。
また気持ち新たにがんばりましょー。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック