国東最高峰 両子山へ

P6110025_convert_20180613150923.jpg

6月だ!
梅雨だし連休もないのでお客さんも少ない!
そんな時は仕事しよー!

という訳で毎年恒例の全床塗り直しを決行中。
ただし今年は一回にやるのではなく数日に分けて行うことにしました。

床は塗ってしまうと後は乾くのを待つのみです。
その待ち時間を利用して奥さんは悠然と上京を開始。
2泊3日で東京へと行ってしまいました。

残った僕とチビたちは食って飲んでと好き放題に振る舞う。

P6130027_convert_20180613150716.jpg

そして今日は朝から国東半島の最高峰 両子山 (ふたごやま)へと行って来ました。
なにせ梅雨の間のこの晴天ですからね!
じっとなんてしていられない。

実は国東の山々はまだ有名どころ以外はほとんどノータッチなのです。
なぜならここまでめっちゃ遠いんです。
この日も家からここまで1時間40分。
往復で3時間以上を使うとなるとやっぱり躊躇しちゃいますよね。

さてこの山の入り口はここ両子寺です。
ここはどうも修験の地であるこの国東の中心地みたいですね。

しかしここから山に登るためには300円の拝観料を支払わなければいけません。
なぜ山に登るのに参拝料がいるのか?
納得いかんですがまぁ止むを得んでしょう・・・。

P6130028_convert_20180613150746.jpg

登り出すと早速それらしい場所がでてきましたよ。
「針の耳」

実は九州の山に登ってると結構この名前が出てくるんですよね。
狭いルートを総称してそう呼んでるのかな?
この言葉って山の専門用語なんでしょうかね。
調べても全然分かりませんでした。
誰かこの意味と由来と使用範囲などご存知の方おられましたらおしえてくださーい。

今回の両子山 標高は720mとそれほど高くはないのですが、
途中のルート設定はまったく手加減なしです。
とにかく急なのです。

ガンガンと一気に標高をあげるあげる!
こういうルートは僕の大好物なのですがこれは一般登山者には少し酷ですね。

仏様。
なにかというと「修行」という言葉を使えば何をしてもいいと思ってませんか?
このルートはかなり作りが雑ですよ・・・。
「人に優しく」
この貴き精神で登山者の気持ちに立った道作りをお願いいたします。

P6130037_convert_20180613150759.jpg

そして急坂の先には一気に視界が開けた山頂が待っていました!
頑張った甲斐あってここからは国東が全て見渡せます。
気持ちいーなー、さすがは最高峰!

それにしてもいいお天気ですねー。
もう誰かこのまま勢いで梅雨明け宣言しちゃってくれません?

ちなみに帰りは別の車道を下っていくルートがあるのですが、
こちらも恐るべき角度で作られており、
膝へのダメージは致命傷になりかねないレベルでした。

この全ての無駄をそぎ落とした直登直下ルートのおかげで、
結局この登山に費やした時間は僅か45分後。
こんなんじゃー全く物足りねぇ~!

P6130040_convert_20180613150822.jpg

という訳でもう一本いっときました。
次は最近その写真の風景が気になる!
ということで密かに人気急上昇中の国東の穴場スポット

「大不動岩屋」 です。

岩壁の中腹に掘られた広い岩窟内には祠があり、
その内部から眺めると国東特有の突き出た奇岩がそびえる、
絶好のインスタ写真が撮れる場所なのです。

駐車場もないので道路沿いに止めた後は歩いて30分くらいで着きます。
ただし限りなく見落とすしかない位の大きさの看板しか立っていないので、
目を皿のようにしながら運転してきてください。

P6130043_convert_20180613150836.jpg

その後温泉で汚れた身体と心をさっぱりと洗い流し、
ボリューム最大のバックミュージックに揺られながら車のハンドルを向けたのは、
大分空港。

2泊3日のシティライフを満喫してきた奥さんを拾うためです。
なんと10分以上も予定時間よりも早く着くというお利口な飛行機のおかげで
全く待ち時間なく合流できました。

行きも送って帰りも拾いに来る。
この優秀なアッシー旦那に突然切りかかってきた彼女の刃は
「ゴメン!おみやげ買う時間なかった!」という非常な一振りでした・・・。

てめぇ~!
おみやげ買うためにいってきたんじゃないのか??

どうも違ったらしいです・・・。

そうしてまた帰ってきたいつもの日々。
でも来週は僕が上京する番なのですよねー。
ずっと会議で行くだけなのですが。

天気予報ではしばらくは晴れマークがチラホラと踊っています。
それだけでもうワクワクしますね。
この梅雨の中休み、しっかりと心のやる気を干しておきましょー。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック