FC2ブログ

ちょっとお散歩 飛岳

PB170178_convert_20171117160330.jpg

由布岳・鶴見岳・九重連山と九州では名だたる山々が立ち並ぶ大分県。
しかし我がユースホステルのすぐ裏にも 飛岳 という迷峰があるのです。

標高 925m。

登山口なんてものは当然なく、駐車場も正式な登山道もない。
行きたい人はどこか山道の途中の迷惑にならない場所に勝手に車を停め、
当てもなくただひたすら傾斜をよじ登るしかない山なのです。

本日は昼休憩の2時間で 飛岳周辺を彷徨ってみました。

PB170177_convert_20171117160313.jpg

普段入った事のないユースホステルすぐ裏から山中へと踏み込んでみる。
最初まだ車道近くの森の中で異様な光景がありました。
そこら中に無残に散らかっているのは不法投棄されたゴミの山。
いかんです。
皆さんこんなとこに隠せると思ったら大間違いです。
一時は家からゴミが見えなくなって嬉しいかもしれないですが、
いつか巡り巡って自分やまた自分の大切な子供や孫たちにそのしっぺ返しが必ずくるんですよ。

しかし車道から離れだすといよいよ緑深い山中へと入っていきます。
この山の登り角は結構容赦なし。
かなりの鋭角でぐいぐい攻めてきます。
しかしその分登頂にかかる時間も早いってもんだ。

PB170179_convert_20171117160342.jpg

そして標識も何もない山頂に立つ!
目の前には由布岳の雄姿が。
またいつもと違う角度から見ると素敵ですね~。

PB170182_convert_20171117160353.jpg

湯布院の街も見下ろせます。
遥か後方には九重連山も見事に鎮座しています。

残念ながらお天気はよくなかったのですが適度にいい登山を楽しめました。

PB170186_convert_20171117160404.jpg

この飛岳。
山頂には何かの鉄塔が立っています。
そしてその維持の為に実はかなり近くまで未舗装ながら車道が伸びてるんですよね。
ただし普段は鎖が張ってあるので関係者以外は入れないのですが。

下りはこの車道を疾走。
ただこのままでは物足りないのでちょっとそこらの森の中を歩き回って帰ろう。
という甘い考えがプチ遭難を当然の様に引き起こす。

おいおい、ここどこなんだよ・・・。

足場は一気に悪くなり深い森の中に閉じ込められること30分。
半ズボンの下の素足は草と枝ですれて傷だらけ。
なんとかユースホステルに帰り着きました。

それにしても寒くなってきましたね。
これからは登山装備もよく考えないといけないシーズンの始まりです。
今日もいいお昼休みが過ごせました。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック