見晴らしが丘へ癒されに

DSCN2491_convert_20160901153748.jpg

どーしても山に登る気満々だった今日。
しかし朝から息子の咳が止まらず。
病院に連れて行ったりしていたため予定していた別府までの山越えは断念。

ならばせめて由布岳に!と速攻で掃除を終わらせ準備をするも、
楽天の予約システムに異常が見つかりその修復にかなりの時間がかかってしまいこちらも断念。

使える時間は残すところ1時間半。
なんてこった・・・。
ちょっと長めのトイレに行ってゆっくり手を洗って3回位深呼吸したら終わってしまいそうな時間じゃないか!
急げっ!

そんなわけで本日は裏の見晴らしが丘までの登山(散歩?)となりました。

DSCN2490_convert_20160901153733.jpg

西登山口からスタート!

ルート途中にあるお墓はまだ崩れたままでした。
すっかりと賑わいを取り戻し、
地震があった事すら忘れてしまいそうな気になる由布院ですが、
ふっと街から離れるとまだまだその爪痕は生々しく至る所に残されています。

静かにお祈りして、
さーダッシュだ。
時間がねーぞ。

DSCN2494_convert_20160901153803.jpg

そして駆け上がる事25分。
うっそうとした森林帯を抜けると突然広がる大草原。
眼下には湯布院の街並みが一望!

そう、ここが見晴らしが丘だっ!
まぁー天気は生憎曇り空でしたがこれはこれで涼しくて良かったですよ。

王道である由布岳中央ルートから離れるここを利用する人はほとんどいません。
その分荒らされることなくとても静かな時間を過ごすことができます。

僕も大のお気に入りのこの場所。
しかししかしなんと・・・。

DSCN2495_convert_20160901153817.jpg

この場所にも工事の車両が入って来てしまっていた・・・。
恐らく地震で崩れた山の治山の為でしょうが、
次々と木が切り倒され上に上にと新たな道路が作られています。

いつもは静寂と鳥の鳴き声だけが支配するこの場所に響くトラックの行きかう音。

悲しーっすね。
でもこれも自然破壊の為ではなく、
今後さらなる災害が発生するのを避けるための工事ですからね。

ここは大人の対応で受け入れましょう。

DSCN2498_convert_20160901153829.jpg

それでもやっぱりこの場所はサイコー。
由布岳を拝みつつ20分ほど音楽を聴きながら癒されてまいりました。

夏も終わりいよいよ活動の秋が始まりますね!
これからはまた登山客もどんどん増えてきます。

気持ちリセットで張り切っていきましょー。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック