湯平温泉祭り 2日目

DSC_0045_convert_20170521193402.jpg

今日は朝から年に一度の全館ニス塗り直しの日。
全ての家具を動かし掃除機かけて床拭きしてからニスを塗るという、
かなりの大仕事が我々を待っています。
もちろんこの期間にお客さんは取れないので3日間かけてとにかく塗りまくります。

しかし世界は決して思い通りに動いてくれない。
こんな日に限ってちょうど湯平温泉祭りと被る~。

仕方がないので昼過ぎのギリギリまでとにかく床を塗りまくり、
そのまま全員で一気に会場に直行。

集合時間ギリギリに本隊のチャレンジチームに合流できました。
今年はまずはステージでのダンスパフォーマンスから参加します。
ここには我が家からは末っ子とカナダ人のクリシーが参戦。
演目は「エビカニックス」というあの有名な踊り。
お子様のいる人は知ってますよね?

しかしわをんのカニの衣装似合いすぎて父は泣けた・・・。

DSC_0057_convert_20170521193557.jpg

そしていよいよたくさんの観客が見守る中ダンスが始まるのですが、
ここで思わぬ展開が・・・。
毎年各賞を主催者が独断で決定するのですが多くのしがらみや人情が絡みまくるため、
結局は参加者全員が何かの賞を平等に貰って終わる、
というお決まりの構図が出来上がっていてしまったのです。
まぁ地方のお祭りならそれも仕方ないでしょう。

しかしなんと今年からはそれを打破しようという勇気ある試みがなされたのです。
観客の中から審査員をランダムに選び、彼らの公正なジャッジによって賞を決めようとなったのです。
おぉ素晴らしい決断!

そしてまずは会場内から立候補制で審査員を募ったのですが、
案の定内気な田舎人の多いこんな町では誰も手は上げません。

そこで困った司会者が指名をすることにしました。
会場を見渡しながらまず司会者が指さしたのが・・・、
まさかの ジャエル。
うちのデンマーク人のお手伝いです。
外人で目立っていたのでひょっとしてとは思ったのですがまさか本当に選ばれるとは・・・。

その後もう一人も自動的に選ばれ3人目の指名が・・・、
まさかの智美!

司会者の方は必死に「今年はこれで公正なジャッジが行われます。勝っても負けても皆さんご了承ください」
とまくし立てていたのですがまさか審査員3人の中の2人がうちの身内だとは・・・。
偶然とはいえ本当にごめんなさい。

そして4チームで行われたダンスのパフォーマンス。
各チームが今まで練習してきた成果を存分に発揮し大いに盛り上がったこの大会を制したのは、
我がチャレンジチームでした!

いやこれホントお世辞抜きで盛り上がってましたからね。
たまたま審査員が身内になってしまったというだけで内容通りの結果だったと信じています。
末娘のあの可愛さだけでも金メダル級でしたもん。

そしてまずは賞金の3万円ゲット!

DSC_0060_convert_20170521193440.jpg

続いてこの湯平温泉の誇る急な石畳を人間を乗せた籠を担いで走りぬく、
名物の鬼の籠かきタイムレースの時間です。

沢山の観光客が見守る中ゼーゼー言いながら必死に坂を走るこのレース。
ゴール地点では毎年顔を真っ青にして酸素吸入を行う人が続出の過酷なものなのです。

昨年のチャンピオンチームとして参加した我がチャレンジチーム。
今年も遊び気分の他チームとは違い坂の攻略方法や声のかけ方などを入念にチェックし、
まさに真剣そのものです。

それもそのはず。
このチャレンジクラブというのは由布院の色々なクラブ活動を支えている組織なのですが、
とにかく年間予算が少ない。
会自体を運営していくためにもなんとしてもこの賞金が必要なのです!
ちなみに僕のフットサルチームもこのチャレンジクラブの活動の一翼を担っています。

そんなお遊びゼロの我がチームは疾風の如く坂道を駆け上がり見事34秒でゴール!
2位チームの半分近いタイムでの圧勝劇でした。
これで大会2連覇だぁ~!

これでまたまた賞金3万円ゲット!

DSC_0071_convert_20170521193754.jpg

全てをやり切り貰うものも貰い大満足の雰囲気の中最後に現れたのが息子の源流太鼓グループです。
最近生意気にもど真ん中の前列というベストポジションを貰った彼。
今日も彼らのスピーディーで小気味良い軽快なリズムが湯平の谷間に響き渡ります。

この一年ですっかりと舞台慣れして貫禄すら漂い始めた彼ら。
このまま順調に成長し続けていって欲しいものです。

最後に今日まで無料開放されている温泉に浸かり、
今年も2日間心から堪能させて頂きました。

ありがとう湯平温泉。

そしてやり切った感満々の我々は、
まだ何にもやり切ってない我が家へと帰ってきたのでした。
今日という日は終わらない・・・。
さー今からまだまだニス塗りの時間だよ~。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック