FC2ブログ

年越しイベント 2018

PC310767_convert_20190101084834.jpg

明けまして おめでとうございます!
2019年。
特にキリがいい数字でもないですが「最後の平成」というちょっとした冠がついています。
今年も振り返ることなく前に前に進む一年でありたいと願っています。

毎年恒例の当ユースホステルの大みそかのイベント。
大変忙しいです。
ほとんど絶え間なく何かをし続けています。

PC310770_convert_20190101084855.jpg

しかし今年は例年と少し客層が変わり、
年配のご夫婦が多かったのです。
すると食事後はお部屋でTVでくつろぎタイムに入ってしまい、
イベントに出てきてくれなーい!!

なんと毎年溢れんばかりの参加者で溢れる食堂が、
この通りテーブル1個で収まるほどの少人数となってしまいました。

しかしこれも時の運!
少ないなりに白熱したゲーム大会が開催されました。
こちらはことわざカルタの文章の一部分だけを読んでそのカードを当てるという
「超推理カルタ大会」

これがまた盛り上がるんですよ。

PC310772_convert_20190101084910.jpg

ユースホステルでの年越しそばを食べた後はいよいよ夜の年越しタイムです。
ここから2チームに別れて動くのですが、
なんと毎年湯布院の町中で開催される「夜神楽」「和太鼓演奏」が今年は両方ない事が判明。
これも時代の流れなのか・・・?

良き文化が失われていくのはとっても悲しいことです。
それでも金鱗湖での年越しそばと甘酒の振る舞いがあることが分かり、
3名のお客様は深夜の初もうでへとお出かけしていきました。

後の10名ほどは宿で静かな年越しを選択。
そして残りの総勢 10名は 今年も夜の山へと足を運びます!
今年も行ってみましょう!

恒例の年越し登山 スタートです!

PC310775_convert_20190101085657.jpg

雪が降ったり、超寒かったりと毎年様々なお天気の舞台を用意してくれる大自然が、
今年は満点の星空という夢舞台を準備してくれました!

しかも世の中のが最強の寒波到来と言われている中で、
驚くくらいの暖かさ・・・。(皆は寒い寒いと言っていましたが)
さらに風もほとんどない!

最高の条件は全て整いましたよ!
今年も誰も汚していない聖なる山道に、
今年最後の足跡を残しながらガンガン登っていきます。

P1010784_convert_20190101085012.jpg

しかしここでやはり参加者の中の少しの認識の違いが、
それぞれのペースを大きく狂わしはじめる。

当然山なので登山装備をばっちり決めた人。
何となくノリで参加したのでスニーカーや革靴できちゃった人。

「わーこんなとこ登るんだ!楽しいな~」
という余裕を感じながら笑顔で登る人がいる反面、
鬼のような角度の崖に何度も押し返されては、
半泣きになりながら汗だくでひたすら必死にもがき続ける人がいる。

スミマセン。
これが山・・・、いや人生なんです。
みんなでやり遂げましょう!

最後はお互いに励まし合い、
そして限界に近づく人を引っ張り上げたりしながら、
ついには最後の見晴らしヶ丘の草原を歩き切りゴール!

振り返るとそこには、
祝福するように光る湯布院の宝石達・・・。
そして空には溢れんばかりの満点の星空です。
しばし言葉なく立ち尽くす。

P1010788_convert_20190101085025.jpg

そしてまた丘頂で飲む温かい珈琲と紅茶の美味しいことっ!
毎年この場所でカウントダウンと共に新年を迎えるはずなのですが・・・、
実は今年はここに辿り着いた時は既に12時30分。

とっくに年は明けてしまっていたのです~。
今年は全員超急な斜面に必死にしがみつきながらの年越しとなりました。

実は去年もこの最終目的地には時間内に辿り着けなかったんですよね。
反省です・・・。
ちょっとルート選択と出発時間を来年は考え直してみたいと思います。

そしてそのまま2時前には湯布院の町に無事に戻ってきました。
登っている最中は
「完全に騙された~・・・」
という顔で登っていたメンバーの方もやはりやり遂げた後はとても満足そうで良かったです。
初日からこれだけハードに飛ばしたんだから今年はいい年に決まってますよ!

今年もまた恒例のイベントから新しいイベントまで色々と考えていきます。
もしお時間が合うようならぜひご参加ください。

では今年も一年間どうぞよろしくお願いいたします!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック