FC2ブログ

とりあえず由布岳

P9260587_convert_20180926130634.jpg

今朝も朝一の電車に長女を送り、
そのまま前夜から準備していた装備でどっか遠くの山に行く予定だったのですが、
起きるタイミングが悪かったのか、連日の寝不足が貯まってきたのか、
眠すぎて目がまったく開かねぇ~。

とりあえず一旦家に戻ると時間はまだ5時半。
目の前に横たわる布団と言う名の桃源郷。

そりゃー寝ますよね。
そして余裕の2度寝をかましてしまい、
しょうがないので第2便のチビ共を小学校の集団登校の場所に送ってから再出発。

この時間から行ける場所はもうここしかないっしょ。
はい。由布岳です。

奥さんと一緒に出掛けたのですが彼女は駐車場からとっとと先に出発し、
準備にもたついた僕は10分遅れでいざ山へ。

ではいってまいります。

P9260588_convert_20180926130704.jpg

少々の小雨がぱらつく中、
特に書くような楽しいことも起こらず、
いつも通り淡々と登っては極める東の山頂。

たいしてやる気もないので今日の登山は55分でした。
その時ピークに一人だけいたオジサマ。
ゼーゼー言いながら駆け上がってきた僕を見て言い放つ。

「おー、兄ちゃん速いね!そのペースだと大体30分位で登ってきたの??」

「えっ・・・30分・・・?いや・・・、55分位っす・・・」

「あー、・・・そう」

そんな何とも言えない気まずい雰囲気のまま山頂を後にする。

30分ってあの人は絶対にヒマラヤ山中に住んでる最強の山岳民族の人が、
仕事の都合で日本に移住してきた2世かなんかの人だよ。
そうに違いない。

と自分に言い聞かせながら・・・。

P9260589_convert_20180926130717.jpg

途中で奥さんも合流しこの曇りまくっていて景色も何もなかった本日の登山は終了~。
もとより景色なんて全く見てないので本当はどうでもいいのですが。

もうこの山には何の感動も新鮮味も感じないのですが、
逆にとてつもない安心感は常に感じてます。

今日もいつも通りトレーニングさせてもらってありがとう。
またちょくちょくよろしくね!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック