FC2ブログ

夏 最後のツーリング 2日目

P8290130_convert_20180830164329.jpg

今日もサンサン太陽ありがとサン!
朝一からは青島神社にお散歩です。

じりじりと照りつける陽光に実に似つかわしい神社です。
周りの海では早くも真っ黒なサーファーたちが元気に波乗りの練習をしていました。

なんかいいなー、こういうのいいなー。
サーフィンやったことないんですがいつかやってみたい憧れの一つですね。

P8290140_convert_20180830164348.jpg

ヤシの木や南の木々に囲まれたトロピカルな境内。
宗派を超えた魅力がこの神社にはあります。
それ程広さがないこの神社で僕が立ち止ったのは写真を撮った2ケ所だけだったのですが、
見事に2ケ所蚊に刺されてしまいました。

恐るべし青島神社の蚊の攻撃性能。
100発100中ですね・・・。

P8290149_convert_20180830164411.jpg

今日はこのまま宮崎中部にある尾鈴山を縦走する予定です。
さー出発だ!
と気持ちよく海沿いを走り出すバイク。

ババババブスンバババババブスンブスンババブスブスブス・・・・。
おいおい、なんだこのエンジン音は・・・?

なんとこのツーリングの最遠地にてまさかのバイクが故障です。
ひょえ~!!
なんとかだましだましバイクを走らせ途中にあった小さなバイク屋さんに助けを求める。
ここのおやっさんが超いい人だったんですよー。

親身になって必死にバイクをばらしてくれました。
ただし途中で全く必要のない場所をノリで分解しだし、
挙句の果てに直径2mm位の鉄のボールを落としてしまい、
2人でそれを見つけるのに30分費やすというハプニングはありましたが・・・。

結局4本プラグを全て交換し、あらゆる場所をばらして掃除してくれたのですが、
根本的な故障の場所はついに分からず!

3時間近く付き合ってくれたおやっさんに心から感謝しながら、
再び恐る恐るバイクは北へと走りだす。

すると交換のプラグが良かったのか朝よりも少し調子は良さそうです。

P8290151_convert_20180830164432.jpg

既に時間は1時半。
しかし意地でも山に行きたい僕はそのまま登山口へと直行する。
当初の予定では10時から登り始める予定だったのですが登山口で既に2時過ぎ。

なんとなく登るという集中力もすっかりと切れちゃってるのですが、
なんとか気合いで歩きだし登山口から45分でピークハント!!

思った以上にきつい山でした。
頂上からの景色もないしね。
でもこの辺りには無数の滝が点在してるんみたいですよ。
今回は残念ながら登山道沿いの滝しか見れなかったのですが、
またもう一回は来てもいいかな~。

予定ではこのあとゆっくりと温泉にでも入りに行く予定だったのですが、
この時の僕には2つの大きな問題があったのです。

まずは1つ目は時間。
この後 5時にひとつ予定が入っていたのです。
既に下山したのが4時過ぎ。

そして2つ目が持ち金。
常日頃財布を持たない僕は一人で出かける時だけ奥さんから必要なお金をもらいます。
今回持ってきたのは15,000円。
特に必要ないだろうと思ってもらった金額ですが、必要だったのです。

そう。バイクの修理代。
とても良心的なおやっさんは3時間もつき合ってくれたのに7000円にまけてくれました。
しかし予定外に吹っ飛んだ約半分のお金。

その時僕の財布に残っていた金額。
3,000円。

ふっふっふ。
なんかこれはこれで楽しくなってきたな。
とりあえず温泉行なんてってる場合じゃない。
川だ!!
川で身体洗おう!

P8300155_convert_20180830164457.jpg

そして凍えるくらいの水温の水で全身さっぱりと洗い流し、
服も全て着替えてキレイになったところで本日の待ち合わせの場所に行きましょう。
それがこちらです。

これもフェイスブックという最先端のネットワークの恩恵。
昔海外で一緒に働いていた先輩がここ宮崎にいることを知り、
今日は20年振りに会いに来たのです。

その先輩が・・・。

P8300158_convert_20180830164516.jpg

こちらでーす。
おひさしぶりでーす!!

20年の月日はお互いに大きく変わったところもあるのでしょうが、
全く変わらないあの時のままのところもありました。

当時協力隊としてアフリカのニジェールで1年ちょっと一緒に過ごした仲です。
僕はこの時農業隊員。
先輩は視聴覚隊員だったはずなのですが20年経って再会してみると、
僕はユースホステルを経営。
先輩はキャベツ農家になっていました。

どうやったらこうなるんだ・・・?
お互いに歩んできた長い長い波乱の20年という道のり。
今夜は思う存分語り合いましょう!!

そして長くて熱い夜はゆっくりと過ぎていきました。
なんか波乱万丈だったあの頃を思い出し胸がぐっとなるとってもいい時間でした。
先輩、ありがとうございまーす!!

無事に2日目も終了。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック