またまた由布川峡谷

P7170010_convert_20170717164646.jpg

8月の終わりに湯布院の子供達を集めた「こどもサマーキャンプ」を開催します。
毎年そこらを連れ回してとにかく元気が止まらないチビどもを、
徹底的にヘトヘトにしてやろうという企画なのです。

毎年山中心に暴れまわっていたのですが、
ぜひ川に行きたい!という声が多数上がってきました。

川か・・・。
それなら由布川峡谷いっとくか。
しかし川だけでは絶対に子供の体力は奪えない!
むしろ興奮してパワーアップしてしまう位だ。

そこでまずは由布川峡谷周辺を走らせることにしました。
そのルート選定の為に本日我が家の女三人衆が炎天下の中を走り回ります!
いっけ~!
駆け抜けよ~!

P7170017_convert_20170717164703.jpg

そして無事に峡谷までの7kmのコースを決定。
ここまで走らせて汗だくのヘロヘロにさせてから川遊びを楽しませてやろう。

暑い中走り回ったのですっかりと体温は上がり切り、
川に入りたくてしょうがない娘達。

よかろう。
さぁ峡谷へと続く階段を下りるがよい。

P7170018_convert_20170717164921.jpg

実は僕には今日また別の目的があってきたのです。
先日新しく買ったカメラのデビュー戦だったのです。
高鳴る期待を押し殺しながら緊張で震える指でシャッターを静かに切る。

なるほど・・・・。
こうきたか・・・。

驚くほど劇的に全く違う写真が撮れたりするわけじゃあないんですね。
そりゃそうか。
ただ前の安いヤツよりさすがにちょっとはキレイにはなったかな・・・?

なにせ基本壊れない事を重要視して買った防水カメラなので、
これ以上のものを期待するのは酷ってものか。
ただ色々と撮る時に設定を替えれるみたいだからそれはこれから要勉強ですね。
今にみてろよ。

P7170019_convert_20170717164950.jpg

そして1週間ぶりに再会のしし神様の頭。
この骨にはすこしお話があるのです。

それはさかのぼる事2日前。
よく来る常連のお客さんの一人がこの連休の翌日のプランがなくて、
ぜひ立てて欲しいとお願いされたのです。
毎年来てくれる彼は太田県のメジャーどころは大体知っているので、
今回は特別にこんなプランを立ててあげました。

ほとんど知られていないのですがこの大分県には全国で唯一の「またぎ」のための神社があるのです。
観光客なんて絶対に来ない深い山中の絶壁の中腹。
鎖をよじ登りなんとかそこにある洞穴の中に入っていくとそこには祠があり、
そこにマタギの人がなんとイノシシの頭蓋骨を奉納にやって来るのです。

毎年繰り返されるこの奇行の為、
必然的に洞穴の中には何百という頭蓋骨がうずたかく積まれているという、
かなりのホラー・パワースポットとなっているのです。

今回彼に課せられたミッションとは、
この由布川峡谷で無念の死を遂げてしまったしし神様の頭を見つけて、
この祠へと奉るというものだったのです。

そんな重すぎる責任を両肩に背負った彼は、
同じく泊まっていた他の宿泊客3名も無理やり巻き込み、
朝一からから意気揚々と出かけていったのです。
なんとその結果はというと・・・・。

「すみません。2時間近く由布川峡谷を探したんですがしし神様の頭見つけられませんでした・・・」
ってスタートからダメなんかいっ!

そんな哀れにも見失われたそのしし神様の頭を、
本日は5分で発見!
しっかりしてくれよっ!T君っ!

P7170023_convert_20170717164936.jpg

峡谷の入り口付近には涼を求めたたくさんの家族連れが川遊びを楽しんでしたのですが、
10分も川を登ればもう誰もいなくなります。

閉ざされた狭い峡谷ですが、
所々で差し込む陽光は夏を前にワサワサと茂る緑に当たってとても楽しそうです。

P7170024_convert_20170717165025.jpg

火照った身体も清流ですっかりとリセット!
というかこれだけ浸かれば少し寒いよね君たち。

前回たっぷりと山が吸いこんだ雨のおかげで水量はばっちりです。

P7170030_convert_20170717165009.jpg

これで無事に今年のサマーキャンプのルート設定は終了です。
今回もかなりハードな内容になりそうですよ。
ただ例えどんなに浅くても水関係は怖いですからね。

十分に気を付けましょう。

なおしし神様を見つけきれず思わぬダメ男ぶりを発揮したT君ですが、
なんと彼は一番奥のチョックストーンまで行ったそうです!

先月に峡谷内で発生したがけ崩れにより川が堰止められて、
天然のプール状態になりこの奥に果たしていけるのかどうか、
僕自身もまだ確認しきれてなかったのですが、
T君の捨て身の捜索のおかげで奥まで一応「行ける」という結果を得ることができました。

ただし。
ほとんど泳がないといけないそうです。

最後に「ゆふいん子供サマーキャンプ」
8月22日(火)23日(水)絶賛開催予定です。
合わせてスタッフの方も大募集中~。楽しいですよ~。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック