リベンジの大谷渓谷ツアー

DSCN1940_convert_20160626220151.jpg

5月に企画していた「新緑の大谷渓谷ツアー」
一枚岩が約8km続く渓谷の川の中をジャブジャブと歩く、
とても平和で穏やかなこのイベントだったのですが、
まさかの大雨で中止に・・・。
今年のイベントは本当に天気に呪われてる。

しかし。
湯布院っ子たちの川遊びへの情熱はまったく消えてはいなかったのです。
虎視眈々と狙い続けた梅雨の一瞬の油断。
連日降り続く雨の中、
僅かに天が気を緩めた本日ついに空が開いたっ!
晴れだ~!

よーし、いくぞぉ~!
と集まった大人と子供 総勢 20名でいざや挑まん!大谷渓谷~!

DSCN1948_convert_20160626220239.jpg

当然川なので梅雨ど真ん中のこの時期は増水中です。
ただこの渓谷。
普段がほんの数cmの浅さの水がちょろちょろ流れているだけなので、
むしろ少し増水していた方が歩きやすくて楽しかったです。

この渓谷、水による危険度は0。

いつもながら色めく緑のトンネルの中をみんなでまったりと歩く。
木漏れ日と小鳥のさえずりがとにかく心地いーんです。
始めは濡れ始めた靴にギャーギャー文句を言っていたちびっ子たちも、
一度濡れてしまうとすぐにキャッキャと興奮しながら水しぶきいっぱいに走り回っていました。

DSCN1942_convert_20160626220214.jpg

途中にある小さい崖を見つけてはみんなでクライミング大会が始まります。
この角度の崖にツルッツルの苔で覆われた表面。さらには滴るように流れる水。
ここを攻略するのはかなり難易度が高いです。

次々と小さい挑戦者たちが半分くらい登っては滑り落ちて転んでびしょ濡れになる中、
なんとゐなせが一度も落ちることなくこの難所を速攻でクリアー。
そして誇らしげに勝利のポーズ!

やるぜ~、こやつ。
さすがいつも山でピョンピョン走り回るだけあって身体のバランスの使い方をよく知ってる。
ちょっと見直した父でした。

DSCN1956_convert_20160626220256.jpg

途中にあった倒木にちびっ子全員が登ってポーズ。
お父さんお母さん歓喜のシャッターチャンスです。

今回最年少参加者は1年生。
ちっこいのですぐに周りの子の歩く水しぶきでびちょびちょになってしまうのですが、
ブルブル震えながらも最後まで元気いっぱいに歩いていました。

道中では岩の下に潜むカニ・ドンコ・オタマジャクシ・エビなどをゲット。
子どもは獲物を見つけると即座に我を見失い興奮しますね。

DSCN1957_convert_20160626220333.jpg

終盤に入ると子供たちはもうヤケクソ。
既に全身濡れているので頭から水をかぶったり泳いだりしていました。
もうこれは例年の恒例行事ですね。

しかしながら6月とはいえ山から流れてきている清流は冷たいのですよ。
今日が晴れててほんとに良かった。

DSCN1961_convert_20160626220352.jpg

そしてスタートから歩くこと3時間半。
今回も無事に誰一人欠けることなくゴールであるキャンプ場に到着です。

ここにある秘湯でまずは冷え切った身体を温めよう!
なんとか今年も開催できたこの大谷渓谷ツアー。
やっぱこのルート抜群にイイですね。
なんとも心和みます。

そしていよいよ来月の7月には当ユースホステルの一番人気イベント。
「由布川峡谷探検ツアー」が行われます。
日程は7月10日(日)。

ここは一回は行っとくべき場所ですよ。
まだまだ参加者募集中。
ぜひ皆さんのご参加をお待ちしておりまーす!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック