長崎 ハウステンボス

DSCN3743_convert_20170207193237.jpg

ランタンフェスティバルから1夜明け、
寒さの為に目冷める車内。
うー、寒い・・・。
やっぱまだ冬の車中泊は堪えますね。
そこで早朝から2人で嬉野温泉で暖をとる。

すっかり身体が温まったらいよいよ本日の目的地
ハウステンボスへと突入だ~!

前日の荒天が嘘のように晴れ渡った青空。
しかし気温は寒いですよ・・・。

でただ爛々と咲き誇るチューリップたちのおかげで心はすっかり春模様です。

DSCN3771_convert_20170207193301.jpg

九州が誇る一大テーマパークであるハウステンボスですが、
平日に来るとガラガラです。
並ばないといけないアトラクションは1つもない。

このあたりはやっぱりまだまだTDLやUSJとは勝負にならないですね。

ただこの遊園地のお楽しみは日が暮れ始めた時からっ!
園内はこれでもかっ!と言う位に激しくライトアップされます。
まさに溢れんばかりの光の渦。

お化け屋敷メインのスリラーパークも賑やかに輝きだしました!
ちなみに末娘は一日中ここに来るのを拒否し続け、
結局このアトラクションは1つも入らせてもらえませんでした、トホホ。

DSCN3781_convert_20170207193319.jpg

そしてこれがメインの光のガーデンのライトアップ。
本当に光の滝です。

22時閉園なのですが20時過ぎぐらいからもお客さんがチラホラ入園していました。
たしかにこのライトアップを見るためだけでも来る価値あり!ですよ。

DSCN3790_convert_20170207193339.jpg

今年から登場の光のドラゴン。
こりゃーそうとう金かけてますね。

このハウステンボス様々な種類のアトラクションがあり大好きなテーマパークなのですが、
どうも今回気になったのがリニューアルされた場所でちょくちょく小金を取ろうとすること。

アスレチックの初球コースは無料でもその先は有料だったり、
ショーを見ようとすると後部座席は無料でも前の方は有料だったり、
アトラクションも入るのは無料でも参加しようとすると有料だったり。

入場時点ですでに6700円を取ってるんだから園内では寛大に、
なんでも自由に遊べるようにして欲しいなよ1ファンとして感じてしまいました。

それでも夜の8時半遊び回り、
木枯らしの吹く中無事にホテル「クルマ」に到着。
寒かった~。
ハウステンボスで再び冷え切った身体を温めるため、
もう一回近くの温泉に浸った後は武雄付近の道の駅でおやすみなさーい。

さすがに2人とも瞬殺で寝ちゃいました。

DSCN3801_convert_20170207193356.jpg

そして最終日は朝から車を走らせ佐賀の干潟にある公園へ。
よく来る公園ですが我が家の子供達が大好きな場所なのです。
その一番人気がこの超絶滑り台。
もはや滑ってないです。
「落ち台」。

今まで長女と長男はクリアーしてきたのですがいまだ滑った事のない末っ子。

「にーにとねーねがしたからわたしもする!」
と強い決意を持ってこの頂上に来たのです。

もうこの春からは小学生。
彼女の中でここは進学前に越えるべき大きな山らしいです。

そんな確固たる思いとは裏腹になかなか滑り切れない彼女。
かなり怖いみたいです。
そりゃそうでしょう。
身体の大きさで考えたら僕たちの倍近くは怖いはず。
ひたすら悩みぬく事10分。
ついに時は来る。

心を決めた彼女は決死のダイブ!
スィーーーン。

一瞬にして地上に舞い戻った彼女の顔は満足感と達成感に満ち溢れていました。
よく頑張った!
これで迷いなく小学校にいけるね。

また一つ逞しく成長していく子供の姿をとても頼もしく感じる父でした。
ちなみにこの後何度かパパも行きなさいとせかされたのですが、
得意の言い訳マシンガンで無事逃げ切った事も報告しておきます。

これで恒例の2月の旅は終了です。
世の中の春節の賑わいも落ちつくでしょう。
さーこれからは春休みシーズンの到来ですよー。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック