FC2ブログ

突如降ってい湧いた連休最後の自由

P9240505_convert_20180925190627.jpg

大いに賑わった3連休。
しかしいつでも終わりというのは寂しいもので連休の最終日の夜はお客様も少ないのです。

そんなただでさえ少ないお客様から朝電話が入った。
「すいませんがキャンセルで・・・」

なっにぃぃぃ~!!
そしてぽっかりと空いてしまった月曜の夜。

おいおい。
これはなにかのお告げか・・・?
というのも土曜日の運動会の振り替えとして子供達は火曜日までお休みなんです。

「まったく遊んでやれなかったこの休日の穴埋めをせよ!」
との天の声が聞こえる・・・。

外はぽつぽつ雨ですが行くしかなかろう!!
急遽お昼前から計画を練り即出発だ!!

同じように暇を持て余していた近所のちびっ子達も巻き込み、
みんなでとにかく出かけることにしました。

よし!まずは風呂入っておこう。
そして大分の誇る日本一の炭酸泉の名高い 長湯温泉のガニ湯へ。

P9240507_convert_20180925190641.jpg

これ、みんな普通に入ってますが実は外から丸見えです。
というか隠す気 0のこの温泉。
無料なので当然なんですけどね。

ほとんどオブジェ的なものなのでしょう。
入ってる人ほとんど見たことないですもん。
もし露出的な趣味をお持ちの方には合法的なのでとってもおススメですよ。

長湯温泉とは炭酸泉の湧き立つ泡を楽しむために温度が低く、
長くお湯に入っていられるというのがその名の由来。
低温の露天風呂はめっちゃ寒かったけど一応さっぱりしたかな~?
こんな9月の雨の日にはもちろん貸切でした。

P9240522_convert_20180925190705.jpg

続いて小雨にも負けず 九州のナイアガラの愛称を持つ原尻の滝へ。
韓国人お手伝いの為に立ち寄ったのですが、
驚いたことに由布院っ子たちも初めて来た!と言うではないですか!!

それはいかんっ!
ここは大分観光をRPGのゲームで例えるならスライムクラスですよ。
お父さんお父さんきちんとこまめにレベル上げをして下さい!

P9240524_convert_20180925190814.jpg

そして夕方の5時に今夜のホテルに到着です!
どうですかこの竪穴式の見事な風貌。
200万年前なら超高級ホテルですよ。

豊後大野市にある「ふるさと体験村」の宿泊施設。
これ1棟貸切で5,000円です。
ちなみに石の貨幣は使えません。

P9240529_convert_20180925190837.jpg

ここは施設内に河川プールがあってかなり楽しめるのですが、
さすがにこの時期はもう水が抜かれていました。

でもプールの底に生えた苔がツルッツルで水上スケートの様に滑るんです。
ただ残念ながら期待していた大ずっこけは起こらず・・・。

P9240534_convert_20180925191056.jpg

夜は少し文明を求めて大分駅に移動。

この時ナビが教えてくれた県道41号線。
このふるさと体験村からまっすぐに大分市の中心地まで伸びている道なのですが、
この野郎が信じられない程の酷道でした。

絶対に通らないでください!
と言いたいところなのですがもうあれは一つのアトラクションと思ってぜひ一度通って欲しい。

この時僕は車幅のあるハイエースだったので2週間くらいは寿命を使い切る集中具合でした。
僅か1時間ほどですがこんなに神経を使った運転も久々ですね。
即廃道にしてもいいレベル。

そして苦労の果てに辿り着いた都会の輝きは目に沁みました。
ここで食事後夜のパーティに備えて各自好きなものを買いまくります。

P9240538_convert_20180925190856.jpg

そしていよいよ夜のパーティターイム!

この竪穴式住居。
内部はきちんとキレイな板張りでさらに電気まで点くんです。
時代の推移ってありがたいですねー。

ここで好きなものを食べて飲んだ後は大ゲーム大会。
これが思いのほか盛り上がり夜の12時近くまで大熱戦が繰り広げられました。

そして夜は太古の夢に思いを馳せて・・・、
みんなお休みなさーい。

まだこの時期は寝袋1つで快適に眠れます。
突然できたお休みだったのですがとっても実りある午後となりました。
ちびっ子達も「寝袋で寝るの初めて!」ってな子もいたので良かったです。

しかし・・・。
明日もこのちびっ子どもは学校が振替休日なんですよね。
さーどうしたろうか・・・。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック