GW終了記念大感謝ツーリング

DSCN4377_convert_20170507213701.jpg

終わった。
今年も燃え尽きたゴールデンウィーク。
張りつめた緊張と興奮からついに解放された今日の午後。

全館の大掃除を最後の気力でやり終えた後、
ようやく手にした「自由」という名の称号を胸に大切に抱えながらそれをどう有効に使うかを熟考する。

末娘は福岡のバーバの家に。
息子は奥さんと一緒に地域の野球大会へ。

さー残された父娘2人はどうするか・・・。
最近部活や勉強で忙しくしている彼女と2人で出かける機会はめっきり減っちゃってるな。
こんな小春日和の午後には・・・。

よーしバイクでお出かけだぁ~。
行くぜぇ~!

DSCN4378_convert_20170507213642.jpg

もうかなり回り尽くした気でいる大分県。
しかしそれも大いなる自惚れた勘違いである様で、
まだまだ知らないとこが出てきます。

まずは宇佐市の「城井1号掩体壕」
昔のゼロ戦を空爆されるのを防ぐために作られた格納庫です。
この入り口の不自然な形で明らかにバレバレの様な気もするのですが、
空中から見たらそれでも分からなくなるんでしょうか・・・・。

この辺りには数多くの戦争遺産が残っていて、
これらを自転車などでぐるっと回るのも面白そうです。

DSCN4382_convert_20170507213715.jpg

続いて今年も訪れました。
県内随一のフジの名所「千財農園」。
ただここ数日の温かな気候がもろ花に影響を与えていて、
もう大半が散っちゃってたんですよね~、残念。

それでも広い園内に所狭しと垂れ下がるたくさんの種類のカラフルなフジはやはり見事の一言。
またここは無料っていうのが何よりうれしいですね。

DSCN4387_convert_20170507213731.jpg

そして以前から看板だけ見ていて気になっていた
「和間海浜公園」へとバイクは快調に走っていきます。

海沿いの静かな公園でちょっと一息つこうか、
なんて考えていたら甘かった!

どーもこの公園は超有名な潮干狩りのスポットだったようです。
駐車場はすでに入る隙間もなし。
公園に入ると至る所がBBQの香ばしい香りと煙で充満しています。

そして海まで歩いていくとこれまたびっくり!
なんちゅー人や。
これ写真がよくないので分かりにくいですが、
見渡す限り広がる干潟には人人人で埋め尽くされています。

こんなに有名な場所だったのか・・・。
知らんかった、10年も住んでるのに。

しかし当然何の道具も準備もない我々にはまーったく関係のない場所です。
早々と去ることにしました。

しかしぜひ次回はぜひ万全の用意をしてリベンジしたい所ですね。

DSCN4392_convert_20170507213746.jpg

最後は昭和レトロの街 豊後高田に寄り道すると、
ちょうどお祭りの真っ最中でした。
「そば祭り」

その名の通りまさにステージではソバの大喰い大会が開催中。
胃袋自慢の参加者30名が鬼の形相で必死にソバをかきこむ中、
見事にトップを射止めたのは、
若くておしゃれですらっとしたファンキーなお姉ちゃんでした。

両隣の見るからにごっつい身体の良く食べそうなあんちゃん達を全く寄せ付けない圧勝の勝利。
ちなみに食べきったソバの杯数は11杯。
あの体のどこに消えていったのか?11人分の麺達よ・・・。

その後熱い戦いに刺激を受けた僕達もさっそく販売のそばを喰らいましたよ!美味かった!
(2人で1杯)

そして再び鉄の馬に跨り一気に由布院に帰着。
夕方野球で一勝もできずにヘラヘラ帰ってきた息子と、
5日ぶりにバーバ宅から帰ってきた末娘と合流し、
久々にそろった家族5人のメンツとその他プラスアルファー数名で最後に別府に行って、
カラオケして飯食ってこれでGW終結の祝杯の午後休は全てお終い。

毎度思うのですが大分県、振れば必ず何か新しいものが出てくる、
まさに四次元ポケット的な場所です。
なかなかこのキメゼリフを言わせてくれません。

「大分県ですか?そうですねー、大体極めましたね!」

ただまだまだ先は長い。
じっくりと少しずつマスターへの階段は登っていきましょう。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック