九重やまなみオルレコース

DSCN4254_convert_20170409210807.jpg

何度か過去ブログでも紹介していますが、
ここ九州内で確実に人気を広げてきているトレッキングコース。

その名も「オルレ」

お隣の韓国からやって来たウォーキングの文化で、
山だけじゃなく谷・草原・住宅街などあらゆるところを歩きまくるのが特徴なのです。

現在九州には17コースあるようなのですが僕は別府コースしか歩いたことがない。
今回は2週間後に迫った当ユースホステルの春のウォーキングイベントの下調べにやってきました!
今回歩くのはかの有名な「やまなみハイウェイ」沿いに設定された「九重やまなみコース」。
バックには九重連山がそびえる景色抜群の高原ルートです。

空はいつ降りだしてもおかしくない程の曇りよう。
そんな半泣きの天気の中を今日は僕と息子とちびっ子の3人で歩きました!

スタートは長者原の駐車場から。
いきなり見晴らし抜群のエリアから歩き出します。
晴れてたら気持ちいーだろーなぁ。

DSCN4255_convert_20170409211148.jpg

ルートはそのうち低木の草原地帯へと入っていきます。
普段は緑の大草原が広がるであろうこの場所も恐らく数日前に行われた野焼きの影響で焼け野原に。
しかし沈みきった灰色の空の中ではこの黒一色の世界もなかなか雰囲気出していい感じ。

DSCN4260_convert_20170409210843.jpg

この九州オルレコースの大半はスタートとゴールが違うのです。
これが登って降りる登山とは違ってとっても厄介!
なにせ歩き切ってしまうと何らかの方法で元の場所に帰らないといけないのです。
今回は奥さんに車を出してもらいゴール地点に車を置いた後スタート地点まで送ってもらいました。

しかしここでちょっとした問題が・・・。
いつもの通り掃除終了後から出かけたためにスタートしたのが13:30。
そしてゴール地点となる九重大吊り橋の駐車場が閉まるのが17:00.
つまり3時間半しか時間がない!

このコースの標準設定タイムが3~4時間なので6歳の末娘がどこまで頑張れるか・・・。
勝負はその一点に限られます。明後日から1年生だ。気合い見せてくれよ~。

下りはとにかく走れ~!!

DSCN4261_convert_20170409210855.jpg

とにかくどこでも歩くのでこんなとこも歩きます。
すっかりとお疲れモードのチビ。
なにせ僕の一歩は彼女の二歩ですからね。
そりゃ疲れるわ。
そしてそんな彼女の気を紛らわすためにひたすらいろんな話をして場を繋げる僕の喉もそろそろ限界に・・・。
一人息子だけが飄々と何事もなく元気満々で歩き続ける。

この日このコースを利用していたのはほかに2組だけでした。
天気が悪いからかな?

DSCN4270_convert_20170409210908.jpg

そして駐車場が閉まる20分前についに九重夢大吊り橋にゴーーーーーッル!!
3時間10分で歩き切ったその距離 実に11.1km。
ラストは足が痛い痛いとわめいていましたが末娘も最後まで歩き切りました。
お見事ですっ!!

しかし案の定このコースイイっすね。
景色はとにかく抜群です。

もう何回も車では通っているのですが草原や森の中をゆっくりと歩くとまた違った世界が垣間見えました。
オルレコースのイベントは4月23日(日)。
現在参加予定は7名。まだまだメンバー募集中ですよ。

登山よりお手軽で、それでいて十分に達成感のあるオルレコース。
ぜひ一緒に春の久住高原の風を感じて歩きましょう!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック