近隣調査報告 ⑧

DSCN1963_convert_20160627163042.jpg

久々の調査報告は 大分の誇る東洋のチロル 「由布川峡谷」です。
現在絶賛売出し中のこの渓谷ですが、
ネットで調べるとどうも地震の影響で雲行きは怪しそう・・・。

そして実際に行ってみると確かに入り口にははっきりと「立ち入り禁止」の2文字が。
しかし本当のところはどうなのか・・・。
本日もまた、非難も覚悟お上で、お手伝いのアメリカ人トミーと共に入谷開始~。

まず渓谷に下りていく階段はいたって無事。
まったく問題なく降りられました。

さぁーいよいよ川に入っていこう!
やっぱこの梅雨時は水量がいつもよりも増えてますね。
当然ながら水は冷たい。

DSCN1972_convert_20160627163116.jpg

椿 → チョックストーン へ向かう定番のコース内。
両側にそびえる緑の壁面にはヒビひとつ入っていません。
自然の偉大な力を感じますね。

ただ途中のルートに横たわる巨石たちは、
ちょっとちょっと配列が変わってました。

これが地震によるものなのか、
または大雨によるものなのかは判断しかねるところですが、
歩いてみて以前より危険になった場所等は一切なく、
いつも通りに雄大な渓谷美の中を歩けますよ。

DSCN1975_convert_20160627163143.jpg

そして何の問題もなくチョックストーンへ到着!
その前にある最後の深みは泳がないといけませんので当然2人ともびしょ濡れ。

その後水に興奮しまくったトミーが滝つぼを泳ぎ、
横たわる流木に必死にしがみつきながら3mの崖をクリアー。

その後僕も後に続き2人で崖からダイブした後は、
いつもの通りに震えながらマッハで帰ってきました。

往復で1時間10分。
水量さえ問題なければ来月のツアーは決行の予定です!

写真撮り忘れてますがゴールにある崖の間に挟まった落ちない幸運の巨石、
「チョックストーン」も地震の揺れにも負けずに、
無事にまだ空中で高々と我らを見下ろしていました。

正直このルートのどこに「立ち入り禁止」を掲げる必要があるのか分からなかったですね。
公にお勧めするわけではありませんが事実をありのままに報告させていただきます。

DSCN1999_convert_20160627163203.jpg

駐車場に戻るとここまで約17kmを走ってきた奥さんが到着。
お互いに予想以上に早くことが済んだので時間がちょっと余ったな。

梅雨の合間の僅かな曇り日。
午後からは再び激しい雨が降りだすという予報だったので、
もう一発調査に出かけることにするか!

目指すは由布岳の向かいに居座る「福万山」です。
あまりメジャーな山ではないのですが、
湯布院のチャレンジクラブから山の状況を見て来てほしいと頼まれていたのです。
よし、今日しかないな!

今にも降りだしそうな曇り空の中チャレンジクラブのメンバーを追加した4名で慌てて登山開始!
しかーし、そんなにたくさんの猶予をくれるほど梅雨は甘くなかった。

途中から勢いよく降りだす雨。
しかも身長を超えるほどの高さのササに完全に隠されたルートは、
歩くだけで全身びしょ濡れに!

ヤバい。
身体の芯から寒いぞ・・・。

DSCN2002_convert_20160627163219.jpg

それでもなんとか40分で頂上着!
遮るもののない山頂付近は横殴りの風に加えて、
なんかヒョウみたいなのも降ってきたぞ!

こりゃいかーん!
速攻で撤収だ~。

そしてささやぶの道をひたすら転びまくりながらなんとか下山。
寒かった・・・。
さすがに水大好きのトミーも少し参ってました。

しかしこれで見ておきたかった2か所のチェックもなんとか終了。
さー梅雨よ。
あとは好きなように降るがよい。

ただし2週間後の由布川峡谷ツアーまでにはどっかいけよ。
朝からひたすら冷えまくった身体。
どうか風邪ひきませんよーに・・・。

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック