由布岳 登り納め 2017

PC280893_convert_20171228152728.jpg

いよいよ年の暮れを迎えるこの超忙しい時に、
なんとまだ由布岳に登り納めていないことに気が付く。

先週ちょっと体調崩してしまったからな~。
しかし我が山に挨拶なしってわけにはいかんやろ・・・。

掃除終了後の僅かな休憩時間で今日も山へと向かう事が決定。
しかし掃除中に温かそうな顔全体を包む帽子の忘れ物を発見!
これは今日朝から山に登りに行った3人の若者達の物に違いない。
こりゃーいい口実ができたぞ。(別に口実いらないのですが)

そしていつも通りに登山口でカメラを取りだし出発の一枚を取ろうとすると、
全ての動作を拒否する一文が現れる。

「電池がアリマセン」

え~!!
まさかのバッテリー切れ。
嘘でしょ~。

しかしお前も結構深い付き合いなんだしそんな機械的に冷たく言い放たなくても・・・。
もっと優しくフォローできんか?
とカメラに八つ当たりしながらしょうがないのでそのまま一気に登山開始!

今年最後の由布岳は順調に 49分でピークハント。
ベストではないですが50分が切れてほっと一息のラストでした。

しかし登山口から山頂までに若者たちがいないぞ!
そして山頂から遥か先を見渡すと山頂の火口をくるっと歩いて周るお鉢巡りに人影を発見。
あれか・・・。
遠いな・・・。

ただここで待っていても凍死を迎えるしかないので止む無く僕もお鉢巡りへと向かう。
かっ飛ばす事10分で彼らに合流。

「おーい、忘れ物持ってきたぞ~!」
「えー、ありがとうございまーす!!」
「はい、これ!」
「・・・これ、僕達のじゃないんですが」

はい、どうしてくれよう。
この無駄なお鉢巡り4分の1.
しかし悲観していてもしょうがないのでその場で彼らと笑顔で別れ再びダッシュで帰路につく。

その途中で念のためにもう一度カメラのスイッチを押してみる。
するとなんと動いたっ!

八つ当たりがきいたのかどうかは分からないのですが、
とにかく東峰の裏側をパシャリ!

PC280892_convert_20171228152715.jpg

そして樹氷をバックにもう一枚パシャリ!
しかしこの2枚を最後にその後カメラは2度と動くことはありませんでした・・・。
最後の力を出し切ってくれたか。
帰ったら速攻で充電してやるからな。

こうして再び斜面を駆け降り何とか1時過ぎには駐車場に戻ってきました。
今年は11回も登った由布岳。本当にありがとね。

しかし2017年 なんと 51回も山に登ってました。
主力の趣味であったサッカーがもうほとんど終わりかけの為に、
そのパワーが必然的に山へと流れていったがための結果です。

来年もまた弛むことなく力の限り山を愛し、山に愛され、登り続けることをここに誓います!
43歳 嘉手川 良。
ありがとーござーました!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック