九州ユースホステル会議

DSCN4541_convert_20170607194811.jpg

俺たちは、
何時でも一人きりで戦っているわけじゃないんだ・・・。
働き、疲れ果て、もう目の前が真っ白になってしまった時、
一つの言葉のもとに集うたくさんの仲間がいつも隣で支えてくれるんだ。
そうそれが「ユースホステル」!

今年も年に一度の九州のユースホステルが集う会議の日がやってきました。
ホテルやゲストハウスとの決定的な違いがこのユースホステルネットワーク。
全国の約200のユースホステルがすべて戦友なのです。
頼もしいですよ。

今年のお集まりは九州の南端に位置する鹿児島!
空から陸から海から。
続々と九州のユースホステルの経営者たちが桜島目指して集まってきました。

迎える鹿児島もにっこり笑顔の晴れマーク。
これから3泊4日の熱い話し合いが繰り広げられるのです。

初日の集合は夕方16時からという事もあり、
ペラペラと話し合うとあっという間に1日目は終了~。
夜は桜島ユースホステルにて久々の再会に花咲く大宴会!

DSCN4544_convert_20170607194843.jpg

翌朝一同は再び船に乗り込み鹿児島の第2会場へと移動します。
南国のイメージそのままの巨木が眠る島。
続いて訪れたのは3年ぶりの屋久島です。

なぜそんな会場を移動するのか・・・?
それは・・・、楽しいからです。以上。

DSCN4548_convert_20170607194829.jpg

屋久島の南に位置する「サウス ビレッジ」というスギの香り漂う
とっても素敵な宿で行われた講師を招いて行う2日目の話し合いは、
超デジタルな部分にまで切り込んできました。

なんとSNSが華やぐ写真の取り方説明会。
みんなでどの角度からどう切り取ればいいのか実際に考えながら写真を撮ります。

「今の若い人を取り込むにはインスタグラムがいいですよ。
 フェイスブックはもうおじさんおばさんばっかって若い人は思ってます。
 よりニッチな事をテーマにしてもいいですよ~」

ほとんどが50~70歳のこの老い枯れた経営者軍団に、
この最先端の流行を教える講師の言葉が果たしてどこまで届いたかは甚だ疑問である。

更に女子旅代表を名乗るとにかく派手なお姉さん講師から、

タオルはフワフワ・コンディショナーは必須・ドライアーとコテも・地元の食材を・
部屋着も必要・シャワー室には無限に棚を・ベッドにカーテン・寒いのNG・
シーツはひいといて・ウエルカムドリンクあれば嬉しい・送迎して

と会場全体が一瞬凍りつくような安宿にはとても厳しい要求(命令?)が出されたのですが、
よくよく自分で書いて考えてみたらどれもこれも普通の宿では当たり前の事か・・・。
みんなちょっと経営方針をよく考え直してみようと反省しきりの2日目でした。

DSCN4551_convert_20170607194904.jpg

研修終了後夜は居酒屋で大フィーバーした後、
みんなで近くの海中温泉へ。
ここは引き潮の時だけ現れる海の中の温泉なのです。
そしてこの日の干潮がちょうど23時。
これを狙って夜の温泉へGO!

真っ暗闇の中を歩いていくと、
海辺の岩場にすこし窪みが。
暗くて分かりにくいのですがここが温泉なのです。
思いのほか温度は熱く、
波音と一緒に浸かる温泉はサイコーでした。

DSCN4553_convert_20170607194917.jpg

このユースホステル経営者たちって基本的に朝に滅法強いです。
毎朝朝食の準備で早起きする習慣が身に染みついているのと、
久々の旅でテンション上がりまくってるのが融合して、
朝の4時過ぎくらいから誰かが起きだし、
それに巻き込まれるようにどんどん起床者が増えていきます。

夜1時前に寝て朝5時前には起きるってめちゃくちゃ迷惑な客ですよ。
うちには絶対に来て欲しくない客層ですね。

早起きの恩恵で朝食まではかなり時間があるので皆は車で近くの滝観光に。
僕は一人昨夜の海中温泉に早朝から来てみました。

闇夜とは違い海がよく見えるとますますいいですね。

しかし案の定既に満ち出した波に浸食された温泉は超冷たい!
それでも今回ばかりは忘れてきた海パンですが、
この場所ならフルチンで泳いでもあくまで温泉だと思ってたと言い通せばいいという事に気づき、
朝から温泉に見せかけた海に浸かる。

ウルトラ気持ちいぇ~!

DSCN4568_convert_20170607195003.jpg

そして無事に今年の研修も午前中で終わりました。
今までの研修の中で最も厳しい言葉を投げかけられた今回でしたが、
それが胸に刺さるのは本当は改善しなければと心では気が付いていた証拠です。

沢山浮かび上がった問題点。
これを今後いかにして直していくのか・・・?
夏までに実にたくさんの宿題を頂きました。
「安い値段のユースホステルなんだからさぁ・・・」
という言い訳はもはや通じない!
真摯に向き合っていきたいと思います。

午後からはせっかくの屋久島を堪能しよう!
ということで定番の「屋久杉ランド」へ。

一年で400日雨が降る島と言われる屋久島の梅雨時。
この3日間で昼間はまったく雨が降らないという奇跡にも恵まれ、
気持ちよく巨木の森を散策できました。

もってきた雨具が活躍の場がなくてちょっと寂しそう・・・。

DSCN4577_convert_20170607195019.jpg

最後のお泊りは島一番の中心地近くの「屋久島ユースホステル」。
まさに目の前に海が広がるとっても便利なユースホステルです。

波音と一緒にちょっと一杯飲む参加者U氏。
そしてこの夜も大宴会へ。
しかし3夜連ちゃんとなるとみんなさすがに疲れの色が出てきました。
ちょっとアゴ食べ過ぎたな・・・、三岳飲み過ぎたな・・・。

DSCN4580_convert_20170607195113.jpg

最終日朝も5時には起きだしいよいよ島を脱出!
早朝にもかかわらずスタッフが総出で見送ってくれました。

これぞユースホステルって感じですね!

沢山の刺激と希望をもらった今年の鹿児島ユースホステル会議。
これでまた一年気持ち新たに頑張れそうです。
夏までにはうちもきっと細かな部分がマイナーチェンジしてるはず。
どうかささやかにお待ちください。

そしてこの3日間九州を回っていた旅人の皆さん。
多くのユースホステルが休館となりご迷惑をお掛けしました。
今ならどこでもやる気満々の新鮮なサービスを受けられると思いますよ。
こちらも楽しみにまたご利用よろしくお願いします。

蓄積された疲れと眠気で私すでに、
現世界と夢世界を瞬間移動しまくっております。
今夜はおとなしくあちら側へと旅立っていきます。

お先にお休みなさいませ。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック