中岳へお礼参り

P7090054_convert_20180709162047.jpg

先週無事に日本一の富士山に登頂することを報告するために、
今日は朝から九州本土最高峰の中岳へと向かう。
出発前にも登頂祈願をしてきたのでお礼も兼ねて。

いつもはどうしてもその辺の山にも寄ってしまうのですが、
今日はまずはまっすぐに中岳を目がけてどんどん歩を進めます。

P7090055_convert_20180709162307.jpg

それにしてもいいお天気でした。
ここ数日の大雨が嘘のように晴れあがった空。
時折吹く強風も程よく汗を拭ってくれる天然タオルの様です。
雨上がりの後の緑達も久々の光合成を心から楽しんでいるようでした。

P7090061_convert_20180709162328.jpg

どんな大雨にも大風にもびくともしない山小屋。
さすがですね~。

ちなみに今回の大雨でも九重の山々に被害はないように思えました。
これからいよいよ山シーズン開幕ですかね!

P7090066_convert_20180709162341.jpg

そして富士登山の報告とお礼を中岳に!
新しい山に登る時ってワクワクが止まらないのですが、
このいつもの九重に登る時の安心感と開放感もほんとに大好きです。

いつも心の安らぎをありがとうございま~す。

P7090070_convert_20180709162353.jpg

少し時間が空いたので今日は久々に鳴子山へと足を伸ばす。
九重の上ステージで最も離れた場所にあり最も行きにくい山です。
多くの山マップにはその名前すら載っていないので知らない人も多いでしょう。

実際にこの山への往復は道も狭く険しくかなりの体力を消耗する割には、
あまり達成感のない山です。

それでもちゃんと1600mオーバーですからね。
今年の9月に開催予定のイベント 
「24時間サバイバル登山 16サミット」の時に避けて通れぬ山なのです。

※16サミット  1600m越えの山を全山走破すること

P7090071_convert_20180709162404.jpg

今日も久々に心の湿度を完全に乾かし切る爽快な登山でした。
この後昔うちで働いていた香港人が友達と一緒に遊びに来てくれたので、
帰り道の途中にあるお店でガレットランチ。
1年ぶりの再会を楽しみました。

しかしここのガレットとパン相変わらずグレイトに美味いっす。
ちなみにここまで奥さんは走って来てます・・・。

天気予報を見るとしばらくお天気マークが続いてますね。
だれか一言。
「梅雨明け」と告げてほしい!

そして夏を身体全体で受け止めたいものです。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック