FC2ブログ

志高湖ロープウェイ 廃線ツアー

P2031175_convert_20190203185149.jpg

別府と湯布院の間の山の中に佇む小さな湖 志高湖。
かつてここには志高ユートピアと呼ばれる一大遊園地があったのです。

今でこそほとんど人が来ない平和極まりない静かな湖なのですが、
昔はたくさんの人で賑わっていたことでしょう。
その時に使われていたのが別府からこのユートピアまでを結ぶリフトとロープウェイ。

遊園地自体は今はもうきれいさっぱりと無くなってしまったのですが、
移動手段だったこの施設だけは山中で忘れられたようにひっそりと残されているのです。

今回はこの廃墟を巡るちょっとレアなツアーへと出発です!
この廃墟好き(?)な7名でさぁいくぞ~。

P2031179_convert_20190203185403.jpg

歩きだして10分。
いよいよ一発目のリフトに遭遇です。
参加者のテンションも一気にヒートアップ。

ここからは山道を捨てリフト沿いに山の中を進んでいきます。
もう何十年も山の中に忘れ去られたリフト。
椅子は苔むし、ロープは錆び果て、本体には何本も蔦が絡まりついていました。

それでも末娘の体重位ならまだまだ支えてくれてます。
長い長い時を超えて再び人を乗せるという職務を果たせた椅子は、
少しだけ嬉しそうでした・・・。

P2031187_convert_20190203185416.jpg

第一リフトは志高湖からみるとずっと登りです。
全員で息を切らしながら必死に登り、
急峻な崖を越えると続いて現れるのは2発目のロープウェイの駅です。

簡易な作りだったリフトの駅とは違い、
とても立派な作りのロープウェイの駅は、
大自然の中では明らかに異質の圧倒的な存在感を発しています。
正直ちょっと怖い・・・。

P2031190_convert_20190203185611.jpg

さぁ続いてこのロープウェイの路線を辿っていきたいところなのですが
実際に5m位の高さで移動しているため目で追いながら移動できるリフトと違い、
ロープウェイのラインは森の遥か上空を通過しています。

なので大体の目測をつけながら森の中の道なき道を下っていくメンバー達。
「廃線ツアー」という自分の好きな言葉だけしか目がいっていなかったのか、
みんな 「えっ!?ここを下るの・・・?」
とちょっと信じられないような顔で歩いています。

そうなんです。
ここを下っていくんですよ。
人が行かないような穴場を楽しむためには、
人が決してしないような事をしないと辿り着けないもんなのですよ。

途中で1名 お尻のポケットに携帯を入れるという登山の行動ではありえない事をしでかし、
案の定途中の斜面のどっかに携帯を落としその捜索でしばし時間を取られる。
でも奇跡的に山中の崩れた土砂にちょこっと顔を覗かしていた携帯を発見できたので良かった良かった。

みなさーん、山を甘く見てはいけないですよ~。

P2031195_convert_20190203185628.jpg

そして見事に別府側のロープウェイ駅 立石山駅に到着。
まずはここで廃屋ランチ。
壊れたベンチや朽ち果てたゴンドラを見ながら食べるご飯もなかなかおつなものですな~。

P2031198_convert_20190203185644.jpg

駅の内部はこんなにリアルに生き残っています。
まるで今にも動き出しそう・・・。

これ本当にどうする気なんでしょうね?
きっと僕達みたいにやってくるお馬鹿さんのうちの誰かが大けがをした時点で、
市は撤去を始めるんでしょうね。

マニアの皆さん、
それまでは安全第一でひっそりと楽しみましょう。

P2031200_convert_20190203192808.jpg

そしていよいよ最後のリフトへ。
見て下さいよ。
この頑ななまでに絡まった蔦を。
椅子は身動きすらできず。

つくづく歴史を感じますねー。

P2031207_convert_20190203185722.jpg

そして第3のリフトを辿って降りていくと最後にこの壊れた倉庫へと到着です。
この倉庫ずーっと置くまで繋がっているのですが、
今日は時間の関係上この入り口だけでごめんなさい。

倉庫の中には予備のイスが沢山放置されていました。
その中で面白かったのが9の番号のイスたち。
このリフトの全てのイスには番号がついているのですがキレイに「4」と「9」の番号がないのです。
「死」と「苦」を抜いたのでしょうが、
この倉庫の中には大量にナンバー9のイスが積み上げられていました。

恐らく最初から「4」だけは抜いていたのでしょうが誰かクレーマーに
「9もだめっしょ!!」
と言われたんでしょうね。

可哀そうなナンバー9のイスたちはここで使われることなくその職務を全うしたようです。
いやー本当に歴史を感じるわー。

P2031209_convert_20190203185737.jpg

そして午後の1時に無事に人里へと降りてきました。
まさに天気予報通りにここでポツポツと雨が!!
この強運!

そして迎えに来てくれた奥さんの車に乗って再びスタート地点の志高湖へと帰ってきました。
皆さんお疲れ様です。
思ったよりもハードだったというご意見もいただきましたが、
通常ではなかなか行けないこのコースを楽しんでいただけたようで良かったです。

難易度も高くなく時間的にも内容的にもかなり面白いこのツアー。
こりゃ僕の年間イベントのレギュラー獲得の可能性 大!ですね。

ぜひまた来年もどっかでやりますよ。
よりマニアックな方の御参戦を心待ちにしています。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック