九州オルレ 別府コース

DSC_3039_convert_20160606160730.jpg

皆さん「オルレ」という言葉を知っているでしょうか?
韓国からやってきた田舎の山道をテクテク歩くトレッキングコースの事で、
今密かに人気急上昇中。

九州の各地でこの青と赤の目印が風に泳いでいます。
この看板や木に掛けられた布を頼りに歩いて行くのです。
現在九州には17のコースがあるようで、
ここ別府にも 別府コースなるものがあるのです。

来月行われる「子どもサマーキャンプ」のコースにするべく、
今日は奥さんと下調べにやってきました。

ここは由布院と別府の間にある志高湖を発着場とするコースです。
ここには元から「志高湖散策コース」というのがあるのですが、
実は僕はこれが「オルレコース」なのだとすっかり勘違いしていたんですよね。

この「別府オルレコース」は2年前に作られた新しいルートで総延長 11.3km。
なかなか歩きがいのありそうな距離じゃないですか。

生憎の小雨の中ですが、早速スタートだ!

DSC_3049_convert_20160606160759.jpg

ルート上には これでもか! というくらいに赤と青の目印があるので、
迷うことはまずないでしょう。

始めに隣の神楽女湖に立ち寄ります。
ここはもうすぐ菖蒲でいっぱいになる場所。
まだ3分咲程の花を愛でながら快調に走っていきます。

DSC_3051_convert_20160606160816.jpg

コースの案内とは別に景色のいい所や楽しめる場所にはこの青いお馬さんが待っています。
いやー、なかなかセンスいいっすね。
この鮮やかな色合いが見えるだけで、
ただの山道が楽しそうなコースに早変わりするのですから大したものです。

DSC_3056_convert_20160606160829.jpg

コースは山道あり・田んぼのあぜ道あり・湖あり・民家の横道ありとバラエティに富んでいます。
普段は歩かないような地域の裏側を見れてとても楽しいです!

DSC_3058_convert_20160606160919.jpg

そしてここが最も標高の低い滝地点。
ここまでで約200m降りてきています。

「オルレ」というとゆっくりと歩くイメージが強いのですが、
ここのルートはなかなかアップダウンがありますね。

この後はかなりの勾配を上がります。
結構キツイですよー。

DSC_3040_convert_20160606160856.jpg

そして無事にゴール。
ゆっくり走って1時間40分。
標準タイムが約3時間~4時間なので、
子供達にはちょっと厳しいかな~?

なにせちびっ子は飽きやすいので何か楽しいことを常にさせないとすぐにばてるんですよ。
しかも学年がかなり違うので同じルート設定では難しいか・・・。
あーどうしようかな。

また近々志高湖散策コースと振り分けて考えてみましょう。
もう一回来るしかないな。

しかしきっとこの「オルレ」ブームそろそろ来ますよ。
その前にぜひ時代の先取りで歩いてみて下さい!

なお平日となるのですが7月22日(金)にこのオルレコースを子供たちと歩く予定です。
もしご一緒できそうな方おられましたらぜひ教えてくださーい。

よろしくお願いしまっす!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック