夏のお休み おまけ

P7220002_convert_20170726162004.jpg

ゐなせ 旅立ちの朝。

大分の東部にある大在港から出港する船でいく 沖縄の旅。
大分県が主催する「少年の船」というプログラムです。

かなりの倍率を勝ち抜いた彼は、
その価値もよく分からぬまま出発です。

しかしこの大在港に集合朝の6時30分ってかなり無理ないか?
僕はこの日4時半に起きて朝食の仕込みをして、
その後のすべてを奥さん1人に任せてここに来てます。

それにしても立派な船ですね。
パシフィックビーナス。
この豪華客船に乗って4泊5日で旅するんですって。
聞いただけでワクワクしますね。

では行って来い!息子よ。

P7260105_convert_20170726162415.jpg

そしてあちゅーまにお迎えの日。
真っ黒に焼けた息子は誰よりもけだるそうに帰ってきました。

開口一番言ったセリフが「オレもーいかんからね」

確かに毎年行く沖縄に行ってもそれほど感動はないか・・・。
なにより縛られるのが大嫌いな彼にとって、
全く自由がないスケジュール通りの行動っていうのが我慢ならなかったようです。

やばいなー。
こいつには僕とおんなじ血が流れてますねー。

僕も人に決まられたことを人と一緒に動くってのが大の苦手だったのです。
いや、苦手というか嫌悪していたと言った方が・・・。
こりゃこいつも将来は自分で好きなように働ける自営業しかなさそうですね。

ココを継いで欲しいとは思っていません。
自分のしたいことを自分の力で見つけていってくれ。

夏のお休み最終日は息子を拾って終了です。
こんなやつですが久々に会うと可愛いのです。

でも夏休みはまだまだ続く。
目一杯勝手に遊んでくれよ!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック