ノコギリ山へ わをんと

DSCN2780_convert_20161011212420.jpg

本日久々のお休みだったのでお昼に保育園から末娘を引っ張りだし、
そのまま山登りにおでかけしましたー。

本日目指したのは国東の名峰 ノコギリ山(田原山)。
標高低い割には景色抜群の稜線沿いを気持ちよく歩ける山です。

今回のメンバーは僕と奥さんとチビというとても珍しい組み合わせ。
よーしゆっくりと登ろうね。

DSCN2782_convert_20161011212435.jpg

2年ぶりくらいに来たこの山が・・・、
なんと大きくモデルチェンジしてしまっていた!!

以前序盤戦は深い森林地帯を歩いていくルートだったのが、
全ての木が切られ一面の草原にっ!

なぜ?
誰が何のために???

前は上空を木々に覆われた閉ざされた空間を必死に登り切ると、
突然目の前に下界が見渡せる絶景ルートが現れるという素晴らしい演出があったのですが、
今はもう下からでも上にある岸壁ルートが丸見えになっています。

確かに歩きやすいですよ。
しかしなんか納得いかーーんっ!!
山の突然の変わりように戸惑いを隠せない僕。

DSCN2793_convert_20161011212458.jpg

まーしかし納得しようがしまいがもうあるがままを受け入れるしかないのです。
気を取り直してどんどん進もう!

いつもは前を歩いてくれる兄か姉と一緒の時は静かに後をついていくチビですが、
1人になるととっても積極的に変身!

自ら切り込み隊長をかってでてどんどんと先頭で進んでいきます。

この山の楽しさは次々に岩場に現れる鎖やロープなのですが、
彼女これらにも一切の躊躇なし!

「ち、ちょっと待って!」とハラハラする父母を尻目に豪快に登っていきます。

DSCN2796_convert_20161011212522.jpg

ロープで降りるのもお手の物。
身が軽いっていいですね~。

ダントツびびってたのは高所即死症の奥さんでした。
きゃーきゃーとうるさい。

DSCN2800_convert_20161011212537.jpg

歩くのはこんな天空の散歩道です。

両側には遠く由布岳や別府湾も見えましたよ。
平日という事もありこのの日は僕たちだけの完全貸切です。

そしてうっすら流れる汗に気持ちよく吹き付ける風はもうすっかりと秋の色でした。

DSCN2802_convert_20161011212549.jpg

見晴らし抜群の岩場で休憩タイム。
僕たちの後方は紛れもない断崖絶壁。
足元ゾクゾクしながらの写真です。

お天気が生憎の曇り空だったのが残念でした。

DSCN2803_convert_20161011212602.jpg

そして約2時間半かけてぐるっと稜線を一周歩き切り、
無事にゴーーーールです!

もう年長さんの末っ娘は一度も抱っこもおんぶもお願いすることなく一人で歩き切りました。
途中かなりの部分で先頭で歩いてくれ、
岩の段差や木が覆っている部分ではことごとく、

「ここあぶないからきをつけてね!」
「こっちがわをとおらないとだめだよ!」
「パパわかった??」

と実に的確に指示を送ってくれていました。
こりゃー間違いなく姉さん女房になるな・・・。
そう強く確信した火曜の午後でした。

今まで久住山・開聞岳・普賢岳・石鎚山・高千穂峰・釈迦院と比較的メジャーどころを登ってきた娘。
これからはマイナー処も一緒に攻めていこうかねー。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック