FC2ブログ

やっと雨の勢力弱まる

P7080006_convert_20180708212555.jpg

西日本を襲った記録的な大雨。
TVを点ける度に増えていく被災者の数に胸が痛みます・・・。
幸いにも由布院は今回は被害がなくて済みました。

それでも福岡からの交通網は完全に遮断されてしまったため、
土曜日の予約はなんと9割キャンセル!
痛恨だ~!
今朝はたった一人だけ車で来てくれたお客様を丁寧に送り出すと、
その後に広がっているのは膨大なる自由時間。

空は変わらずにわか雨を落とし続けていますが、
こんな時こそ気分をアゲアゲにするためにお出かけしよう!

まずは安心院ワイナリーへと立ち寄り、
僕とちびっ子以外はみんなワインの試飲でほんのり紅色に。
遊びのガソリン入ったかい??

P7080007_convert_20180708212610.jpg

続いて今日のターゲットは豊後高田市。
ここは「昭和の町」を前面に打ち出してただ今人気急上昇の場所なのです。

ちょうどこのボンネットバスの無料周遊ツアーの時間に間に合い乗ることができました。
町中をガイドさんの説明を聞きながらゆっくりと周るツアーです。

しかしながら数は多くないにしろ、
今まで何人かのガイドさんの説明を聞いてはきましたが、
今日くらいにぶっ飛んだガイドさんに出会ったのは初めてです。
衝撃的すぎて震えました。

それくらいにやりたい放題にしゃべりまくるガイドさん。
これにはもと関西人の僕も笑い転げっぱなし!
いやー久々に恥と見栄とプライドを捨て去った生き物を目の当たりにしました。
人間突き抜けるとここまで面白くなるんですね。

土日しかないそうですがこのツアーはぜひぜひ参加するべきです!

P7080012_convert_20180708212633.jpg

せっかくポーランドからのお手伝いのオルガがいるので、
昭和の街並みを再現した博物館を見て回る。
所狭しと並ぶ古く懐かしい物やポスターやおもちゃの数々に、
よく分からないなりに感激しながら見て回る彼女。

そんな中最近できたと思われる博物館がありました。
それがチームラボが展開している塗り絵が動き出す「チームラボギャラリー」

中にある塗り絵に好きなように着色していくと、
それがかなりリアルな姿になって目の前のスクリーンに映し出されるのです。

[広告] VPS


その様子がこちら。
なかなか皆さん個性的なキャラクターが多いですね。

ちなみに僕のは身体に「湯布院」とタトゥーをいれた一つ目の男です。

P7080032_convert_20180708212657.jpg

さらにチームラボは近くの真玉海岸にもうひとつギャラリーをかまえています。

こちらは暗い部屋に入ると4面に国東半島に咲く花々が咲いては散りを繰り返し、
そのまま次々に季節がいれかわっていくという作品です。

圧倒的な映像美と透き通る音楽が交わる空間はとても荘厳でした。
だれもいなくて貸切っていうのも良かったですね。

みんなで用意されたでっかいクッションに寝転んでしばらく夢の世界にトリップ。

P7080040_convert_20180708212736.jpg

さらに国東が今売りにしようと必死なのがLOVEなのです。
道路の名前も「恋叶ロード」とあからさまに名付けたりしちゃってます。

さらに道路沿いの海を見渡せる公園には縁結びのモニュメントが!
いかにもできたてらしく汚れ一つない像には、
これまた2人の名前が書かれたピッカピカな恋の鍵が沢山かけられていました。
皆さんも歴史を作るのに一役買ってはいかがですか?

P7080046_convert_20180708212808.jpg

そしてこのあたりから重く垂れ下がっていた雲がスーッと流れ始める。
その切れ目からは時々なにやら明るいものが。
晴れや・・・。

さーついにこの時がきましたよ!
雨なのでインドア系の場所ばかり考えていたのですが、
この天からのお誘いの光を受けて急きょ予定変更です。

目指すのは1時間ほど歩いて目指す「大不動窟」
最近見つけた中々の穴場の洞窟です。

洞窟の中から眺めると外界に広がる緑と石柱がなんとも素敵な場所です。

P7080052_convert_20180708212831.jpg

なんとか必死で着いてきた母親はもうヘロヘロ。
いやー本当に晴れてきて良かったね。

ひたすら海沿いをドライブしながらも、
時間の関係で残念ながら「泳ぐ」という選択肢を入れられなかったのですが、
大雨の影響か茶色く濁った海面を見ながら今日は諦めます。

最後はオルガ待望のお寿司を食べて今日のお休みは無事に終了です。
なんかまた台風が南の方でできてるみたいですね。

なんとか逸れてほしい。
今はそれを心から願うばかりです。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック