湯平温泉まつり

DSCN1779_convert_20160522225120.jpg

4月の震災によって2日後に控えた町を挙げてのお祭りである「湯布院温泉まつり」
が無情にも流れてしまった湯布院。
入念に準備をしあとは本番を待つのみだったのに残念でなりませんでした。

あれから1ヵ月。
しかし隣にある湯平温泉では無事に温泉まつりが開催されました!
嬉しい限りです。

もちろん我が家も参加。
まずは土曜日に行われた「こども相撲大会」に息子が参戦です!

かけっこはそこそこイケるのですが見ての通り格闘系はまったく弱っちい彼。
線は細いわ闘争心はないわでまったく勝つ要素が見当たらないのです。

そんな彼の魂を奮い立たせるべく、
今年は人参作戦にでました。

優勝すれば夏に発売予定らしい妖怪ウォッチのなんちゃらゲームを勝ってやろうというもの。
これには彼も朝からテンションハイマックス!

ここである記憶が蘇るのです。
それは昨年同じように餌釣り作戦を展開したところ、
なんとまさかの駅伝で区間賞を獲得したあの日のこと。

ひょっとしたら・・・、
ひょっとしたら再びこの地でも奇跡を起こしてくれるんですかぁぁぁ~?!

DSCN1782_convert_20160522225141.jpg

そうして始まった相撲大会 4年生の部。
3回勝てば優勝だ!
昨年は初戦敗退だったけど今年は気合いの入り方が違うぜ。

さーどこまで高みに連れて行ってくれるんだ!
そんな父の昂揚感と共についに幕を開けた第一試合。

結果は。
ま、まさかの瞬殺!
いや・・・、負けの方のですよ。

崩れ落ちる父。
去年と全く進歩のない男だ。
でも中途半端に2回戦負けとかしない辺りは分かってるな。
はっはっは、それでこそお前だ!

ただ団体戦はチームとしては準決勝・3位決定戦で敗れ、
惜しくも総合4位だったのですが、
3回戦って息子は3戦3勝という好成績を収めたことを報告させてください。

スナップショット 1 (2016-05-22 22-44)

翌日の日曜日はお昼から籠を担いで湯平の鬼坂を駆け上がるタイムレースに参加しました。
僕の所属するフットサルクラブも加盟しているチャレンジクラブでチームを作ったのですが、
始め聞いていたのは走る人がいないので参加してほしいという事だけでした。

しかしその後聞かされたのがレースの前に舞台でパフォーマンスもあるということ。
そして当日初めて全員で顔を合わせたレースメンバー6名に配られた謎の着ぐるみ。
これはあの超有名なやつじゃないですか。

そしてさらに聞かされたのがドリフの「いぃ~湯だっな!あはは♪」の音楽を流すので、
あとは適当に踊ってくださいってこと。
いや、この着ぐるみまでは結構頑張って作ってくれているのですが最後かなり雑ですね!

いきなり舞台で適当に踊るのはかなり勇気がいるので、
集まったメンバーで急遽踊りを考えるはめになりました。
パフォーマンスまでの残された短い時間で必死に踊りを考え練習中。
もはや走る事なんてどうでもいい!状態です。

暑い中さらに分厚い着ぐるみを来て必死に猛特訓。
ここで体力のほぼ7割は消化しました。

DSC_0615_convert_20160522225240.jpg

男組と女組に分かれて参加の我がチャレンジチーム。
結局あれ程必死で考え踊ったのに男女ともパフォーマンス賞は取れませんでした。
聞くところによると優勝チームとふなっしーダンスとの差は僅か1票だけだったそうです。
あーもうちょっとはちきれとくべきだったか!

それならあとはレースに懸けるのみ!
このレースは計6名でかなりの重さのこの籠を背負って一気に坂道を駆け抜け、
そのタイムを競いあうのです。

気合いの入った女組チームがスタート!
この可愛らしい服装の女の子たちもよくよく見るとかなりご高齢でちょっと痛々しい。

しかし唸り声と共に駆け上がった女組は見事優勝~!!
そしてその後こちらも気合十分で走った僕たち男組も見事優勝~!!

これで少しだけですが会の運営資金を手にすることができました。
まー実際にこのレースに参加したのは計4チームだけだったのですが、
そこんとこはあまり触れないようにしてくださいな。

DSCN1799_convert_20160522225215.jpg

小さな温泉街の小さなお祭り。
だけどその分みんなの距離が近くて和気あいあいとした世界がありました。
温かい雰囲気に包まれた素晴らしいお祭りでしたよ。

この2日間時間が空けば細い裏道を歩き回ってみたのですが、
湯平温泉静かで情緒があってとてもいいですね!

古き良き温泉が確実に残ってます。
別府とも湯布院ともまた違う風情が楽しめる場所です。
なんかまた大分が好きになりました。

そして祭りの後の少し寂しい静けさの中、
無料開放されている公共温泉に2つ入らしてもらい、
さっぱりと汗と疲れを流さしてもらいここ湯平温泉とはお別れです。

また来年よろしくお願いします!


湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック