アートに触れた夏の終わり

P8280573_convert_20170830210236.jpg

いよいよ夏の終焉カウントダウンが響き始めた8月ラストの週末。
さすがに勉強に打ち込む長女と奥さんを残し、
僕達(+ゐなせ・わをん・母)は颯爽と海を渡るのでした。

目指すのはお隣の四国へ。
最後の最後の2017年夏を満喫させようと太陽も両手を広げて輝いています。
この日はひたすら走続け高松の伯父さんの家に無事到着。

P8280563_convert_20170830210321.jpg

2日目は朝一からお墓詣りです。
3年前に亡くなったじーちゃん・ばーちゃんのお墓にやっと来ることができました。
街を見下ろす山の麓の静かな場所でした。
ここならゆっくりとできそうだね。

P8280594_convert_20170830210519.jpg

いよいよここからはお出かけモードに突入。
まずは瀬戸内海の小さい島の一つ。
「犬島」にやってきました。

ここにはかつてあった銅の製錬所跡がそのまま美術館になっているのです。
その荒れ果てたレンガ作りの建物が孤高に天に建ち並ぶ様はまさにラピュタの世界。

味がある・・・。
犬島のアート関係施設全て込みで2000円という破格の値段ですが、
本当にその価値ありです。

P8280606_convert_20170830210449.jpg

小さな集落の至る所に作品が置かれています。
それもちょっとしたものではなく、
一つ一つがとても精巧に作られた大作ばかり。

それが島のひなびた雰囲気にアンマッチしてまた際立つのです。
このカラフルな花のガーデン。
いい・・・。
本当にいいぞ・・・。

P8280608_convert_20170830210620.jpg

犬島らしい犬アート。
見て下さいよ、このでっかさっ!

絶対に泥棒は来ませんね、この家には。

P8280613_convert_20170830210535.jpg

道路にも不思議な塗料でファンタジックな絵が描かれています。
センスがいいんですよね。

滞在時間3時間でしたが心から堪能できた犬島。
ここは超お勧めです。

P8280649_convert_20170830210556.jpg

夜は直島に戻り海辺の民宿で泊。
夜は誰もいない浜で花火をした後は夜水浴です。

手で波をはじくとキラキラと輝く夜光虫がとってもキレイ。
例えクラゲに刺されようとも諦めない強い気持ちで泳ぎ切った3人。

今年最後の海水浴かな~?

P8280577_convert_20170830210349.jpg

3日目はアートの拠点とも言える直島観光。
港にドーンと居座るこの赤いカボチャはもうシンボルマークですよね。

驚いたのは観光客の大半が欧米人だという事。
アジア人が大半の由布院とは全然客層が違います。

欧米人はあまり温泉とかには興味がないのかな?
しかし残念ながら島全体がまだまだ外国人を受け入れる体制が整い無さ過ぎでしたねー。

P8280587_convert_20170830210427.jpg

街中にいる可愛いカエルちゃん。
漁で使う浮きの壊れたものを加工して作っています。

その名も 「浮き玉カエル」
アイデア賞ですよー。
これ欲しい~。

P8290662_convert_20170830210722.jpg

この島では港でさえ普通の形をしていません。
このブドウの様なオブジェの中に船の発着場があります。
オシャレですね。

P8290655_convert_20170830210642.jpg

山の中にあるゴミ箱です。
しかしながらデカすぎてゴミを入れることはできません。

この日は自転車を借りて島を回ったのですが、
ぐるっと回るだけで約2時間。
その途中に所狭しと見どころがあるのでとても忙しいです。

ただ島特有の性格なのか・・・?
島民の方に笑顔と愛想が全くなかったのがちょっと気になるところでしたが。

P8290669_convert_20170830210739.jpg

しっかりと汗をかいた後は島内の銭湯で汗を流す。
「I ❤ 湯」というこの銭湯ももちろんアートの一部です。

入り口はもちろん中もこれでもかっ!という位に飾り付けられています。
心も体もさっぱりです。
なんて楽しい島なんだ。

今回は行けなかったのですが隣の豊島も見どころ満載そうでした。
またも一回来るしかないな。
幸いじじばばに会いに来るという大義名分があるのでここにはいつでも来れます。
また必ず来るぜ。

このまま再び西に向かい車で走り続け夜の23時に何とか由布院に到着。
子供達は翌日の始業式に備えて爆睡です。

いよいよ終わってしまった夏休み。
またこれから普段の日々が始まります。

皆さん早くいつものリズムを取り戻しましょうね。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック