FC2ブログ

ペットボトル回収登山

P9190468_convert_20180919162911.jpg

今日も早起きは3文の得!
真っ赤に染まる東の空を眺めながらのスタートです。
朝の5時半から湯布院を出発し6時15分に長者原着。

先週末に行った 「サバイバル登山」でデポしたペットボトルの回収にやってきたのです。

P9190477_convert_20180919163211.jpg

吹き荒れる風雨で大荒れだった8日前とは打って変わり、
今日はまさに穏やかの一言。
まさに山日和ですね!

あたり一面はすっかりとススキが満開で、
秋深しの風情が至る所で溢れておりました。

P9190471_convert_20180919162959.jpg

あまりにも気持ちがいいので途中のすがもり小屋でちょっとお昼寝です。

濃霧の中でもこの小屋に辿り着けるようにと設置された「愛の鐘」の前で、
15分ほどリアルに寝てしまいました。

P9190475_convert_20180919163012.jpg

そのまま北千里を抜け久住分かれ小屋に置かせてもらっていたペットボトルを、
無事に回収成功~!!

水不足だけにはさせぬようにと置かせてもらった10Lの水。
しかし当日は雨と寒さでほとんど水の消費はなく、
結局あの日使ったのは1Lのみ・・・。

9Lのお水はここで植物さんにお分けして、
軽くなった6本の空ボトルだけをザックにしまいこみ、
これで今日のお仕事は終了です。

P9190476_convert_20180919163024.jpg

このまままっすぐに長者原まで戻るのも面白くないので、
牧ノ戸峠から反対側に盛り上がる黒岩・泉水の山々を縦走して帰る事にしました。

沢山の車が停まっていた牧ノ戸峠ですがみなさんのお目当ては勿論人気の久住山や中岳。
反対側の山に向かう人は一人もいないので、
今日も完全貸切の歩行となります。

一気に急な坂を登り切りまずは黒岩山をゲット!
大人気で多くの登山者が訪れるために散々踏み荒らされ、
草木も生えない荒れた地肌がむき出しの久住山ルートと違い、
ここにはまだまだ自然がそのままの姿で豊かに残っています。

P9190478_convert_20180919163037.jpg

こんな感じの深い草場を歩いていくのですが、
これがなかなか大変なのです・・・。
なにせ草の高さが身長位あるのでまったく足元が見えない!

ところがこれが面白いところでそこだけ草がない細いルートが足元には確実にあるので、
とにかく足を出せば半自動的にそのルートを辿っていってくれるんです。
目で見ずともオートマチックに進むというなかなか近未来的な歩行が楽しめるのですが、
ただし道上に石でもある場合は見えないので確実に転びます。

そして一旦転ぶと手足は鋭い葉っぱのナイフでスパスパ切られるので、
今日は体中擦り傷だらけでした。

そして計5時間で無事にもとの長者原へと帰還。
特に登頂の縛りなどがなかったので、
珍しくのんびりと音楽を聴きながら時間を気にせずに歩いた今日の登山。

やっぱり天気は大事だな~と痛感しました。
あと今夜のお風呂がまじでしみて痛そうですよ・・。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック