FC2ブログ

地域対抗サッカー大会

PC010065_convert_20181202194015.jpg

奥さんがくじ引きで引き当てた自治区長という名誉ある職。
この春から慣れないこの仕事に携わり、
何とか微力ながら地域活動の一環を担ってきた僕ですが、
野球大会・相撲大会・駅伝大会と続きついに最後のお仕事となりました!

それが地域対抗こどもサッカー大会です。
と言ってもこれに関しては練習時間が夕方の5時半から7時という、
僕達にとって絶対に抜けられない時間帯だったので監督・コーチは他のお父さんにお願いし、
僕と奥さんは買い出し・弁当手配という裏方に徹せさせて貰いました。

そして迎えた大会当日!
開会式も何もかも間に合わなかったのですが、
試合開始の直前でなんとか会場入りし無事に我がチームの雄姿を見れることができました。

PC010081_convert_20181202194450.jpg

子どもたちは自由参加なのですが、
今年の我がチームは6年生が2人だけ・・・。
あとは4年生以下(しかも女の子が半数位)というとてもさみしい陣容。
毎年予選落ちが恒例だったのですが今年もあまり期待できないな・・・、
というサバサバした雰囲気が試合前からこちらの応援席を覆っています。

そんな中我が息子 ゐなせが頂いたのはエースナンバー 10番とキャプテンの座!
(あくまで6年生2人という中で選ばれたのですが)

ただ彼なりにその数字をかなり深刻に受け取っていたらしく、
珍しくかなりやる気になっていたのです。

もう今は完全に太鼓へと活動の中心をシフトした彼ですが、
以前は僕と2人でバッリバリにサッカーをしていたのです。

ついにその見せ場を頂いた彼が・・・。
なんと前夜に熱で倒れて学校早退するという大失態をやらかすっ!!
家でも熱は引かず38度をオーバー。

しかし一晩中ウンウンとうなされて大汗をかきまくった結果・・・。
なんと朝奇跡の復活を遂げる!
なんとか試合に出られるまでに回復したのです。

しかしいかんせん病み上がりなのと飯しっかりと食べてないので体力がない。
この日も第一試合は全く走れずに苦戦していました。

PC010073_convert_20181202194634.jpg

彼は年齢に似合わず中々冷静で、
自分が何をすべきかをしっかりとわきまえています。

小学生のサッカーの試合となると誰もがボールに群がって、
ボールとの鬼ごっこみたいになりますよね。

チームの中では誰よりもサッカーが上手い彼ですが、
攻め上がるという一番の見せ所を放棄して、
一人だけどんな時もしっかりと最終ラインで壁を作ります。

何度攻められようと一人で必死に最後の最後で足を出してシュートを防ぐ!
ぱっと見た感じでは全然目立たなかったのですが、
彼のおかげで防げた得点は1~2点なんてもんじゃなかったですよ。

心配するな!
父はきちんと見ていたぞ!

しかし試合はやはりどうしてもボールを蹴れるメンバーが少ないということもあり、
初戦は0―2で敗退。

しかし2回戦の相手がこちらに勝るとも劣らない位のチビッ子主体のチームだったのです。
あれっ??これはひょっとしていい勝負になるんじゃないか・・・?
お互いの監督がそんな期待感に包まれる中第2試合がスタート!!

ここでまさかの我がチームが大爆発!
何がどうかみ合ったのか分からないのですが6―1という圧勝を収めるのです。

この結果チームは見事に準決勝に進出!
今まで予選敗退の常連だったチームがついに見せつけた奇跡です。

PC010088_convert_20181202194522.jpg

しかしこれに慌てふためいたのが僕たち夫婦です。
まさか勝ち残るとは思ってみなかったのでお昼過ぎには帰る気満々だったのです。

しかし息子がここまで頑張ってるんだ・・・。
もうちょっとだけ見てやろう。
刻々と動く時計に焦りながら言い聞かす。
そう・・・。
僕達にはこの後「こどもクリスマスキャンプ」という大仕事が15時から待っていたのです。

そして始まった準決勝。
相手は高学年男子でずらっと揃えられたダントツの優勝候補です。
かなり善戦はしたのですがやはり大きすぎた戦力差は埋められず0―2で敗れてしまいました。

さー終わりかな~?
と思っていたらなんと3位決定戦があるらしい。
なっにぃーー!!
イケるのか・・・?
なんとか前半だけなら大丈夫か・・・?

ドキドキしながらもう一試合見ることにしました。
その相手はなんと初戦で敗れた相手だ。
ただお互いにもう4試合目なのでフラフラ。
ここからは気力が勝負の大きな鍵となりそうですね。

そして青空の下高らかに鳴り響く試合開始のホイッスル。
お互いに最後の気力を振り絞って走り回ります。
もう病み上がりなんて言い訳が通るような状況じゃない息子も必死にディフェンスで貢献。
そして彼の活躍もあり前半は0―0で終了。

お、面白い・・・。
これはとてもじゃないけど帰れる状況じゃないぞっ!
もうどうなってもいい!
後半も見ていこう!
そう腹をくくって僕達も命がけの後半戦へと突入です。

そして後半開始すぐに試合が動く!
思わず攻め上がってしまった息子の裏を取られて相手チームの一人が独走!
そしてそのままゴーーーーーッル!!!

ついに動いた試合。
まぁよく頑張ったね的な空気の中今までほとんどチャンスを作れなかった我がチームが、
たまたま相手ゴール前にはじかれたボールをもう一人の6年生が起死回生の同点ゴーッル!!!

うっそ~!!!
大いに盛り上がる応援席。
その勢いそのままに終了間際に再び攻め上がった息子の目の前にボールが転がる・・・。

ここでくるか?!
人生の見せ場はまさにここだっ!
いっけぇぇぇぇ~!!!

僕の絶叫が響く中彼の放った最後のシュートは無念のキーパー正面。
ここで最後のヒーローになり損ねるとは・・・。
崩れ落ちる僕と共に鳴り渡る終了の笛。

あー同点か。
でも最後まで見れて良かったな・・・。
と思っていたらなんと!
今からPK戦があるらしい!!!

えぇ~!!
見たい~!!
でもそれは絶対に無理!!
という訳で後ろ髪をぐいぐい引っ張られながら会場を後にして帰ったのでした。

帰ってからは最後の準備に大忙し!!
2人でドタバタと動き回ってなんとかキャンプの準備を整え終えました。
そして全てが終わった時に残っていた他の父兄の方から連絡あり。

見事我がチームは3位に入ったそうです!
しかもあの後 PK戦のキーパーをゐなせが努めて2本シュートを止め、
さらに最後のシュートを自分で決めて3位という栄光を掴みとったヒーローになったそうです。

あーーー残念。
そこがお前のヒーローになる瞬間だったのか。
でもあそこまで試合を見れただけでも良しとしよう。
しかしたった2人だけだった6年生がそれぞれ大活躍して得たこの望外の結果。
本当に良かったです。

僕もこれで地区長としての仕事は終了。
ほっと一安心です。
この後はちびっ子達21名が集結して本番のクリスマスキャンプという大仕事が待っているのですが、
そんなことは一旦忘れてこの時ばかりは勝利の余韻に浸らせてもらいました。

太鼓といいサッカーといい今年1年は息子からいい感動をもらうなー。
ありがとよ。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック