夏のふっこう休み 山鹿温泉

DSCN2409_convert_20160823154500.jpg

この夏の話題にもなった 九州のふっこう割。

宿泊費の約7割近くを補助してくれるという超太っ腹なこの政府の対策により、
地震によって一気に冷え込んだ九州の観光界は少しずつ上昇の波に乗り出しました。

ここ湯布院も日本人やアジア人観光客など以前の賑わいが確実に戻りつつあります。
本当に感謝です。

これを少しは僕たちもお返ししなければ・・・。
という事でこのふっこう割を使って家族で熊本に旅行に行ってきました~。

どこでもよかったのですが山鹿の温泉で1夜のんびりさせてもらおうと企てたのです。
しかしながらやはり忙しかった夏の我が家。

長女がどうしても昼過ぎまで部活があり、
その後大分駅近くで用事があるということなので、
僕と息子だけ2人で昼前の掃除終了後から先に出発させてもらいました。

まずはいつもの大すきな豆腐屋さんで腹ごしらえだ!
小津留にある豆腐屋の揚げ豆腐 スーパーうめーっすよ!

DSCN2412_convert_20160823154516.jpg

この後ガンガン車は西に向かって走っていくのですが、
菊池渓谷に行ってみようとしたところで目の前に立ちはだかる通行止めの看板。
やはりいまだ地震の影響は残っているのか・・・。

結局渓谷は諦めその後訳の分からない山中を何とかくぐり抜けて、
まずは第一の目的地。
「水の駅」に到着。

今回ここに来たのはずばりこのマッスルアスレチックに挑戦するため!
よくTVで見るあの施設がそのままあるんですよ。

ステージは 子供用 第Ⅰ 第Ⅱ 第Ⅲ の3つに分かれていて、
それぞれをクリアーしないと次には進めないという仕組みです。

早速防具を着けて息子と2人で挑戦。
まー2人とも子供用ステージは楽々クリアー。
これは当然の結果ですな。

勢いそのままにいよいよ本番の第Ⅰステージに挑むのですが・・・。

DSCN2415_convert_20160823154528.jpg

ところで皆さんどうですか?
あのよくTVでやってる「SASUKE」を見て正直、
あれー、これ自分もひょっとしたら結構いいとこまで行けるかもなぁ~・・・、
と思ったことないですか?
あるでしょう~。

僕は、あります!

そんな根拠のない自信を持って挑んだこのトライアル。
結果は・・・。

惨敗です。
息子は第Ⅰステージのこの壁を何度走っても越えられずリタイア。
僕は第Ⅱステージの途中の指だけで水平移動するポイントをクリアーできずリタイア。
なんとも情けない結果になってしまいました。

ただこれやっぱり一回やらないとどの競技もコツが掴めないんです。
そしてようやく1つ1つのやり方が分かった時点ではもうすでに筋肉はプルプル。
正直一度失敗したのをやり直すというのは難しいですね。

あのTVの人たちはかなり事前にやり込んでますよ。
まーもちろんそれでもウルトラ超人ですがね。

ちなみに1日たった現在の僕の身体は尋常じゃないことになってます。
くしゃみをするのもつらい程の筋肉痛。
あーよわっちぃ~。

DSCN2422_convert_20160823154549.jpg

汗だくになり芯から熱くなった僕たちは近くの川に泳ぎに行くことにしました。
場所は大場堰と(おおばぜき)呼ばれる河原。

すでにたくさんの人が涼しげな川沿いで遊んでいました。

ここの売りはこの川にかかる橋からのダイブです!
その高さ 約7m。
これはかなりの勇気がいりますよ。

「橋からの飛び込みに関しては一切の責任を負いません」
との看板が立っているところからして完全に禁止ではないようです。

橋の上では飛び込みたくても中々最後の一歩が踏み出せない若者がたむろしてました。

もちろんここで引くわけにはいかない。
さっきの負けを取り戻そう。
勇敢にも飛び込み台に立った息子。

そして一言。
「ぱぱ・・・、先に行って」

DSCN2425_convert_20160823154606.jpg

しょうがないので渋々僕からダイブです。
高いところはかなり好きな僕にとってはそれ程怖い場所ではないので、
ここはすらっと着水!

そして川から息子がジャンプするところをパチャリ!
とにかく水中カメラが安物なので既にうまく映ってないのですが、
男らしく空へと飛び立つ息子を確かに捉えました。

普通こういう所に立つとで行きそうになりながら、「やっぱだめだ~」
とびびって引き延ばす子も多いのですが、
彼は実に潔い!

行く!と決めたらさくっと行けます。
これはとてもいい特技だな。
きっと将来もどっかでそれ生きるぞ。

DSCN2429_convert_20160823154620.jpg

結局2回飛び込みすっかり身体も冷えたので川からは撤収。
再び西に車を走らせていると、

「グランドゴルフ 200円」
の看板発見!

えらく安いな・・・、
と入ってみるとなんとお金を勝手にボックスに入れて、
勝手に遊ぶタイプの無人セルフグランドゴルフ場でした!

こんなとこあるんですね。
それでも芝生などはきちんと整備されていて存分に遊べましたよ。

そしてせっかく冷えた身体が再び汗だくへ。

DSCN2431_convert_20160823154632.jpg

湯布院と比べると格段に熱い熊本をさらに西に西に走り、
続いて 「鞠智城跡(きくちじょうあと)」へとやってきました。

おーこれは雰囲気あるな~。
まだまだ九州にも知らない場所ってたくさんあるぞ。
これはいい建物だ。

そんな悠久の時代に思いを馳せながら塔の前にある説明文を読もうと近寄ると、
なんとそこに書かれていたのはまさかのポケモンGOを遊ぶ人に対する注意書でした!

おいおい、もう歴史もくそもないな・・・。
今の観光客はここにきてポケモンGOをするのか・・・。

DSC_1780_convert_20160823154703.jpg

そしてようやく今夜のお宿 「山鹿ニューグランドホテル」に到着です。
奥さんと長女と義母さんもようやく大分から食事前にギリギリ到着して、
みんなそろっておご馳走をいただきまーす。
人の作ってくれたものはなんでも旨いっ!

その後夜は久々に奥さんと2人で飲みに行かせてもらい、
すっかりと酔っ払って部屋で暴れた後即爆睡。

マッスルアスレチックで負け、グランドゴルフでも息子に負けたのですが
とてもいい一日でした。

おやすみなさーい。

DSCN2433_convert_20160823154649.jpg

そして2日目がスタート。
もちろんお休みの日にゆっくりと寝てられるわけもなく、
5時半には起床し奥さんを叩き起こしてまずは2人で川沿いを早朝ジョギングです。

この日も由布院に帰るまで色々と遊ぶ場所をピックアップしていたのですが、
ここでなんと大事件が発生!
長女の眼鏡が割れていたのです。
犯人はだれだっ!?

割れていた場所は僕が寝ていた布団の下。
これは・・・、まさか・・・、はめられたか?
冤罪にもかかわらず犯人に疑われてしまった僕。

ただ問題はだれがしたのか?ではなく眼鏡をどうするか?ということ。
結局眼鏡を作った場所で作り直すことにしたのですがそこはなんと大分市。

結局この日の計画はすべてを無しにして、
車を昨日来たルートを引き返し2時間半かけて大分へ。

なんとか無事に眼鏡直りました。
大好きなサンマルクのデニブラウン食べながら眼鏡と一緒にハイチーズ!

しかし奥さんたちはこの2日間のお休みで大分市からひたすら走って山鹿に来て、
夜泊まって再び大分まで走って戻ったのみとなっていまいました。

それでもゆっくりできたからよかったよ、な・・・・?
熊本でも沢山買い物もしたので当初の目的のふっこう間接的補助の目的は果たせたはず!

いよいよ夏休みも終盤です。
とにかく身体中がミシミシと痛いのですが頑張っていきまっしょー。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック