FC2ブログ

見晴らしが丘へ 夏

P8130152_convert_20180813152605.jpg

確かに忙しいお盆シーズンではありますが。
それでも来週には 湯布院の子供達を集めたこどもサマーキャンプがあってしまうのです。
毎年の事ですがこれが結構色々と準備が必要でして・・・。

今回のお手伝いは 韓国からの若者3人。
山の中の急峻な道なき道を子ども連れで歩くため、
なんとしても彼らにも大体のルートや道程を知って欲しい。

そんなわけで午前中の掃除が終わった直後に急遽組まれた即席登山隊。
よーし行くぞ!

P8130153_convert_20180813152732.jpg

道無き道へと踏み入れて10分。
険しい坂道を手と足を使って獣のようによじ登る出だしで、
早くも女性お手伝いのジュンがギブアップ!
早すぎるやろ~!!

しかし本番の前に彼女の実力が分かって逆に良かったです。
当日はユースホステルの掃除という裏方で彼女には頑張ってもらおう・・・。

そして彼女は一人来た道を引き返していきました。
残ったのは男 3人。
遠慮なくガンガン攻めよう。

P8130156_convert_20180813152747.jpg

急な坂を汗だらけになって登り切った後は岩場も待っています。
深く苔むした岩たちには何か歴史を感じてしまいますね。

誰の足跡も残っていないヴァージンロードはフカフカでとっても優しいです。
頭上から葉っぱの重なる形で幾何学的に落ちてくる陽光を受け、
ずっと鳴き続ける鳥の歌声をバックミュージックに遊ぶ。

ここは本当に贅沢な天然アスレチックだと思います。

P8130161_convert_20180813152806.jpg

そしてここがこのルートの一番の難所。
ラストの崖に挑む!

彼らもまさかこんなにハードなルートだとは思っていなかったらしく、
2人でひたすら笑ってました。

人間想像を遥かに超える出来事に遭遇すると、
気分が高鳴って楽しくてしょうがなくなってしまうようです。

P8130172_convert_20180813152818.jpg

そしてラスボスクリアー後に待っているご褒美がこの広がる大草原です。
「見晴らしが丘」

その名に恥じぬ見渡す限りの絶景を誇る丘です。
山から吹き降ろす風がまた気持ちいーんですよ!

P8130174_convert_20180813152834.jpg

折れた大木がまたいい味出してます。

この青と緑のコントラストがたまらんっす!。

P8130178_convert_20180813152852.jpg

最後は岩の上で智美が作ってくれたおにぎりをぱっくり。
あーうめぇー!
目の前にそびえる由布岳にもコンニチワとご挨拶です。

今回は男3人だったので総ルート2時間で終えてしまいました。
ただ当日はこの3倍の約6時間という時間をこの山中で過ごさないといけません。
それはスケジュールの関係上義務なのです。

ただ歩くだけだと時間が有り余るな・・・。
いかに山の中で無駄にちびっ子達を遊ばせるか・・・?
それが今回のサマーキャンプの大きなカギとなりそうです。

とりあえずルートもお手伝いの力量も確認できたし、
なにより素晴らしい風景に心の疲れが全て吹き飛んだ有意義極まりない中休みでした。

今日ももちろん満室ですよー。
この楽しかった時間を胸にそっと抱いて、
緩むことなくピシッと引き締めて働いていきたいと思います!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック