FC2ブログ

まだまだ雪山は終わらなかった

P2191385_convert_20180219162207.jpg

朝からシトシトと降りだした雨。
天気予報も見事に的中の雨。
そうか。今日は一日中雨なのか・・・、
と思いながら裏の由布岳を見上げると見事に白く染まっているではないですか!

山の中腹にはっきりと見える白と緑の境界線。
あそこが雪を雨へと変えてしまう温度帯なんだな。

ということはあそこより上に行けば雪山だ!
一日まったりしようかと思案していた奥さんを道ずれにして早速準備開始。
本日向かうのは鶴見岳です。

僕は西登山口から。
奥さんは中央登山口から。
お互いにペースが違うので今日は別ルートで山頂を目指します。

P2191386_convert_20180219162218.jpg

まだ下の方の登山道は地面が見えるくらいのうっすら雪。
ただし今日の雪は歩きにくかったです。
とっても重いべっとりとしたやつ。

雪だるま作るために転がすとみるみると大きくなっていくタイプの雪ですね。
それが足の裏にくっつくんですよ。
歩いていると足の裏の雪塊が徐々に大きくなっていき大変邪魔なのです。
こんなパターンは初めて。
何度も雪を払い落しながら登っていきます。

P2191387_convert_20180219162228.jpg

中腹を過ぎたあたりからはもう一面真っ白。
雪の境界線を完全に越えたようです。
途中の最深部は約40cmほど。
まだ結構残ってますね。
これくらいの深さがあると存分に雪歩きを楽しめます。

P2191388_convert_20180219162239.jpg

そして一気に飛ばして僕は一足先に山頂にゴーーーーール!
ここ鶴見岳は麓からロープウェイが伸びており、
だれでも超お手軽に山頂に来れてしまうという、
あまりありがたみのない山です。

今日もこの山頂の標識の周りには多くのオシャレな普段着の中国人のグループがたむろっていました。
ひたすらカメラを取り続ける彼らの間隙をついてパシャリ!

P2191389_convert_20180219162249.jpg

やり終えた僕は満足感に包まれながら下っていく途中で登り途中の奥さんと合流。
今日はスタートが遅かったのであまり時間がなく、
どちらかが先に頂上に着いて降りてきたら、
2人ともそこで終了という約束だったのです。

ふっふっふ、悪いね。

無念の表情の奥さん。
それもそのはず。
ここ鶴見岳で4月に行われる「鶴見岳韋駄天一気登山レース」に彼女はエントリーしているのです。

海抜0mから走りだし山頂の1375mまで駆け抜けるという鉄人レース。
こんな過酷さにもかかわらず毎年レースは抽選で、
去年外れた奥さんも今年は無事に参加資格をゲット!

その第一陣として本日登りに来たのですが・・・、
まぁ残念な結果となってしまいました。

でもまだ2か月あるぜ!
ガンガン登りに来いよ!

雪山はもう今季終わりかな?なんて勝手に思ってたのですが、
まだしばらく楽しめそうです。
鶴見の山頂は絶景の冬景色でした。
あまり気合いの入っていない人もロープウェイで僅か10分でもう頂上付近まで行けますよ。
ぜひ九州とは思えない真っ白な世界をご堪能くださ~い!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック