FC2ブログ

広島ー愛媛 春休み旅行 後編

P4050108_convert_20180406163558.jpg

今回の旅は柔と剛を入り混ぜた3日間となっています。
初日のウサギとの触れ合いを柔とするなら、
2日目の今日はまさに攻めの剛の日。

広島の尾道から愛媛の今治まで伸びる80kmのサイクリングロードを走る日なのです。
しかし残念ながら車で来ている我が家は全てを全員で走り切ることはできません。
そこでバスや電車の時間などあらゆる可能性を綿密に考え抜き僕が導き出した計画がこれです。

智美・しきゑ・ゐなせ組
8:10 大久野島発 フェリーで忠海港へ
    その後電車を3回乗り継いで、
9:39 尾道駅着 ここで自転車 3台を借りてしまなみ街道 スタート!

良・わをん組
8:45 大久野島発 車を乗せてフェリーで大三島へ
    その後高速で今治駅へ
10:12 今治駅発 高速バスで大三島バスセンターへ
    多々良道の駅で自転車 1台を借りて大三島1周へ

さーて僕はちびっ子を後ろに乗せて大三島一周の旅へと出発だ~。

P4050113_convert_20180406163618.jpg

まずは島一番の有名どころ 「大山祇神社」へ
こんな大きな楠が至る所にある立派な神社です。

しかし走り出してあることに気が付く。
この自転車・・・、ボロ過ぎないか・・・?

確かに今超人気のこのしまなみ街道。
レンタル自転車は人気の時は朝から長蛇の列ができるくらいだと聞いています。
その中でも子供を乗せる用の自転車はほとんどないということで、
事前に予約をしてわざわざこの島のレンタルショップに運んでもらっていたのですが、
至る所が錆びてるし前カゴもガタガタいうし、なによりもギアが3段のみ・・・。

これにちびっ子のおもり付き。
これはなかなかの厳しい戦いになりそうな予感がプンプン漂ってきましたね。

P4050116_convert_20180406163636.jpg

美術の島と謳っているように小さい島内ですが3つも美術館があります。
その中の「ところミュージアム」へ

ここが意外にも良かったのですが、
さすがにしまなみ街道のメインルートから外れているだけあって、
自転車で来てる人はほとんどいませんでした。

ここで受け入れがたい事実に直面するのです。
特に自転車を普段からしているわけじゃないとはいえ、
登りにはかなり自信のある僕ですが・・・、
なんとっ!この自転車ではちびっ子を乗せた状態では坂を登り切れない!

ここで父は偉大なメンツを捨てて、末っ子にお願いしなければいけませんでした。
「ごめんね・・・、登り坂の時は・・・、降りて走ってくれる?」

心優しき娘はもちろんニッコニコでOK!

こうしてひょんなことから後ろで楽しく座ってるだけと信じ切っていた彼女にも、
大いなる戦いの火ぶたが切って落とされたのです。
さぁ一緒に頑張ろうぜ!

P4050129_convert_20180406163654.jpg

こうして2人で乗ったり走ったりした大三島の旅 30kmは無事に終了。
ここで尾道からスタートした別組に連絡してみると、
なんとゐなせの自転車がぶっ壊れて取り替え待ちとのこと。

ここ大三島はしまなみ海道のほぼ中間に位置しここで合流する予定だったのですが、
思いのほか遅れている3人を置いて先に進むことにしました。
何故なら登りで確実に遅れてしまいそうなので・・・。

その後飛ばして走ってきた後続隊とも隣の「伯方島」で無事に合流!
そうですよ。
あの「伯方の塩」で有名な伯方島です。

さぁここからやっと5人で走れるな。
残りは約30kmや。
気合い入れろよ~!

P4050126_convert_20180406163950.jpg

このしまなみ海道、島を走ってる時は気持ち良くていいんですよ。
比較的アップダウンも少ないし。
問題は6つある島を超えて行く時なのです。

なにせ下を通るであろう大型船を考慮されて作られた橋はとっても高い位置に架けられており、
毎回島を渡るたびにめっちゃ急坂を登らないといけないのです。
そして登って渡ったらまた一気に下ろされる。

ここでいかに心折れないかが勝負どころです。
しかし自転車ってなんでこんなにお尻痛くなるんですかね?
このサドルの形って自転車専用のパットの入った高いパンツを売るために、
わざと痛める設計で作られてるメーカー側の巧妙な罠って可能性ないっすか・・・?

P4050142_convert_20180406164006.jpg

いよいよ日も沈みかけてきました。
走り出して5時間程が経過。
ようやく最後の橋を渡り終えて四国へと突入する瞬間です。

先頭を勇ましく走るのは 長男ゐなせ。
彼は2年前にも僕とこの同コースを走っています。
それだけに序盤戦の3人での走行時はかなり智美に期待されていたのですが、
彼が一番遅かったらしく相当攻められてました、

ただ最後はやはり男としての根性を見せて頑張っていました。
坂の上に建つ我がユースホステルの立地上、
彼は普段からまったく自転車に乗る事ないからなー。
こればっかりはしょうがないな。

そして夕方の6時半。
ついに全長 80kmに及ぶしまなみ海道を制覇!(僕達は約70km)
今治駅へと帰ってきました!
想像以上の達成感にほころぶ5つの笑顔!
今回のは、中々やりがいあったな。

みんなこれでやっと足の筋肉痛とお尻の痛みからも解放です。
ちなみに僕の後ろに座っていたちびっ子もかなりお尻痛そうでした・・・。

P4050153_convert_20180406164033.jpg

この日のお泊りは道後温泉。
子供達を温泉に入れて部屋で寝かせた後は、
大人の時間を堪能しに2人で街に出かけました。

夕方の5時過ぎにはほとんどのお店が閉まってしまう由布院とは違い、
道後温泉のお店は21時過ぎの時点でも煌々と空いてました。
えらいな~。
それ以外にも四国はこのチャリダーとお遍路さんという2つの特別客に、
ホテルや観光地全体がかなり力を入れていました。
九州ももっとできることがあるはず!
見習うべきところは多々ありますね。

最後はバーで軽く飲みながら一息ついたところで、長い戦いの一日はようやく終了です。
お疲れさん。
今日もみんなよく頑張りました。

最終の旅行3日目は朝一からひたすら帰るだけ。
なにせ夜は営業があるのでその準備の為に昼過ぎには帰らないといけないのです。

晴天の初日。
曇りながらも降らなかった2日目。
しかしついに耐えられなかった3日目、空は大雨になってました。
ほんと天気に恵まれてラッキーでした。

いよいよ新年度の始まり。
長女の高校生活と共に僕も新しい生活サイクルを作っていかないといけません。
気持ち新たにまた日常を楽しんでいきましょう!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック