新緑の大谷渓谷ツアー 2017

DSCN4692_convert_20170618171800.jpg

知られざる大分の秘名所 大谷渓谷。
一枚岩の滑らかな岩肌の渓谷を約8km程のんびりと歩きます。
もう7年位続くこの渓谷ツアーですが実は過去一度も晴れなかった事がないっ!

この梅雨のど真ん中の日程で行われた今回のツアーも見事なまでに晴れ。
完全に招かれています。

今回も九州から、全国から、世界から集まったメンバー達で勇ましく出発だ~!

DSCN4693_convert_20170618171915.jpg

梅雨だというのに連日続く晴天の影響で川の水量が少ない・・・。
最初は所々干上がったエリアが見え隠れするくらいだったのですが、
徐々に途中から流れ込む支流のおかげで気持ちよく歩けるくらいの水量になっていきました。

最初は何とか靴を濡らさないように飛んだり登ったりと創意工夫していたメンバー達も、
一度濡れてしまえばもう後はなんの気兼ねもなくただひたすらビチャビチャと豪快に歩くのみ。

DSCN4698_convert_20170618171956.jpg

ここはルート途中にある「滑りの崖」。
約4m程の一面苔に覆われた崖に毎年果敢なちびっ子チャレンジャー達が挑みます。

しかしこれが面白い程によく滑る!
唯一のクリアー方法は勇気をもって一気に中段の窪みまで駆け上がり、
その窪みから何とか最上部までよじ登る事だけ。

しかしなかなかこの最初の全力駆け上がりができないもんなんですよ。
ちょっとビビって下の方で止まってしまい、そのままずり落ちて全身びしょ濡れという被害者続出。
結局ちびっ子の中でこの崖をクリアーできたのは、
昨年に続き一度はビビって登り切れず大こけでドロドロになりながらも、
2度目の挑戦で気合いで崖にしがみついて登り切ったゐなせただ一人でした。
お見事!

DSCN4707_convert_20170618171931.jpg

途中の岩場でみんなでランチタイム。
この頃にはちびっ子は跳ねあげた水しぶきで全身ビチョビチョ。
小さい体にはこの地味な水攻撃が効くんですよね。
数人は既に唇の色が少し変わるくらいに冷え切ってます。

毎年の事なのですべてを読み切った僕の準備してきた洋服に着替えて、
さー温まるがよい!

といってもまた歩き出すと一瞬で濡れてしまうのですが。

DSCN4711_convert_20170618171944.jpg

そしてこのルート名物の「SNSの木」

子供を乗せて写真撮ってください!と言わんばかりに用意されたこの座り心地の良さそうな枝。
今年もみんなでお決まりのイエーイ!

当然周りでは大人たちの無数のカメラ音が鳴り響いております。

DSCN4731_convert_20170618172028.jpg

ラストは川幅が広がり合流する支流も増え一気に水量が増えてきます。
終わりも近づきもうヤケクソになってる子供たちはついに泳ぎだしてしまいました。

まー例年通りの光景ですね。
しかし子供って初めて出会ってるのにすぐに仲良くなるんですよ。
ずっとニコニコして親友の様に手を繋いで歩きながらも話す会話はまだこんなの。

「ねー、ところでなまえなんていうんだっけ?」

今年は大人も数名豪快に滑って全身びしょ濡れになってくれ、
企画者としては思い通りのツアーとなりました。

このまま連続晴天記録をいつまで伸ばせるのか・・・?
もちろん来年もまたやりますよ。
大人も小さい子供も参加できるとにかく平和な大谷渓谷。
またこの場所で来年お会いしましょう~!

ちなみに来月7月9日(日)はもうちょっと激しくなる渓谷ツアー。
由布川峡谷ツアーを開催します。
こちらも存分に大分の川を満喫できます。

まだまだ参加者大募集中。
詳しくはユースホステルのHPにて!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック