FC2ブログ

由布岳 登り初め 2018

P1111095_convert_20180111172654.jpg

あってはいけない事なのですが・・・、
なんと今日の予約台帳を見ると予約者 1名。

予約 1名・・・ってなかなかない。
こりゃちょっとヤバいぞ。

しかし来る予約を受けるしかできないこの仕事は、
ありのままを受け入れるしかないのです。

一人しか来ないのならそれ相応の事をせねば。
やっぱ・・・、山かな!?

という訳でお昼休みに由布岳 登り初めに行ってまいりました~。

P1111101_convert_20180111172709.jpg

日本を襲う最強寒波のために湯布院ももれなく真っ白!
しかしながら積雪は思ったよりも少なく大体20~30cm程か。

足りぬ・・・。
雪山登山を心から堪能するためには後もう20cm位欲しいのです!
しかし九州に住む以上これ以上望むのは酷ってもんか・・・。

P1111106_convert_20180111172723.jpg

それでも山頂に近づくにつれどんどん白さを増す銀世界は圧巻の一言。
今日の登山者は僕以外に合計 4名様。
こんな天気の中で登ってるだけあって相当山好きなのでしょう。

しかしすれ違う冬山完全装備の登山者たちは僕のジャージズボンを見て、
明らかに2度見していました。
すみません、これが僕の勝負服なんです。

P1111109_convert_20180111172734.jpg

そして今年初の 由布岳 東峰に到着。
また1年間いろいろとお世話になりますがよろしくおねがいしまっす。

このあたりに来ると呼吸するたびに鼻毛が凍ります。
皆さん味わった事ありますか?
これが結構癖になるのです。

もう何度も味わってきたこの感触。
これは気温が-10℃前後になってる事を意味します。

山頂の気温計は予想通り -12℃。
ここでの滞在はそのまま死へと直結しかねないので撮影後即とんぼ帰りです。

雪山の一番の楽しみは下りなのです。
普段は凹凸で邪魔する登山道は雪で平らにならされ、
なんとも走りやすいフラットルートになります。
そして深みの雪だまり目がけて駆け降りるのがめちゃ面白いんです。

何度も滑り転び回転しながら夢中で走り抜け、
無事に今日の昼休みが終了~。

さぁ帰ろう。
たった一人とはいえ立派なお客様。
これからしっかりと館内準備に入らなければ。

この雪もうしばらく残るといいなぁ~。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック