まだまだミヤマキリシマ 平治岳

DSCN4654_convert_20170615182041.jpg

例年6月の上旬にピークを迎える九重連山のミヤマキリシマ。
しかし今年はどうも様子が違うらしい。
「ミヤマキリシマの開花が遅れている」
そんな噂が飛び込んできた。

更には
「今年のミヤマキリシマスゴイらしい」
との話もチラホラ。

もうてっきり今年の花は終わったと思い込んでいた心がにわかにざわつく。
ひょっとしたらまだ見れるのか・・・?

火が点いてしまった心はいてもたってもいられず、
夜の21時半に大慌てで準備して出発し22時半には吉部駐車場着。
夜空には目もくらむような星空。
高まる気持ちをぐっと抑えてここでゆっくりと朝を待とう。
(もちろん車で寝るけど)

DSCN4666_convert_20170615182101.jpg

さすがは6月。
明るくなるのが早い!
5時前には起きだし朝ご飯食べて準備して5時半には出発だ。

そして歩く事1時間。
目指す平治岳が見えてきました!
もうこの時点で山腹がピンクに染まっているのが分かる。
まだまだミヤマキリシマここに健在!

DSCN4676_convert_20170615182140.jpg

入り口辺りでは6割くらいの開花だったミヤマキリシマも、
頂上に近づくにつれ益々賑わってきました。

まだ8割は残ってますよ。
まさに花の絨毯、見事な景色です。

DSCN4681_convert_20170615182153.jpg

何処を見てもミヤマキリシマだらけ。
思う存分堪能しました~。

いやーやっぱ来てみないと分かんないもんですね。
まだあと1週間くらいはいけそうです。

DSCN4683_convert_20170615182208.jpg

そして一応おまけみたいなノリで平治岳のピークもハント。
しかし6月最初の週末なんて信じられない位の人で埋まるこの山が、
なんと今日この時間では僕ともう一人のおじさんだけ!
こんなことがあっていいのか?
我が目を疑いました。

登山者に大人気の久住連山の中で、
大して標高もないこの平治岳に人が来るのって、
正直このミヤマキリシマのシーズン位なのです。
そのシーズンもほんと3週間ばかりの僅かな期間。

しかも梅雨と重なるので日程を合わせるのもとても難しいのですが、
そのまだミヤマキリシマの8割ピークが残る晴れ渡る青空のこんな日に、
登山者2人だけって・・・。
ありえん!

駐車場にも結構車停まってたけどどこいってるんだ?
まさかこの時期に他の山に登ってるわけじゃーあるまいな。
混んでれば混んでるで許せないけど、誰もいないとなるとまた許せん!

皆さん一年に1度だけ平治岳がピンクのドレスをまとい主役になれるこの季節。
どうか必要以上に褒めちぎっていい気分にさせてあげて下さい。

DSCN4689_convert_20170615182222.jpg

最後は北ルートを辿って下山したのですが、
下に下りてみてビックリ!
このルート通行止めになってるじゃないんですか。

上には何の注意書きもなかったのに。
ちょっと読みにくいのですが右の看板には
「去年の地震でルートの安全が確認できていないので通行止め」
みたいなことがかかれていました。

皆さん、ご安心ください。
僕が今日ルートの安全を確実に確認してまいりました。
どうか自信をもって北ルートご利用ください。(自己責任で)

そして再び駐車場に戻り時計を見てまたビックリ!
なんとまだ8時だ・・・。
ちょっと早すぎたな。
すでにヘロヘロなのに今日という日はまだ始まったばかり。
さー頑張ろう。

まだまだ今週末位までは今年のミヤマキリシマを堪能できますよ。
今年見れなかったな~という人は最後のあがきを!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック