FC2ブログ

野イチゴ摘み ふたたび

P5270070_convert_20180527191155.jpg

天気予報が・・・、ずれ込んだ!
曇り雨のはずの日曜日。
朝からカラッと晴れ渡ったぞー。

これには土曜宿泊で山登りに来ていたお客様も大興奮!
早朝から続々と旅立っていきそれに合わせて館内掃除もサクサクと終わらせ、
さぁまるまる午後から空いた。

しか~し
「部活の疲れをゆっくりと家でとりたい」
「もう友達と約束してる」
と遊ぶ気満々の父親にあわせる気100% ゼロ の長女と長男。

どんなに手塩にかけて育てても・・・、
子供っていうのは結局はこうなっていってしまうんですね。
父は寂しいっす!!

ただ「行こっか?」
と聞くと必ず「行くっ!!」
と即答で答えてくれる我が愛すべき末娘の存在が僕にはあるのです。

じゃあ今日は3人でお出かけ決定だ!
先週全く見つけられなかった野イチゴ摘みへのリベンジに向かうことになりました。

P5270068_convert_20180527191141.jpg

来月開催予定の「野イチゴジャムツアー」の参加者がとんでもなく多そうなので、
今年の野イチゴの出来具合の確認と予備のジャムの作製をしておきたかったのです。

ただ昨年は豊作だった野イチゴが・・・。
今年はやっぱり実っていない!
気候が悪かったのかなにか自然の影響なのか・・・?
とにかく森中歩いても中々赤い宝石は見つからないのです。

こりゃ来月のツアーやっべーな・・・。
と思っていたその時っ!!

ふと入り込んだある茂みに凛凛と輝く黄色い果実。
これは!木イチゴだぁ~!!

さらにその奥に潜り込むとあるわあるわ!
まさにここは木イチゴの森!
捨てる神あれば拾う神あり。

不作の野イチゴの代わりとばかりに新たに木イチゴが名乗りを上げてくれたのです。

P5270078_convert_20180527191217.jpg

そして30分ほど獲りまくって沢山のお恵みを頂くことができました。
この大量になっている木イチゴの量をみると来月のツアーも大丈夫でしょう。
そんな安心感の中これらのイチゴ達はほとんどが末っ子のお腹へと消えていきました。

それにしても新たな狩場を見つけたことは本当にラッキーでした。
この自然からのお恵みの収穫は一切特別なスキルは必要としません。
誰でも獲ることができます。
一番重要なのは「その場所を知ってるかどうか?」と言うことなんです。

またひとつ僕の秘密の狩場が増えて嬉しい限りです。
来月のツアーに申し込んでいる皆さん、どうかご安心ください。

P5270081_convert_20180527191240.jpg

手も足もすっかりと傷だらけになってしまった僕たちは、
九重連山のベースキャンプでもある長者原のカフェでちょっと一休み。

しかしさすがはミヤマキリシマ最盛期の日曜日です。
駐車場は超満車!
そこらじゅうがカラフルな登山服に着飾ったクライマーでごった返していました。
お、落ち着けない・・・。

P5270094_convert_20180527191258.jpg

そんな人ごみとは速攻でお別れして近くの青少年自然の家にあるアスレチックに移動。
ここは無料で広いアスレチック場が使える穴場なのです。
そしてなにより人が少なく静か!

いつもは邪魔してくる兄貴がいないので、
本日は一人好きなように自由を謳歌する妹。

P5270097_convert_20180527191311.jpg

彼女が夢中でアスレチックコースと闘っている間、
決して僕たちもボーっとしていたわけではありません。
コース脇にそっと顔を出していたわらびを見つけてはせっせと取り続けておりました。
おかげでこんなにいっぱい採れましたぜー。

これで帰ってからはジャム作りとわらび煮と忙しい夜になるな・・・。
海から頂くお恵みもありがたいのですが、
山から頂くものも季節感があって嬉しいですよね。

P5270099_convert_20180527191323.jpg

最後は玖珠市の山の中にある「ベリージュファーム」でパフェをいただきまーす。
ブルーベリーとピザが売りらしいこのカフェ。
周りの環境も素晴らしいし、穴場具合も良いし、
なによりパフェのレベルはかなり高し!です。旨かった。

いつも思うのですがこの大分県。
ちょっと走ればどこにでも素晴らしい観光名所やカフェが点在しています。
中々長期のお休みを取れない僕達ですが例え半休だけでも十分に満足させてくれる。
本当にありがたいことです。

聞くところによるとどうも九州南部が梅雨入りしたとか・・・。
これから一時こんな晴れ日はどんどん減っていくんでしょう。
みなさん大切に大切に使っていきましょーね!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック