FC2ブログ

長崎ランタンフェスティバル 2018

P2251419_convert_20180226211235.jpg

この時期になると・・・、
妙に西の方角に心惹かれる。

そう、長崎が、ランタンフェスティバルが呼んでいるのです!
欠かすことなく毎年皆勤賞で通い続けるこのお祭りですが、
受験生の長女に考慮し今年はついに我が家からの参加者は、
僕と末娘の2人だけになってしまいました。
あとはドイツ人と台湾人の御手伝いを引き連れていざ長崎に出発だ~!

掃除終了後車を走らせ15時には長崎入り。
しかし生憎天気がよろしくないのです。
このパラパラと降る雨がさてこの後どうなるか・・・?

P2251435_convert_20180226211519.jpg

今年も変わることなく長崎の街は異国情緒たっぷりに輝くランタンで埋め尽くされていました。
歩くだけで楽しい。

ただ時々降りかかる雨のせいで傘が手放せない。
この傘ってやつが大問題で狭い中華街を歩くときも、
ステージでの出し物を見る時も相当邪魔になるのです。

確かに長崎には雨も似合うのですがお祭りの時だけは止んで欲しい・・・。

今年もいくつか出し物を見たのですがやっぱり中国雑技団は別格ですね。
人間業じゃないでです。
極めればこんなことまでできるのか!とただただ驚きました。
感動をありがとう。

P2251442_convert_20180226211534.jpg

今年はグラバー亭がハウステンボスとコラボして光のショーを見せてくれると聞きつけ、
さっそく行ってみました。

昼間の雰囲気とは違い夜のライトアップされたグラバー亭は眼下の夜景と合わさりとてもキレイでした。
さらに光りと音楽で彩られる3D プロジェクションマッピングも迫力満点!
さすがはハウステンボス主催なだけありますね。
お見事というしかない。

P2261461_convert_20180226211603.jpg

そして夜の20時30分。
ここでお手伝い2人とは別れを告げ、
ここからはちびっ子と2人で車キャンプへと出かけます。
何の予定もないので長崎の海沿いをひたすら走りそこらでゆっくりとお休みなさーい。

目覚めると昨夜の雨が嘘のように晴れ渡る空。
鏡の様に凪いだ大村湾の朝日です。
あぁうっとり・・・。

P2261470_convert_20180226211632.jpg

そして朝一からまずは渦潮で有名な西海橋にある「西海橋公園」へ。
当然平日の月曜日なので完全貸切です。

ここはアスレチックが相当充実していて楽しい公園なのです。
チビッ子も朝から大はしゃぎ。
何度も何度もこの草そりで滑りまくり汗だくになっていました。

P2261478_convert_20180226211719.jpg

続いて向かったのは佐賀県 嬉野にある 「メルヘン村」
子供向けの簡易遊園地なのですが・・・。
ここは微妙~でしたね。

未就学児を対象にしている遊園地ではあるのですがすでに園内の老朽化も激しく、
10台位しか乗り物がない遊園地コーナーではたった一人のお爺ちゃんの係員さんが、
子供に呼ばれるたびに走ってその現場に向かい乗り物を動かすという、
まさにワンオペ状態で、乗り物を頼むのが申し訳ないという状況でした。

入場料に見合う内容ではなかったですね。
ここはもう来ないかな~。

P2261492_convert_20180226211747.jpg

今日はひたすら末娘と遊ぼうということでなんと遊園地はしごという豪遊を決行!
続いては佐賀市にある「神野公園遊園地」へと向かいました。

乗り物の数はメルヘン村といい勝負でしたがここは入園料無料なので、
かなり良かったです!(乗り物は別料金)

さらに園内にはモンスターの絵が描かれたカードが沢山隠されていて、
それを探し出してはポイントを稼いでいくという子供用のウォークラリーのようなイベントがあったのですが、
この隠し方の難易度の高さが半端ないっ!

途中からは遊具乗り放題のチケットを買っていたにも関わらず、
2人で乗り物は諦めひたすらこのモンスター探しに没頭したのですが、
結局ミッションの半分もクリアーできず。

掛けた時間は1時間半。
しかも係りのお姉さんに相当ヒントを貰ってこの様です。

悔しい・・・。
こんなに熱く本気で閉園まで粘ったのにクリアーできなかったことがただただ悔しい。
ここにはまたもう一度来なければだめですね。
とてもいいとこでした。

今年もこれで無事に終わった春節の行事。
これからうちの仕事も一旦落ち着いた後、いよいよ春休みへと入っていきます。

気温も上がってきました!
あとは春と桜と新しい年度の到来を待つばかりだ。
いつでもこーーーい!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック