マイナー登山 再び

DSCN4395_convert_20170508154319.jpg

戻ってきた日常。
昨日までの慌ただしく車がいきかい、
人で溢れていた由布院もさすがに落ち着きを取り戻しました。

そして僕たちの月曜日の半休も帰ってきたっ!
もちろんじっとしてられないので子供達を学校に送り届けたあと即出発だ。

2人で車で北上開始。
そして安心院の道沿いで奥さんとはお別れです。
彼女はここから走り出します。
この先の宇佐の物産館で待ち合わせ予定なのですが、
そこまでどれくらいあるのかは誰にも分からない。
決まっているのは待ち合わせが11時だという事。

この時時間は 8時45分。
なんとか辿り着いてくれ。無事を祈る。

DSCN4396_convert_20170508154341.jpg

そして僕は一人さらに北上を続け以前から看板だけ知っていた、
「妙見山」へと向かう。
去年から始めた県内のマイナー山登山を久々に再開です。

GW明けの平日のマイナー山とくれば当然の貸切。
この日は僕にも許された時間は11時まで。
登山モードを「本気」に切り替える。

いっくぜぇぇぇ~。

DSCN4397_convert_20170508154412.jpg

ゼーハーゼーハー言いながら21分で山頂へ!
見よ、この狙ってるとしか思えぬ標高 444m。
幸せ(4)いっぱいだ。

この山昔はお城だったようです。
甲冑着た人たちが毎日この坂を往復してたのか。
今更ながら昔の人鉄人ですね。

再び一気に駆け降りて麓に着くも帰りは19分。
登りとほとんど変わらんし。
下りはほんとに苦手な僕。
膝が痛いのです。
グルコサミンが必要かな~。

DSCN4398_convert_20170508154358.jpg

登山口の正面には香下ダムがありました。
そこにかかる吊り橋がこれまたカッコいい!

また大分の新たな面白スポットを見つけてしまった。
ここは今度またみんなで遊びに来よう。
今日はとにかく時間がないんだ。

DSCN4403_convert_20170508154432.jpg

滴る汗を拭う間もなく車を走らせ、
続いて訪れたのが和尚山。
これで「おしょうさん」とは読ませずまさかの「かしょうざん」と読むそうです。

こちらの山は標高 327m。
さっきの妙見山よりさらに低いな。
まだ10時前だしこりゃ余裕カナ?
と舐めきっていたら・・・。

DSCN4404_convert_20170508154455.jpg

さぁ行くぞ。
この目の前のふくらみが和尚山です。
しかし1本目で気合い入れ過ぎたか登りが身体に堪える。
足が思うように上がらないのです。
さらに落ち葉で足元が滑る滑る。
もう途中から四つんばいになり獣の様に必死で登りました。

そして無事に18分でゴール!
しかしこの山、
ここで引き返してもいいのですがこの先ずっと縦走をかけてぐるーっと回るコースがあるのです。
このまま同じ道を戻れば900m。
回り込めば4km。

どうするか・・・?
もう正直ここに来ることは2度とないだろう。
なら行くしかない。
あとはただ時間との勝負だ!

その後は山中を風の様に駆け抜け、
何とか10時45分には駐車場まで戻って来れました。
そして大急ぎで目的地の宇佐物産館へ。

DSCN4407_convert_20170508154508.jpg

10時50分 物産館着!
こりゃ勝っただろう!
と思ってると余裕で野イチゴ摘みを楽しむ彼女を発見。
10時30分には着いていたそうです。
ボロ負けだ・・・。

ちなみに本日の彼女の走った距離は18.2km。
まだまだ余裕そうですねー。

DSCN4409_convert_20170508154524.jpg

最後に宇佐の蜂蜜で有名な 「はちみち工房 芳苑」でお疲れさんのランチタイム。
全ての料理に自慢の蜂蜜をぶち込んでいると謳うこのレストランですが、
さすがに僕の頼んだ和風たらこスパは蜂蜜の味はしなかったです。

でも奥さんの頼んだ珈琲ゼリーパフェは蜂蜜たっぷりでしたよ。

そしてこれにて午前休もお終い。
またいつものように帰ってきたサイクル。
予約台帳もGW期間中はたくさんの日本人の名前で埋められていましたが、
今日からは外国人だらけです。
ちなみに今日はカナダ人・シンガポール人・ドイツ人・デンマーク人・フランス人・ベルギー人・韓国人
と超多国籍。

またしばし異国に紛れ込んだような世界をお楽しみくださーい。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック