FC2ブログ

春休み 金沢へ 前編

P3241661_convert_20180327155139.jpg

息子の太鼓の全国大会への出場を機に、
応援に駆け付けるために金沢へと向かいました!

奥さんは息子達に付っきりで別便で行くので、
今回の遠征メンバーは 僕 しきゑ わをん ダブル母の5人です。

実は出発の時から波乱続きだった今回の旅。
なんとこの日の朝福岡空港で飛行機がパンクしてしまい一時空港が閉鎖されたのです!
おいおい、どこの迷惑な空港会社だ?
なに??ピーチ??
それ俺らがのるやつや~!

結局空港閉鎖はすぐに解除されたのですが、
その1時間くらいの間のすべての発着陸は禁止で大騒ぎだったようです。(空港の人談)

ピーチの便も午前中は多数の運休が出ていたのですが、
幸いにも僕たちが乗る夕方の便には支障がなく、
なんとか出発することができました。

出発便まで少しだけ時間があったのでみんなで途中の秋月を散策中。
ここ山の中にある小京都的な場所で静かでいいんですよ。

残念ながら桜は1週間ほど早かったのですが、
ポカポカ陽気の中のお散歩はとても気持ち良かったです。

P3241668_convert_20180327155235.jpg

ピーチ便は午前中の汚名挽回(?)とばかりに。見事時間通りに関空へと着。
この日のお泊りは大阪 長居の近くのホテルへ。
さぁ腹へったぞ。大阪と言えばお好み焼きやっ!

その本場の味に娘も大喜び。
大好きなウーロン茶片手に「沁みる~!」と連呼しておりました。

こりゃ将来の呑兵衛は見えたな。

P3251675_convert_20180327155447.jpg

翌日は朝5時半からレンタカーで出発。
金沢まで遠いぞ!

ここで関西在住の友人も2人加わり大騒ぎで決戦の地を目指します。
僕の懸命の運転が功を奏し、
なんとか開会式の途中で会場へと到着。

ゐなせ達の演奏は4番目。
この後お昼までひたすら各チームの演奏に身を委ねます。
あー真剣勝負の場っているだけでビンビンきますね!

しかしさすがに一日中聞き続けるわけにもいかないので、
途中から金沢観光を敢行!(シャレじゃないよ)

まずはすぐ隣にある 「21世紀美術館」へ。
今すっごい人気らしいじゃないですか。
どのガイドブックを見てもここは必ず行け!って書いてますよ。

そして入口に入ってびっくり!!
なんじゃ?この行列は・・・?

そうなんです。いつも平日にお出かけする習慣が身に付いている僕は、
今日が日曜日だってことをすっかりと忘れておりました。

ここで時間を無駄にするわけにはいかない・・・。
幸いにもこの美術館、中に入らなくても外にもいくつか無料で見られる作品があったので、
それを見て行った気分になろう。

P3251683_convert_20180327160000.jpg

続いてお決まりですが「兼六園」も散策。
桜はまだでしたが梅はキレイに咲いてましたよ。

広い園内を掻い摘んで歩き30分くらいで手短に終了~。

P3251686_convert_20180327155257.jpg

続いてこれも今金沢で大人気らしい世界的パティシエの辻口さんのお店に行って来ました。
美術館は待てないけど・・・、スィーツは待つ!

30分待って辿り着いた飾りも美しいケーキたちはとっても美味でしたよ。
ただしスィーツに関してはその品揃えでダントツ上を行く湯布院にいるためか・・・?
桁違いの美味しさという訳ではなかったような・・・。
ここまで並んでまた来るかどうかは・・・、実は微妙ですね。

この後お昼は有名回転寿司屋へ。
僕は回るお寿司に500円という値がついているのを初めてみました。
子供達も味よりも値段にビビって中々思うように注文できず。
こういう所で普段の生活レベルが見えちゃいますね~。

P3261722_convert_20180327155421.jpg

この後再び太鼓の会場入りした僕たちは更に1時間ほど残りのチームの演奏を楽しみ、
いよいよ18時からの結果発表に備えます。

その運命の結果は前回お伝えした通り見事に、全国優勝!
この夜の酒は旨かった・・・。
あまり飲める方ではないのですが金沢の日本酒を浴びるように飲み、
さらに普段ほとんどしない締めラーメンも経験し、
ベロベロに酔っ払っての帰宅。

この日のホテルは 「KUMU」ホテル という和と洋が融合したオシャレ極まりない宿でした。
談話スペースで吐き気と闘いながら勝利の余韻に浸る夜。

わざわざ休みを取って金沢まで来て良かったな・・・。
でも実はまだあと1日休みを取ってあるのです。
もう心に残る事はなにもない。
明日は心の底から集中して観光させてもらおう!

つづく

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック