ゐなせとツーリング

DSCN4412_convert_20170514210611.jpg

由布院の奥座敷。
静かな草原が広がる塚原高原で本日「コモレビカフェ」というプチ祭りが開催されました。
空は絶好の青!

なんとも心地よい気候の中たくさんのお店が出並び、
生音楽が流れ、
平和極まりない空間に多くの人が集まっていました。

と言ってもそこはやはり田舎の小さな祭典。
見渡すと知り合いだらけで歩けば挨拶のオンパレードでしたが・・・。

DSCN4415_convert_20170514210629.jpg

我が家ののメンバーはゆっくりとお祭りを堪能していたのですが、
一時もじっとしてられない僕と息子はこっそりと抜けだし、
2人でツーリングに出発だ!

暑からず寒からず。
もうなんとも絶妙な空気加減なんですよ。
気持ちいぃぃ!

DSCN4418_convert_20170514210650.jpg

ドーンと巨石が天高くそびえる「仙の岩」。
まるで中国の山中に迷い込んだかのような風景が湖の辺りには広がっています。

DSCN4419_convert_20170514210704.jpg

安心院にある「喫茶ママ」にてランチ。
外観のレトロ感が以前から気になっていた喫茶店なのです。

息子はベーコン丼を旨い旨いと頬張っていました。
そして驚くべきは手前のイチゴミルクかき氷。
盛りに盛ったかき氷山からは至る所で雪崩が続発!
ドロドロと下の受け皿へと落ちていきます。

こりゃちょっと苦情ものかと思いきや、
隣りのテーブルに運ばれてきたマンゴーかき氷も垂れまくってました。
この大人盛りが売りなのですね。

そしてこの豪快な注ぎ方とは裏腹に味はめっちゃ繊細で美味しかったです!
そして値段も500円と超お得。

こりゃーまたいい甘味処を見つけてしまったな。

DSCN4420_convert_20170514210718.jpg

その後院内にある石橋巡りをしてみました。
知ってますか?大分県に院内町という場所があるってことを。
正直ほとんどの方は名前すら知らないでしょう。

しかしここは日本屈指の石橋の町なのです。
その川が多い地形や石が取れる環境にも影響されているのですが、
町内に残っている石橋の数 なんと75橋。

これをぐるっと回れる石橋マップなるものまであるんです。
ちなみに僕も今まで行ったのは約20橋位。
まだまだビギナーもいいとこ。

今日は「念仏橋」と「葛灰橋」に行ってきたのですが、
ともに地の果ての様な場所にポツンと現存する橋で、
バイクで探すだけで相当時間がかかりました。

こりゃ75制覇までは相当の時間がかかりそうです。
石橋がお好きな方・とってもお暇な方・大分の有名観光処はたいがい行っちゃった方
ぜひこの75ミッションに挑んでみてくださいな。

DSCN4424_convert_20170514210732.jpg

そして最後は帰りの途中にある大分が誇る超B級観光名所。
「宇佐のマチュピチュ」をいつもの苦笑いと共に見下ろす。

そう、この目の前に広がる小高い山とその下の集落が生み出す風景が、
誰が何と言おうと宇佐自慢のマチュピチュなのです。

今日もマイクロバスが一台道沿いの立派な看板の匂いにつられて引き寄せられていました。
展望台から呆然とした顔でマチュピチュを眺める団体の皆様。
どうかこの大分ギャグを広い心でお楽しみください。

DSCN4429_convert_20170514210755.jpg

春のツーリングを楽しんだ後はみんなで別府にお出かけ。
奥さんが買い物している間に、
僕とチビ2人とデンマークとカナダのお手伝いはひたすら浜辺で遊んでました。
どんな疲れても広い海を見て波の音を聞けば心は穏やかになる。
ほんと不思議ですね~。

ただ泳ぐのはまだもうちょっと先の様です。
つけた足に絡まる波はまだまだ冷たかった。

九州では既に奄美が梅雨入り。
梅雨前線が上がってくるまでの僅かなこの晴れ日をみなさん全力で楽しみましょう!!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック