FC2ブログ

酷暑を極めるツーリング 2

P7240163_convert_20180724210922.jpg

大都会の渋滞の中を走るには僕のバイクでは戦闘力がなさすぎる。

少しでも空いている時間帯に通過しよう。
そう決意した2人は朝の5時50分にはまだ車の少ない国道3号線をぶっ飛ばす。
やはり朝のこの時間は気温も上がっていなくて気持ちいいです。

今回の旅の目的地は「相島」(あいのしま)です。

福岡の新宮町の沖合にある小さな島。
小型定期船に乗り込み約20分くらい波に揺られるとあっと言う間に到着です。

乗り込んでいるのはほとんどが釣り人さん。
その中数名の観光客や外国人も来ていました。

そんな彼らのお目当てはというと・・・。

P7240175_convert_20180724211226.jpg

これですっ!
この相島は別名 ネコ島 と呼ばれるくらいたくさんのネコが住んでいて、
このネコちゃんに会いにくる観光客が近年後を絶たないそうです。
ネコパワー絶大ですね。

うちのチビ子もネコ大好き!
途中で買ってきたキャットフードのパワーで猫たちのヒロインとなっていました。
すり寄ってくるネコ達にご満悦の彼女。

はるばる遠くから来たかいがあったね。

P7240181_convert_20180724211532.jpg

毛皮を着た猫にとってやっぱりこの暑さは厳しいようです。
日影の涼しい場所でグデーン。

眠るの邪魔しちゃダーメーよ。

P7240178_convert_20180724211408.jpg

一通りネコと遊んだ後は海で遊ぼう。
福岡の大都会が目の前に見えているのですが水質はとっても綺麗!

2人でひたすらクラゲを捕まえて遊びました。

蝉の声が会話が難しいくらいのボリュームで島中に鳴り響きます。

P7240183_convert_20180724211639.jpg

帰りの船が出るのは2時間半後。
島を歩き回りネコとも遊びつくし海に浸かるともうやることがない!

そこで島唯一の食堂でちょっと一休み。
この相島は名前もあいのしま。
そして島の形もハートに見えないこともないので愛を売りにしています。

この食堂の看板メニューの一つ。
相島コロッケも見ての通りハート型。
魚のすり身で作ってあり美味でしたよ~。

そして目的のネコ島も制覇したので後はいよいよ帰るだけだな。
こっからがまた遠いんですよ。

さーて気合い入れて走りしょう!

P7240186_convert_20180724211742.jpg

しかしやはりまだまだ小学2年生の末っ子。
疲れ果てたのか走っていると思わず寝てしまうのです。

シートの前に乗せているのですが熟睡すると腕に完全にもたれてくるので、
それキープするのは至難の業です。

あまりにも寝相が悪くなるとやむなく休憩を取ります。
何度もバイクを止めて休憩時間をとるのですがやばいな・・・。
このペースでいくと帰れないぞ・・・。
なにせ今日はお客様あり。
15時まで帰らないといけないのです。

そんな焦る僕に追い打ちかけるように大事件が勃発。
バイクの調子がおかしい。

登りでスピードが上がらないのです。
マフラーからのエンジン音もどんどん変な音に変わってきています。
これは本格的にやばそうだな。

なにせこのバイク。
奥さんが20年以上前から使っている骨董品級の代物なのです。
いったん大きな町に戻って修理してもらおうか?
いや・・・。
それでは仕事に間に合わない。

なんとか気合い帰ってみよう!
そう決意して最後の峠に向かう。

ただ徐々に落ちていくスピード。
そして峠の手前で・・・、ついにエンジン完全停止~!!
やっちまった~!!

エンジンかからないバイクの横でいまいち状況を読めずに大喜びの娘。
ちくしょー。
こうなりゃ歩くしかないな。

とバイクを押しながら歩きだすもこれで湯布院到達は完全に無理でしょう。
汗だくで腕の筋肉がプルプルしだした辺りで結局最後の決断を下す。

「助けてもらおっと」

まずは奥さんに電話してどうも今日は時間までに帰れなさそうと告げる。
すまんが1人でなんとかしてくれっ!

そして福岡に住む義父母にお願いして迎えに来てもらうことにしました。
義父家は農家なのでなんでも持ってます!
この突然のお願いに軽トラとロープを持って駆けつけてくれました。

P7240187_convert_20180724211935.jpg

そして愛車は無事に軽トラに積み込まれそのまま福岡の修理工場へ。
しかし時間がもう夕方近かったということもあり、この日のうちに直すのは難しいと。

泣く泣く相棒をその場に預けて僕と娘は今夜は義父母宅へとお邪魔することになりました。
ここで旅の緊張が一気に解けたのか、
気が付くと炎天下の中でバイクを押しまくったのが堪えたようでなにやら頭がフラフラ・・・。
若干やばそうな予感。
夜は義母さんの御馳走をいただき10時前には速攻で死ぬ様に眠らせてもらいました。

愛機故障というとんでもないハプニングで幕を閉じた今回のツーリング。
ただ思い通りにならないことこそが旅!
娘にはそれを知ってもらえたのならこんなハプニング大歓迎です。

またバイクが無事に直ったら秋にでもどっか走りに行こうぜ!
お疲れさーん。

湯布院カントリーロードユースホステル
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック