切株山ハイキング

DSCN3008_convert_20161120221252.jpg

大分県玖珠にある切株山。
車で山頂まで行けてしまうこのお手軽な山へ今日はハイキングに行ってきました。

このなんちゃって登山に挑むメンバーは全部で5名。
ちなみに今回私はこの中に含まれておりません。

主催しておきながら先導を投げ出すという暴挙に出ることにしました。
それを許されるくらいこのルートは短くて道も1本なのです。

「え~マジで私たちだけで~?」
という雰囲気のメンバーを途中の山道入り口に放り出します。
ちなみにこのメンバーの中で今回のルートに行ったことがある人は1人もいません。

皆さん、どうぞご自由にこの登山をお楽しみください。
僕は一足先に山頂に車で向かい、
皆様のランチの準備を進めさせていただきます。

DSCN3010_convert_20161120221309.jpg

そして40分後に山頂でみんなと再会!
この余すところなき一本道でまさかの道を迷いそうになったとの声がチラホラ。
途中の鎖がマジでやばかった・・・。
全身汗だくだ・・・。
との声も聞こえてきました。

それなりにアドベンチャーを堪能してもらえたようでなによりです。
ただ今回のイベントのメインであるはずの登山道中の写真が一枚もないという、
実に恐ろしい事態が発生してしまいました。
参加者の皆さん申し訳ありません。

ちなみにこの写真に当然のように映り込んでいるうちの末娘は一歩たりとも登っておりません。

DSCN3011_convert_20161120221322.jpg

そして待望のランチタイムです!
皆さんとびきり美味しいものを作っておきましたよ~。
と言ってもインスタントラーメンですが・・・。

ただ大自然の中で食べる野菜たっぷりラーメンは極上の味です。
さらに今回は参加者の1人の方のおじさんが中華料理店の方で、
特別に差し入れを頂いてしまいましたー。

これがなんと「麻婆豆腐」「チンジャオロース」「エビチリ」「酢豚」
と明らかにメインのラーメンより数段格上のご馳走達!

おかげで今回の昼食は中華のフルコースとなりました。
当然全員で完食です!

DSCN3013_convert_20161120221337.jpg

お腹いっぱいの食後はこの山頂に建つ展望休憩所「KIRIKABU HOUSE」でまったりお茶。
まだ今年オープンしたばかりのこの眺め抜群の休憩所は僕一押しの場所です。

眼下には玖珠の街が全て一望でき、
室内はまだかぐわしい木の匂いが充満しています。

しかもこの最高の場所がまだ全然知られていないのでほとんど人がいない!
この日も日曜日のお昼時だというのに室内は僕たちの貸切状態でした。
あーなんともったいない事か。

この展望所。
OPEN時間が11:00~15:00と短めなのが玉にきずですが、
冬でも暖かく過ごせます。
自分たちでお弁当を持ってきて食べるのが最高です。

玖珠市渾身の名作をぜひ活用してあげて下さい!

DSCN3014_convert_20161120221351.jpg

その横の草原で全員でパシャ!
天気は一日曇り気味だったのですがそれでもこの風景には胸が洗われます。
素晴らしい絶景ですね。

ここはパラグライダーの発進基地らしく1台のパラグライダーが目の前を悠々と飛び回っておりました。
こりゃーとんでもなく気持ちいーでしょうね。
息子は気軽に「買って買ってぇ~」とのたまっておりました。
いや、ほんと買いたいです。

この後山頂にある楽しげな遊具で遊び、
みんなでバレーボールをして、
たっぷりと汗をかいてから下山。

帰りはもちろん楽々と車ですよ。

DSCN3021_convert_20161120221409.jpg

最後に玖珠の豊後森の機関庫を訪れてその古き雄姿を眺めました。
鉄道好きな方には堪らない場所の様です。

幸運にも今回のメンバーの中には誰一人として鉄道マニアはいなかったため、
あれこれうんちくを聞くこともなく10分くらいで見終えることができました。

その後玖珠まで走ってきた奥さんと合流し、
これにて今回の切株山お手軽登山ツアーは無事に終了です。

僕が行うイベントの中では「キセキ」と表現してもいいくらいのユルーイ企画の一つ。
僕に至っては今日は朝からスリッパで来ています。
たまにはこんな穏やかなのもいいでしょう。

参加者の皆さん楽しんでいただけたでしょうか・・・?
来年はこの企画は・・・、ないですね。
また別の穴場探しておきますのでご期待ください!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック