FC2ブログ

久々に別府までラン

P4090001_convert_20180409154055.jpg

澄み渡る青! とはいかないまでもそこそこのお天気に恵まれた本日。
昨日は掃除を途中で放棄して遊びに出てしまったので、
まずは残りの掃除を片づけることから始まる朝。

9時過ぎには全て終了し、
さぁーこっからがいつも通りのマンデー登山だ。
しかし移動時間が惜しいこともあり今日も近場の別府越えへと向かいます。

しかしさすがにこのコースも行き過ぎの感がありありなので、
今日は気分を変えて塚原高原のど真ん中から、
まっすぐに道なき道を直登登山することにしました。

山の中に入ると周囲の様子は全く分からなくなるので、
見晴らしの良いこの麓付近で慎重に登るルートを見極めながら進んでいきます。
本来ここまで慎重にならずとも「行きさえすればどっかに着く!」
という道なき道開拓者ならではの楽しみがあるのですが、
忘れもしない2年前のあの事件。

熊本・大分を襲った大地震によってこのあたりの山の地形は大きく狂ってしまっているのです。
ルート選択を誤れば本当に命取りになりかねない・・・。

自由な山を愛する僕ですがもう何度かこの自然の歪みに痛い目にあわされてきたので、
今回はとにかくセイフティーファーストを第一に登っていきたいと思います。

P4090002_convert_20180409154107.jpg

麓の草原帯を足早に駆け抜けいよいよ山の原生林に入っていきます。
なにせまっすぐに上がっていくのでペースは速い!
どんどんと標高を稼いでいくのですが、
自然界にはなかなかいじわるなやつがいるのです・・・。

みて下さいよ。
この全身をトゲトゲで包み込み「絶対に俺に触んじゃねぇ!」と主張しまくりのこの木。

ちくしょー。
手袋してて助かったけどちょっとくらいはめったに来ない登山者を優しく迎えてくれよー。

P4090003_convert_20180409154120.jpg

そうかと思えば「あーやばい!次に手を掛ける木がないっ」
と思った時にちょうど手ごろな場所に掴み具合抜群の根っこがあったりするんですよ。

このツンデレがまた自然界に身を置く楽しさでもあるんですけどね。

P4090005_convert_20180409154132.jpg

ちょうど両側を谷に挟まれた稜線上を登っていくと、
左側の斜面がどんどんと崩れて急になってきた・・・。
これは2年前の地震の名残ですね。

一度これだけ大きく崩れてしまった土台に草木が生えるのは難しいらしく、
2年経ってもあの時のまま・・・。

壊れてしまったものはもう元には戻らない・・・。
そんな悲しき現実を今日も改めて突き付けられました。

P4090006_convert_20180409154146.jpg

さらに進んでいくと右の斜面も崩れ出してるじゃないですか!
どんどんと狭まっていく稜線上のルート。

これひょっとして最終的に道が途切れるっていう最悪のパターンか?
と不安になりながらも歩を進める。

ついに稜線沿いで歩ける幅は1mを切り、
両側の断崖に不安定に残っている岩を踏み抜かないように細心の注意を払いながら歩きます。
今日も高まる心臓と湧き出るイヤな汗・・・。

しかしいつもこんな事ばっかりしてますね、僕。
結果的にそうなってしまうのではなく、
あえてそうなる場所に自ら向かているのだからもうマゾ以外の何者でもないです。

この時も心がスーッと冷える様なドキドキに、
言い得ぬ興奮を覚えていたことを否定しきれない・・・。

P4090008_convert_20180409154159.jpg

結局この僅かに残った稜線が最後まで粘りに粘ってくれ、
かなり途中無理やりでしたがそのまま山頂へと向かう別の稜線に合流してくれました。

今日も楽しい恐怖と興奮をありがとう!
このルート、また機会があればツアーでお客さん連れてきてやろう。

そしてそのまま内山のピークをハント!
ここから一気に別府の駅近くのユメタウンまで走り降りました。

しかし結構これが長くて残っていたのは大体13kmほど。
デパートに着いた時にはヘロヘロでしたー。
ここで朝から仕事と勉強を集中してしまくっていた奥さんと娘と合流し、
車で拾ってもらって湯布院に帰着。

今日もいい汗かいたな。
パワー充電は完全完了!
また一週間頑張るぞ~。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック