日本太鼓ジュニアコンクール大分県大会 優勝!

PA220251_convert_20171022215918.jpg

湯布院が誇る 源流太鼓 という超有名な和太鼓チームが、
次世代育成のために子供チームを立ち上げたのが去年の話。

当初は遊び半分で集まってきたちびっ子たちが、
好き勝手にはしゃぎまくっていたあの時から1年半が経過。

紆余曲折を乗り越えて厳しい練習に耐えて残ったメンバー達が今年2度目の大分県大会に挑む!
まだ叩き始めて数か月での参戦となった去年は、
とにかく無我夢中で叩きその勢いだけで見事に準優勝を奇跡的に勝ち取った彼ら。

しかし今年は少し違う。
今年の3月に経験した全国大会で自分たちの立ち位置をしっかりと確認した上で、
確かに築きあげてきた自分たちの技と曲。

昨年の様な迷いはなく揺るぎない自信と誇りに溢れています。

今年の参加は全12チーム。
6歳児から高校3年生まで幅広い人材が揃いました!
それ程参加チームは多くないのですがただ一つ言えるのが
誰もが、どのチームもがこの大会の為に全力で無心に練習に取り組んできたという事。

演奏の内容はどのチームも素晴らしくハイレベルです!

各チームの持ち時間は4分。
息も詰まるような緊張感の中5番目で登場した息子のチームは、
気後れするそぶりなど一切見せずに練習してきたすべてを披露!
今ある力を出し切りました!
久々父は泣いた!
(母は練習でもたまに泣く)

そしてその運命の今年の結果は・・・。

PA220262_convert_20171022215940.jpg

見事 優勝~!!
2年目にして大分県を制する!
おめでとう!

ただ圧勝かと問われると聞き手としてはかなり僅差だったような気もします。
例えば演奏の前の仕草や演奏中の掛け声などもっともっと洗練されていたチームもありました。
これは逆に言えばまだまだ伸びしろがあるという事。

この後彼らを待ち受けるのは12月に宮崎である全九州大会。
そして大分県を代表して戦う来年3月石川県で行われる全日本大会。

先生達ははっきりと日本一を目指せ!
と言っています。(ちなみに先生達はかつて日本一になっている)
今日の優勝は通過点だと。

またこれでしばらく息子の太鼓づけの日々は続きそうです。
更に来年の3月また奥さんは息子について行かないといけないので地獄の一人週末営業も確定。

息子よ。
お前も頑張ってるけど父も影で頑張ってるんだぜ。

演奏が終わり親の元に帰ってくるとただの可愛い子供なのですが、
もうステージの上では別人のように凛々しい彼。
今日だけはお前の好きなサーモンを好きなだけ食わしてやろうではないか。

本当におめでとう!


湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック