近隣調査報告 ③

DSCN1705_convert_20160510154220.jpg

公の由布岳に関する情報を知る機関がないので、
たまたまネットで「由布岳」と打つと上位に顔を出すうちのHPを頼りに、
山に関する問い合わせの電話が掛かってくることがよくあります。

その判断は・・・、正解です!
なぜならば、
僕ほど由布岳を愛している人間はいないかもしれないような気がしないといえば嘘になるからです。

しかし震災直後からかかってくる「今の由布岳ってどうなんですかね?」
の質問にははっきりと答えられずにいました。

分かっているのは入山禁止となっているという事だけ。
しかしこの入山禁止の理由や詳細を市に問い合わせてもまったく分かっていないのです。
だれも登ってないし知らないのでしょう。

日頃から自己責任のもと山に挑む方々もこの説明では納得できない。
もちろん役人さんも遊んでいるわけではないとは思います。
今回の事でやるべきことはまだまだ山ほどあるのでしょう。

それならば任せて下さい。
誰よりもこの山に詳しいと自負する僕がお調べしてきましょう。
そんなわけでかなり遅くなってしまいましたが、
奥さんと2人でようやく由布岳へとやってまいりました。

DSCN1706_convert_20160510154245.jpg

時間の関係上今日になってしまったのですが、
よりによって気候は最悪。
大雨に吹き荒れる暴風。

ただこれでもっとも悪い状態の由布岳をお伝えできると思います。
まず歩き出して途中の登山道に現れるクラック。

大地を切り裂く縦線が数本見えました。
ただこれは登山をするうえで全く問題なし!
横が崖というわけでもないので崩れる心配は皆無。

また最初の森林部分に関しては落石等もほとんど見れませんでした。
実に快適ないつも通りの由布岳がありましたよ。

DSCN1707_convert_20160510154306.jpg

5月に開催予定だった「山開き」の準備でしょうか。
登山道の何か所かがこうやってキレイに整備されていました。
山を愛する人たちの隠れた努力によって、
僕たちはいつも安全に登ることができるんですよね。
感謝です。

DSCN1718_convert_20160510154436.jpg

登山道は思っていたような崩れはなくどんどん先に進めます。
しかし風と雨はますます強烈に。
頂上近くの分岐点 マタエに着いた時にはこんな状態ですよ。
分かりにくいかもしれないですが相当身体傾いてます。

さぁーいよいよ入り口からこのほぼ頂上付近のマタエまでのルートの調査報告です。
途中若干ヒビが入っていたり石が崩れていたのですが、
道中まったく問題はなしです!

なぜこれでいつまでも入山禁止なんだ?とこの時は思っていました。
そうこの時までは・・・。

DSCN1712_convert_20160510154339.jpg

あまりにも風が強いので当初奥さんと別れて西と東の峰をそれぞれ調べる予定でしたが、
奥さんは岩陰に避難。
僕一人で西の峰に登ってみる事にしました。
激しく降る雨に画像が乱れていることをお許しください。

この由布岳の2つのピーク。
ほぼ同じ高さですが西の方が少し難易度が上がります。
西が大丈夫だったら東も大丈夫だろうと考えたのです。

雨で滑る急な岩場を慎重に鎖を使いながら登っていくと、
そこには目を疑いたくなる光景が・・・。
慣れ親しんだいつものルートが大きく崩壊・・・。

なんてこった・・・。
しばし言葉を失う。

DSCN1714_convert_20160510154401.jpg

1つ1つの岩をじっくりと手と足で強度を確認しながら登っていきます。
なにせ巨大な岩がことごとくずれて、地面に隙間ができているのです。
人間のちょっとした力がきっかけで崩れたらお終いだ・・・。

集中力を切らすことなく岩の固定度を調査。
幸いにもルート上の基盤をなす巨石はしっかりと固定されているようでした。
しかし小・中クラスの岩はかなり緩んでいる様子。
とても身体を預けられない状態でした。

DSCN1715_convert_20160510154417.jpg

そして西のピークに到着。
迎えてくれた白く気高き標識は地震の揺れもなんのその!
まっすぐ天に向かって立っていますね。

しかし正直ショックでした。
西峰へのルート、今のままではとても一般人が通行することはできないでしょう。
それほど危険でした。
そしてこれは修復できるのか?
素人の僕には皆目見当もつかないのですが、
完全復旧まではかなり遠い道のりを感じました。
残念です・・・。

絶対に調べなければいけないもう一つの東峰へのルート。
時間が、足りなかった・・・。
そして天候が悪すぎた・・・。

申し訳ありません。
断腸の思いで下山開始。

DSCN1723_convert_20160510154453.jpg

そして一気に下界へ。
今回登ってみて分かったことは

①マタエまでのルートはまったく問題がない
②西峰へのルートは通行不可能

という2点です。

東峰ルートが分からないのが痛恨ですが、
市はきちんと状況を整理して、
少なくともマタエまでのルートに関しては早急に入山許可を出してもいいと思います。

日本中の山であるルートだけは禁止にしているところはたくさんあります。
西峰ルートはしばらく禁止にしなければいけないですが、
それ以外は恐れることなく即開山しましょう!

懸念だった余震ももうほとんどなくなっています。
今こそ市の素早い適切な行動を心より期待しています。
お願いしますね~!

湯布院カントリーロードユースホステル  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック