FC2ブログ

24時間サバイバルキャンプ 2018

P7290026_convert_20180730170529.jpg

もはや何度聞いた言葉か・・・。
またもや「観測史上初」というセリフと共に台風12号が東から逆走してきた!
てめえはボケたドライバーか。

しかも僕の一番大好きな企画 24時間サバイバルキャンプの日に被せてくるとは。
前日までずーっと酷暑続きだったんですよ。
明確な悪意を感じざるを得ないっす。

しかし絶対に止めない。
この企画だけは何が何でもやらせてください!

徐々に荒れ始める海に向かうのはこの7名です。
今回のサバイバルキャンプは途中でどんどん人が入れ替わる、
実に目まぐるしいイベントとなりました。

さーて本格的に危険が迫る前に入水だ!

P7290025_convert_20180730170515.jpg

しかし既に海は絶好調に濁ってるぜ。
そしてうねる波に揺られると若干酔うんですよね。
もちろん誰もいない貸切の海水浴場でみんなで潜りまくる。

しかしいつものセミプロダイバーKさんが苦戦しながらも今年も大きな仕事やってくれました!
いいお恵みいただきましたよ~。

P7290033_convert_20180730170547.jpg

ここで由布院からの元気な3人母娘とうちの奥さんと長女とイギリス人お手伝いが参戦!
さぁみんなで料理開始だ。

大切な食材は 今年も贅沢なランチへと姿を変えます。
タコの唐揚げ
魚の焼きもの
魚のムニエル
貝のツボ焼き
貝の照り焼き

P7290044_convert_20180730170619.jpg

それではいただきまーす。
かなり大所帯なのでもちろんペロッと完食。

今年もご馳走様でした。

外では益々風雨が強まってきます。
こんな時はインドアな遊びでもしようか・・・。

この近くにある「やよいの村」という場所では勾玉作りが300円で体験できるので、
こんな天気が悪い時は時々お世話になるのです。
さーいくぞ!
しかし車でやっとたどり着いたその場所にはまさかの文字が掲げられていました。
「本日臨時休館」
折れたか・・・。
この台風にお客様を迎えるサービス精神が折れてしまったか・・・。

まぁそこは公共機関。
しょうがないですね。

しかし僕にはもうひとつ秘策があるのです。
この近くで地元民だけでこっそり行われる「ホーヤク祭り」という超秘祭がこの日に行われるのをサーチ済なのです。
まだまだ奥の手は用意してあるんですよ。
ご安心ください。

そして車で向かうのはかなり山奥の方の小さな神社。
しかしそろそろ祭りが始まる時間なのにだれの車もない。
さらに神社の扉すら開いてない。

携帯で神社の電話番号を調べて電話してみると、
どっかに出かけている神主さんの携帯に転送された。

「祭り・・・?何言ってるんの?今日台風だからないよ」
はい、終わった。

P7290059_convert_20180730170648.jpg

恨めしき台風はますます我々をバカにするように荒れ狂ってきました。

やることないよ。
いや、そういえばこれサバイバルキャンプだったよね。
やっぱこんな時はサバイバルしましょうか・・・。

やっと午前中の冷え切った身体が元に戻ってきたばかりですが、
もう一度行っとこう、海へ!

もはや痛いくらいに叩きつける大雨の中気合いで潜ったり遊んだりと再び海に向き合う。
2度目の海は益々濁って荒れていました。

P7290066_convert_20180730170707.jpg

それでも2回戦でもこれくらいのお恵みは再びゲット!
どうだー!!
しかし寒いんじゃぁ~!!

みんなで震えながらテント場に戻ると目を疑う光景が・・・。
なんと午前中に設置したテントが・・・。
風でふっとばされていた・・・。

毎年利用させて貰うテント場は屋根つきの超快適な場所なのです。
しかし横殴りの雨は容赦なくテント場にも降り注ぎ全面大濡れ!

途方に暮れるメンバーはショックのあまり車から出ることを放棄して、
30分位車内で現実逃避していました。

P7290068_convert_20180730170728.jpg

しかしその後徐々に雨足が弱まってきたので、
諦めて全員でテント場のお掃除を開始です。

調理班とテント撤収および干し班と 床吹上げ班に分かれてがっつり働きました。
その結果なんとか再びテント場に平和な空間が戻ってきました。

問題は・・・、持ってきた寝袋が全滅してしてしまった事。
まーどうにかなるかな?

今日2回目の食事は
ボラの刺身
アワビの刺身
魚の焼きもの
サザエの照り焼き

これまたすべて超絶品でした!

P7290101_convert_20180730170742.jpg

ここで夜になると空色が一変!
なんと海には煌々と月が照らされるくらいの晴れ空になってるじゃないですか!

ここで本日最後の参加者Sさんがおみやげもってきてくれました。
花火だ~、やった~!
今年は残念ながらキャンプファイアーができなかったので、
その代りに存分に火で遊ぼう。
なんで炎ってこんなに心ときめかすんでしょうね。
みんな大はしゃぎです。

その後も勢いそのままにゲーム大会で大盛り上がり!
みんなで笑って騒いで興奮して・・・。
ひさびさに子供に戻ったような楽しい夜でした。

そして一番の難所だったビショビショの寝袋でしたが、
勇気をもって寝てみると何の問題もなく熟睡できましたよ。
濡れてるか乾いているかはあまり人間関係ないみたいですね。

P7300146_convert_20180730170801.jpg

台風一過の朝。
一人先に起き出して波の音をボーっと聞く。
ホントは昨夜謳歌するはずだったこの自由をこの場でじっくり味わう。

こんな時に一緒に飲む朝コーヒーってマジ美味しいですよね。

この後は朝食タイム。
みんなで獲ってきたカニの味噌汁とカニの揚げ物。
美味しいんですけどやはり海鮮ってちょっと大人の嗜好品なのです。
なんとか口には入れるもののたくさん食べられないちびっ子たちは、
そろそろお腹が空いて堪らない状態になってきてます。

P7300152_convert_20180730170819.jpg

思いがけなく晴れたので予定を少し変更して、
みんなで自転車で海沿いのサイクリングコースを走る事にしました。

やっぱり太陽って最高ですね。
気温もグングン上がってきましたよー。

P7300155_convert_20180730170837.jpg

まだ一人で自転車に乗れない末娘。
どうしても彼女だけペースが遅れるので僕と2人で一番最後からゆっくりと走ります。

結局3グループに分かれたサイクリングは先頭チームだけが20Km往復を走り切りました。
お疲れさん!

P7300164_convert_20180730170922.jpg

ついに海で獲れたものだけを口にする24時間は終わりを告げようとしています。
前日の10時30スタートから25時間が経過。

いよいよルール解禁の焼肉屋に到着です!
いよっしゃ!さー食べまくるぞ~。

今年も無事に終わった24時間サバイバルキャンプ。
まったく思い通りにならなかったのですが、
それはそれで例年になく楽しい一夜でした。

また一年来年のこの企画を楽しみに頑張れそうです。
入れ替わり立ち代わりで参加してくれた14名の皆様!
そしていつも優しく時に厳しく受け入れてくれる海様。

本当にありがとうございました!
また来年もよろしくお願いしまーす。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック