湯布院 子ども会駅伝大会

DSCN2849_convert_20161023215246.jpg

朝から雨が降り続く中、
ここ由布院では各地域の子供達がプライドを懸けて戦う、
年に一度の地域対抗駅伝大会が開催されました。

チーム数は10チーム。
今回出場の子供達はそれぞれの地域にて厳しい選考会を勝ち抜いてきた猛者ばかり。

街中が興奮気味なテンションで舞い上がる中、いよいよ湯布院ステージがスタートしました!
(湯平ステージ・湯布院ステージとある)

第2走者はそう、我が家の真面目番長 しきゑ です。
去年も同じ区間で出場したのですが全10人中4位と屈辱の順位をつけられた彼女。

今回は燃えています。
父と2人で入念にコースの下見を何度も重ね、
スピードを上げるところ、踏ん張るところ、最後の勝負どころなどを細かくチェック済み。

そしていよいよレースがスタート。
ドキドキの僕が待ち構える場所についに彼女が登場です!
しかし順位は6番手。
こりゃ第一走者がてこずったな・・・。

さぁーーーいくぞっ!!!

DSC_2152_convert_20161023215139.jpg

親ばか丸出しで父は娘の隣を自転車で並走。
かなり登りが続く終盤ですが昨年の激しいペースの落ち込みを彼女は決して忘れていなかった。
「今年は絶対に勝つ!」
朝からわめき散らしていた言葉の通りまったく落ちないペース。

そしてそのままのスピードを維持したまま3人を抜き去り3位で次走者にタスキをつなぐ!
頑張ったな!
力走の後の笑顔の彼女。
やり切った感がにじみ出ていました。

そして第4走者は息子のゐなせです。
昨年は低学年の部で区間賞を獲得した彼ですが、
4年生となった今年はライバルはみんな5.6年生の先輩たち。

ちょっと相手が悪すぎましたね。
気合いで踏ん張り誰にも抜かれなかったのですがかなり後続に差を縮められてしまいました。
さらに息子担当の奥さんが興奮しすぎて写真撮り忘れるという愚行に走り彼の雄姿は一切なし。
まさに踏んだり蹴ったり・・・。

DSC_2161_convert_20161023215158.jpg

みんな雨の中頑張ってよく走りぬきました。
お疲れ様でした。

そしていよいよ閉会式です。
我がチームはその後2チームに抜かれてしまい、
結局総合5位でした。

しかし最後に行われた区間賞発表の瞬間。
湯布院ステージの第2区で見事長女の名前が読み上げられました~。
いえーぃ。
これは彼女の努力と執念の勝利です。

計10名選ばれるこの区間賞受賞者の中に我がチームからはなんと3名が選ばれました!
すごい。
なんでこれで5位しか取れないんだ??

しきゑは来年が最後の出場。
ぜひ来年は姉弟そろってあの場に立っていて欲しいな。

DSCN2853_convert_20161023215259.jpg

戦いが終わり、
掃除もなんとか終わり、
さーいつもの様に別府にでも遊びに行くか!

するとなんとここで負けた息子が「僕は行かない!待っとく!」
と言い出した。
表彰式の間はニコニコと遊んでいたのですがやっぱり相当悔しかったようです。

これを聞いた姉も「じゃあ私も一緒に待っててあげる」

これが勝者の余裕なのか・・・?
結局2人はそのままおうちでお留守番に。

「お出かけ」することに僅か5年の全て捧げて生きてきた末娘はもちろんおでかけで。

久々観光客らしい事をしようと、
みんなで鉄輪エリアにある貴船城に登ってきました。

有料ですがここからの別府の眺めは一番ですよ!

DSC_2171_convert_20161023215217.jpg

そして夜は地獄の蒸し窯で夕食。
ここでは持って行った食材が何でも30分で蒸し蒸しの超ヘルシーなご馳走に生まれ変わるのです。

もうもうと立ち上る湯けむりの窯に食材を投入!
後は静かに時がたつのを待つだけだ。

DSC_2172_convert_20161023215230.jpg

こうして出来上がったお野菜はほんとに美味しい。
何とも言えない甘さがあるのです。

今日のタマネギとか絶品でしたね。

ただ前までなかった食材の持ち込み料金が別途取られるようになっており若干ショックでしたが、
それでもここは行く価値ありです!

窯の使用料 500円。
食材の持ち込み料 500円。
これでこの満足度では安いもんだ。

見事勝ち組への道を歩く長女は来週は湯布院のスパマラソンに奥さんと共に参加します。
我が家の女性陣はとにかく強いんです・・・。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック